Read Article

村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われてる3つの理由

村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われてる3つの理由

村田諒太の嫁が痛い、ウザイなどとネットではいろいろ書かれています。

初めての世界戦を前に、過去の村田諒太選手のお嫁さんの痛い情報、ウザイ情報ってなんだろう?…と検索をする人が増えているのかもしれませんが、

今日は私なりに考えてみた村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われてしまった3つの理由、と「それは仕方ないだろう」と言ったお話。

ボクサーを旦那に持つお嫁さんの気持ちなどを、他のボクサーのお嫁さんの意見など以前のテレビで語られたことを踏まえつつ書いてみようと思います。

お気軽にお付き合い頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

 

◆村田諒太の嫁が痛い・ウザイの理由とは?

まず、多くの人が興味をもって調べている「村田諒太の嫁が痛い・ウザイ」問題ですがこれは村田諒太選手がロンドンオリンピックで金メダルをとり、「大ブレイク」した時のことを指しています。

少し調べれば出て来ますが村田諒太の嫁が痛い、ウザイと言っているのは「視聴者側」です。(テレビの制作サイドが言うことではないですが苦笑)

概要はと言うと…

村田諒太選手が金メダルを取る→応援する家族にスポットが当たる→話し方・テンション・容貌に注目が集まる→村田諒太の嫁は痛い・ウザイ

この流れが出来上がりますね(苦笑)

でも、これには当然理由と言うか原因もいくつかあると思うんです。

 

◆村田諒太の嫁=痛い・ウザイと言われてしまった3つの理由

村田諒太の嫁が痛い、ウザイと言われてしまった理由の1つ目

・テレビの編集

昔と違い今はテレビの視聴者側も「賢い」人が増えてきておりますが、目にした=放送された内容が全て、と考えてしまう人も多くいます。

世界の果てまでイッテQなどで、収録時間の長さと使われる時間の長さで出川哲郎や、その他芸人さんがやれ短いだの、カットされただの編集の暴力だの(笑いをとるための表現です)話をしていますが、

テレビで放送される時間が1分であろうと、10分であろうと30分であろうと…その何十倍、何百倍も収録時間はかかっています。

でも、テレビで使われるのは、いろいろな部分をカットしてそぎ落として、短くした一部だけです。

その結果、前段があっての「今」、うち「今」しか私たち視聴者が目にしないなんてことが当たり前だったりします。

村田諒太の嫁が痛い、ウザイと言われてしまったのもこの部分が大きく関わっているのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

そして、村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われた理由の2つ目は…

・やはりそこは素人だから…

当たり前ですけれど、夫である村田諒太選手が金メダルを獲る、オリンピックに行くまでは自分がテレビで話をするなんて考えたこともなかったと思います。

ところが「バチン」と状況が変わると、カメラを向けられ、夫・村田諒太を支える姉さん女房として取り上げられ、どんな生活をしていたのか、私生活は?といろいろ聞かれます。

舞い上がって当然と言えば当然かな、と私は思います。

そして、村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われた理由の3つ目は…

 

・嫉妬

単純に、村田諒太のお嫁さん村田佳子さんが美人さんだから。

ネットでは壇蜜さんに似ている…などど言われていますが、それも「鼻につく」方々、話の話題にしたい方々、人を叩くのが好きな方々の格好の的になるわけですよね(苦笑)

そんな人がテレビに出てアレコレ(芸能人でもないのに)浮かれ気味で話していれば…村田諒太の嫁が痛い・ウザイと言われてしまうワケです。

※一般の方なのでテレビに過去たくさん出ていますが画像などは控えます。

 

◆ボクサーを夫に持つ妻の思い

今回、以前にテレビ番組で辰吉丈一郎さんの奥さんが話していたことを思い出しました。

旦那がリング上で殴られるのはあたり前(ひどい意味ではなく)だと思って割り切れていたが、息子(ボクサー)が殴られるのは見ていられない…

これは子を持つ親の気持ち…ですね。。。

例えば、上記のコメントも文字ですが

(ひどい意味ではなく)

を入れずに切り取り、息子~の部分もカットしたらどうでしょうか?

「リング上で殴られるのは当たり前」

無機質で、感情のないかなり冷たい人物の出来上がり…ですよね(苦笑)

いかがでしょうか。
村田諒太選手ののお嫁さんが痛い、ウザイと言われてしまう、ネット上で叩かれてしまう理由。

実際どのような方かは近しい方々にしか分からないと思いますが、
情報の受け手側としては入ってきた情報から勝手に肉付けをして解釈をします。

これが一般人に向けて行われる時代なんです。

後で、恥をかかないためにも情報の整理はしっかりと自分でやっていきたいものですね!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top