Read Article

一人温泉 ブログに綴る気ままな旅行!~伊東編~

一人温泉 ブログに綴る気ままな旅行!~伊東編~

一人温泉、行ってきたのでブログ(日記)として残しておきます。

2年前に一人温泉へ行った時は群馬の伊香保温泉。その時はブログのように記録していなかったので、今回は気ままにレポートします。

一人温泉2発目は伊東温泉(静岡県)です!

暇つぶしに拗らせアラサーの一人温泉旅ブログ?レポ?ご覧いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

 

◆一人温泉 ブログ(日記)に残すアラサー

そもそもですが、なぜ一人温泉旅をブログとして残すのか…

自己満足が一番の理由ですが、同じように一人でぶらっと旅行に行きたい方、温泉旅行に行きたい方いると思うんです。

でも、なかなか一人温泉ってハードル高いですよね(苦笑)

一人映画、一人カラオケ、一人焼肉…それぞれ違ったハードルの高さがあると思いますが、その最上位に近い位置にあるものが…一人温泉ではないでしょうか??

だから、「あ、他にもいるのね」と一人温泉をブログに書いている記事を探している方もいると思い、【大丈夫ここにいるよー】ってテンションで書いていこうと思います。

 

◆一人温泉旅行~いざ伊東へ~

一人温泉最初のハードルは、「旅館」に泊まれるか、です。

ひと昔前は一人旅ってあまり受け入れなくて、
日帰り温泉に行って泊まりはビジネスホテル…の組み合わせが多かったようです。

まことしやかに言われているのは…明らかに憔悴している女性がひとり山奥の旅館に…ってその後どうなるか………なんて話も。。。

でも、今ではネットの旅行サイトでも一人旅、
一人温泉特集がされいて、「お一人様受け入れOK」の旅館が探しやすくなっています。

今回私は伊東に行きたい!…と探したわけではなく、
「駅からアクセス良い温泉地」で探してみました。それが、静岡県の伊東温泉でした。

 

東京から踊り子号に初めて乗り、熱海を抜けて伊東へ。東京から約100分で着きます。

途中トンネルを抜けるので携帯の電波は繋がらない区間ありますがせっかくの休養なので携帯をいじらず本なんかを読んでまったり移動するのもオススメ♪

そして伊東駅に到着!

itostationfirst

itostation

あいにくのどんより曇りで写真映えしませんが…

スポンサーリンク

 

◆伊東散策??

一人温泉旅なので大人数の旅行ブログのように観光をバンバン!…はしません(苦笑)

一人温泉の目的は「ゆっくり」すること。
温泉につかり何もせずに出てくる料理とたしなむ程度のお酒と布団を楽しむこと!

とは言え、伊東駅から出て斜め左手に5分も歩けば海がありますのでチラッと足を運んでみてはいかがでしょうか??

umi1

umi2

つくづく、晴れていたらよかったのですけどね^^;

そして駅前の程よい感じに寂れた空気漂う商店街。
お土産なんかもここらで調達する形でしょうか。(事前にお土産など何も調べていません汗)

syouten

※駅にニューデイズ(コンビニ的なお店)から、徒歩圏内にセブンイレブンが数店ありますので現地で簡単な日用品なら調達できますよ!!

 

◆一人温泉 旅館へ!

そして旅の目的温泉のお宿へ。
今回お世話になったのは陽気館さん。

oyado

趣きある旅館さんで、念願の和室!!館内落ち着いた雰囲気です。

kannai

一人旅でも10畳のお部屋に泊まれましたのでかなりゆったり、ゆっくり過ごせました。

温泉は、露天風呂(混浴)と内風呂が2つありますが、露天風呂は女性限定の時間帯もあり女性ひとり温泉旅行でも安心できます。

もちろん、ドキドキ感を味わいたい方は混浴の時間帯に入られるのもアリです(笑)

ちなみに深夜帯は階段を昇って向かう露天風呂ですが、明るい時間は斜めに動くエレベーターでお風呂に向かうイベント(?)も味わえます。

内風呂は大小あり、こちらは時間帯で男女入れか変わるかたち。

ちなみに私は、平日にたまった休みを使い一人温泉に行きこのブログ記事を書いているので空いており、露天風呂では誰とも会うことなく、内風呂ではお一方ご一緒となりました。

 

◆一人温泉 食事~就寝~朝

私は食事付きブランでお世話になったのでお夜食、朝食を用意いただいております。

syokuji

自分の影が…。駅から徒歩10分程度のお宿なので途中でご飯を食べてくることも可能ですよ♪(連絡すれば車出していただけます。)

ただ私は、「大人の休日」を満喫したかったので旅館食を楽しみました。量は十分なので男性でも足りない…ということはないですよ。

私は宿到着時、ご飯後の2回この日温泉に入りました。

あとはお布団(畳+お布団のコラボ素敵!)で寝るだけ!

お庭の滝から聞こえる水の音に神経が落ち着くのかぐっすりと休むことができました( ´ ▽ ` )ノ

朝はゆっくりと7時半にお食事、その後温泉にさっと入りお世話になったお宿を離れ、現実世界の東京へ…と戻る一人温泉旅となりました。

プチ情報として、伊東という地は夏に海を楽しむなど大きなイベントでもない限り連泊するにはちょっと暇を持て余すかもしれません。

もともと、「何もしないをしに行く」一人温泉旅でしたが、多分私は飽きてしまうと思います(苦笑)もちろん観光大好きなかたは、現地でレンタカーを調達の上ぶらぶらするのもありです!

簡単に私の時間の使い方を最後に記して、この一人温泉ブログ記事を終えたいと思います。

・13:00東京駅発(東京駅内の豊富なご飯街で昼ごはん)
・14:40伊東駅着~16:30散策(途中お茶休憩)
・16:30宿着~温泉・ボケーっと
・18:00夕食~ボケーっと
・22:00温泉
・23:30就寝

・07:00起床
・07:30朝ごはん
・08:30温泉
・09:30宿発~カフェでコーヒー・散策
・11:00伊東駅発
・12:40東京駅着

と言った、一人温泉、一泊二日旅のブログレポでした!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top