Read Article

植松仁の現在:競輪・会社員そして…引退後の生活に何があったのか。

植松仁の現在:競輪・会社員そして…引退後の生活に何があったのか。

植松仁容疑者と呼ばれる日が来るとは…

植松仁は長野オリンピックでショートトラック500mの銅メダリスト。

植松仁は現在まで引退後、競輪の道、そして航空機部品会社への就職など苦労をしてきました。

が、植松仁容疑者と呼ばれる日がくるとは…

スポンサーリンク

植松仁の現在まで

植松仁さんのの現在までの足跡を簡単にまとめます。
長野オリンピックでの活躍から現在までを主に調べてみました。

植松仁の現在さんはショートトラックスピードスケートで高校卒業後働きながらスケートをするつもり…

でしたが、就職前にその会社が倒産という激動の競技人生のスタートでした。

 

その後日本選手権を優勝するなど活躍し、1998年長野オリンピックショートトラック500mで銅メダル獲得!
もっとも植松仁さんが活躍をしていた時代なのかも知れないですね。

しかし、その後スランプや、所属していた会社の業績が悪くなり解雇。
スピードスケートの道を諦めましたが、

オリンピックでの銅メダルという実績が買われて日本競輪学校に入学をすることが出来るようになりました。

スポーツ選手って私たちは日常的に華々しい世界をみていますが、
プロスポーツ選手と言えど満足に食べていける選手はほんの一握りです。

よく言われることですがサッカー選手などは引退=選手生命も短く、
引退後就職、働くことに困る選手も多くいます。

そのままサッカーや野球、また自分が取り組んでいたスポーツ関連の競技に関わる仕事につける人はごくわずかです。

植松仁さんは現在に至るまで競輪で生活に困らずプロスポーツ選手として働ける環境に感謝していたようですね。

しかし、競輪で成績を出せば相手も強いクラスで勝負するようになり、
ライバル選手の強さに跳ね返されることもしばしば。

その後、肝臓疾患にかかり疲労の回復が満足にできなくな競輪を引退。
引退から現在まではスポーツ選手ではなく「会社員」として過ごしてきました。

スポンサーリンク

植松仁の現在会社員として働いていたが…

植松仁さんは競輪選手を引退後、スポーツ選手としての自分と別れを告げて、
競輪関係のつて、自転車店のお客さんの紹介で航空機部品会社に就職できたようです。

表現は難しいですが、スポーツ選手は履歴書を書くときに困る様です。

無くなるようで無くならない学歴の問題、
(多くのスポーツ選手が高卒)

スポーツの世界で上下関係、体力は備わっていても一般常識がどうしても備わっていない。

そして現役を続けていれば年齢も上がっていき、
スポーツ選手から一般企業へ転職するにも年齢の壁も立ちはだかる。

この様な境遇を乗り越えて、植松仁さんは現在まで働いてきたようですが…

2017年11月30日。

元スピードスケートショートトラック500m銅メダリスト植松仁選手が、
「植松仁容疑者」となったニュースが流れてきました。

簡単に概要をまとめると…

・2017年4月14日朝(出勤中でしょうか)
・名鉄金山駅~知立駅区間にて
・女性に体液をかけた

とのこと。

スポーツ選手が現役引退後現在に至るまで、

女性に手を上げた、
「お薬」に手を出した

…ようなニュースはたまに聞きますが、
いったい電車で…何をしているのでしょうか。。。

植松仁容疑者は、電車で「出した」事は認めたものの「かけた」ことは否認しているとのことです。

弁護士先生の入れ知恵かと思いますが、
当然公然で「出した」ことには変わりありません。

何やってんだか…

植松仁として自分のこれまでのスピードスケート、競輪での活躍に泥を塗り、
現在までお世話になっていた会社にも迷惑をかけ…、当然女性にも。

しっかりと反省し、そういった「癖」があるなら心の面も直してもらいたいものですね。

本当に、何やってんだか…

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top