Read Article

大袈裟太郎 逮捕twitterで動画発信も自己満太郎か?散々な言われよう

大袈裟太郎 逮捕twitterで動画発信も自己満太郎か?散々な言われよう

大袈裟太郎(とうぜん本名ではない)が逮捕された件、
そもそも大袈裟太郎とはだれ??

が多くの方の認識ではないでしょうか。

今日は、大袈裟太郎容疑者の逮捕の件と、twitterで自己満っぷりを流していた件について、
多くの方の意見など内容をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

 

大袈裟太郎 逮捕twitterで動画発信も…

大袈裟太郎容疑者が逮捕されたのは2017年11月9日。
容疑は「公務執行妨害」、「窃盗」とのことです。

大袈裟太郎容疑者を一言でいうと「自己陶酔型意識高い系?」と言えば良いのでしょうか(苦笑)

沖縄、普天間飛行場の名護市辺野古の移設問題に関しては、
地元に住む方、また沖縄県に住む方にとって大きな問題だと思います。

そこに「乗っかった」形で【東京都出(らしい)】の大袈裟太郎容疑者が、
あれこれと主張を、時に威嚇・時に身体をはって行っていたようです。

(私はこの手のタイプ苦手です。輩っぽくて)

大袈裟太郎容疑者逮捕に関しては、
この普天間飛行場の名護市辺野古の移設の抗議活動中。

交通整理をしていた男性警官から合図灯を奪い、
逃走し捕まった…為、公務執行妨害と窃盗の容疑で逮捕とのこと。

大袈裟太郎容疑者はもっともらしく、
車(ダンプカー)をよけた際棒が当たりそうになりとっさに取った…

とのことですが、私も思うこと、またネット上でも、

・じゃあなぜ逃げたの?その説明は?
・弁解ムリあり過ぎでしょう。

と、まあそうだよねといった意見が多く出ています。

大袈裟太郎容疑者の逮捕はtwitterでも動画として投稿(Youtube)していますが、
そのコメント欄を見ると、いかに「自己満」の活動をしていて反感をかっていたのかが分かります。

スポンサーリンク

 

大袈裟太郎 逮捕がここまで歓迎される理由は?

ネットニュースなどでは、大袈裟太郎容疑者の逮捕を「喜ぶ」声が書かれていました。

逮捕の瞬間は「大袈裟太郎」容疑者の仲間がネットで中継したが、「朗報」に接した良識派の県民たちはネット上で「沖縄県警はいい仕事をした」「天誅(てんちゅう)が下った」「沖縄から追放、強制送還すべき」などと声を上げた。

引用元:ヤフーニュース

またtwitterを通して投稿した逮捕の動画には…(一応リンク貼りますがワザワザ見るほどのものでもないです苦笑)

・こんなのに対応しなきゃいけない日本の警察官も大変だな・・・。
・自分の発言や行動がすべて正義だとでも勘違いしているのか?
・いい年こいて自分に酔ってるな。いい加減、現実見ろ。警察の人達に迷惑かけるな
引用元:Youtube(上記動画)

などと辛らつなコメントが多いです。
(一部、大袈裟太郎容疑者の仲間と思われるコメントもありますが)

なぜ、ここまで大袈裟太郎容疑者の逮捕が喜ばれてしまうのかを考えてみました。

日本人は根本的に「優しい」人が多いと思っています。

だからこそ、「威圧的」だったり「威嚇」する人物は味方であっても
どこか退いてみてしまう・距離をとってしまうものだと思います。

 

大袈裟太郎容疑者は「そのタイプ」であり、
大本の主張である辺野古への移転反対に関しては同調している沖縄県民でさえも遠巻きに見ていたということでしょう。

本当に支持を受ける人は「人間としての魅力」があるものです。それは威圧的なパワーではなく内なる魅力があってこそです。

それは知性、スマートさも必要だと思います。
言えば良い、体張れば良いと言うワケではないですよね。

【上の立場を利用するとこうなります】
山形大xEV飯豊研究センター パワハラセンター長は誰しも思う日本の悪しき象徴?

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top