Read Article

大谷翔平 海外の反応・メジャーの評価のウラに過去の苦難も!

大谷翔平 海外の反応・メジャーの評価のウラに過去の苦難も!

大谷翔平選手、凄いですね!

高校卒業当時からメジャーに行く?投手?打者?二刀流!?など話題に事欠きませんでしたが、最初は正直半信半疑だった方も多かったのではないでしょうか?

「そんなに甘くないだろう」と。

そこで今日は、大谷翔平選手の海外の反応やメジャーの評価、そして過去の愛ある批判なども改めてまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

 

大谷翔平への海外の反応・評価は?

大谷翔平選手のプレーは日本だけではなく、
当然のように海外でも反応が多く注目されています。

そしてプロデビュー前から「青田刈り」のようにメジャーからも評価されてきました。

野球のことがあまり詳しくない方でもニュースなどで大谷翔平という名前を連日耳にしてるのではないでしょうか。

大谷翔平選手への海外の反応として最も多いのは…

「アメイジング!」
(各国の言語に脳内変換よろしくお願いいたします)

直近で言えば、大谷翔平選手自身が持つ日本最速記録、
時速165kmを記録してさらに評価を高めています。

詳しい方からすれば球速だけではバッターは抑えられない…と言ったお話になっていきますが、一般人からしたら球速はもっとも分かりやすい「凄さ」の指標ですよね。

もちろん私もいちファンですが、球速が全てではないことはわかっています。

そうでないと、メジャーでもクローザーとして評価を集めた上原浩治投手の活躍が説明できませんよね。140kmそこそこの球速でバッターを抑えるコントロールとキレ。

それでも10年前に日本人が球速160kmを出すなんて想像つかなかったですし、150kmのフォーク(変化球です)なんて漫画の正解のお話でした。

大谷翔平選手への海外の反応や評価は日に日に上がるばかりです。



スポンサーリンク

 

大谷翔平メジャーへ!?

これは入団前から前提に話を進められていたことですね。

高校卒業当時、大谷翔平選手もいきなりメジャー入りの希望もしていましたが、栗山監督の熱心な説得と教育方針に納得し、北海道日本ハムファイターズに入団しました。

二刀流として教育・成長をしていく…そして将来メジャーへ…

 

こちらに関しては本当に大谷翔平選手が欲しい、成長させたいと言った考えもあるでしょうし、うがった見方をすればうわべの口上としてもとれます。

実際、野手としてのスペシャリスト、投手としてのスペシャリストがしのぎを削っている世界がプロ野球です。「両方やる」なんて甘い世界ではない。

本人の興味をひくための口上を並べた…と考えた人もいたようです。

入団から4年(2016年)大きく成長した大谷翔平選手、いよいよメジャーが見えてきたのではないでしょうか。

大谷翔平への批判

大谷翔平選手への海外ん反応・評価は上々ですし、すぐにでも欲しいというメジャー球団も多いと思います(投手として)。

ここまで来るには多くの批判もありました。先の通り「そんなに甘くない」「舐めているのか」と言った意見も多くありました。

※才能を認めているからこそ「投手」に専念するべきと言った意見です。あくまで愛あってのコメントですが、少し紹介します。

桑田真澄
「二刀流だと中途半端になる。投手に専念したほうがいい」

江本孟紀
「本気で二刀流できると日ハムは思っているのか?大谷を潰す気か!投手は一度出来上がると長持ちするが、バッターは難しい」

などですね。

もちろん打者としての才能を推す方もいます。元々の身体能力自体がずば抜けていますから。

しかし、海外の反応・メジャーの評価をみても「投手・大谷翔平」への期待が大きいことがわかります。

大谷翔平選手本人も、当然球団も耐えて耐えての今があります。

大谷翔平選手の今後

怪我がなければもちろんさらに進化した選手になることは間違いありません。

しかし、やはり怪我が恐いですよね。
投げることで酷使していく、肩や肘もそうですし、それを支える腰(身長193cm/体重100kg)や足もしっかりとメンテナンス必要です。

そして二刀流ならではの怪我、

右投げの投手が左打席に立つリスク。

左打者ということはピッチャー側に右腕を構えます。
プロテクターをしているとはいえ肘や、指に死球を受ける可能性あります。

そういった意味で投手に専念をして欲しい…
と思うことは、球団や栗山監督が一番思っていることかも使れませんね。

ただ…バッターとしても期待できるから使ってしまう。

非常に難しいですよね。

 

2016年はリーグ優勝を果たし、
確実にチームに貢献をしている大谷翔平選手。

海外の反応・評価、メジャーの熱視線加熱するばかりです。

アラサーの私としては、怪物・松坂大輔さんをみているので
怪我なく長く活躍できる体を作り上げて欲しいと願うばかります。

一度球場でピッチング見てみたいなぁ…さらなる活躍に期待ですね!

【一緒にお読み頂けますと幸いです】
戦力外通告 その後・元プロ野球選手は?引退後人生いろいろ

【熱い漢の物語】
キングダムが人気の理由を考えてみました!漢の物語は熱い!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top