Read Article

市原幹也セクハラ被害者Twitterアカウント:ヤリたい放題が特権?

市原幹也セクハラ被害者Twitterアカウント:ヤリたい放題が特権?

市原幹也(演出家)に対してセクハラ告発があり、市原幹也氏が謝罪をしたとニュースになっています。
 
市原幹也氏のセクハラ被害者のTwitterアカウントよりどのような状況だったのか、
また、改めて人間が小さい人物が権力を持つとろくなことにならないな、、、と感じました。
 
騒動の状況と合わせて情報をまとめてみますね。
 

スポンサーリンク

 

市原幹也セクハラ被害者Twitterアカウントで告発

 
演出家の市原幹也氏のまわりがごたごたとしたことが、
2017年12月20日、市原幹也氏自信のセクハラをみとめ謝罪をしたことで明らかになりました。
 
市原幹也氏からセクハラ被害を受けたとされる女性の一人のTwitterを、
Twitterの引用機能を使いご紹介させていただくと…
 


 
と、なんと高校2年生の時に市原幹也氏からセクハラ・パワハラとも取れる行為の被害を受けていたことを、
自身のTwitterで告発をしました。
 
今、ハリウッドから動きが大きくなってきているセクハラを糾弾する動き「#MeToo」の後押しを受けて告発をしたと思われます。
 

これ自体を市原幹也氏が認め謝罪をした形となり、
また謝罪の中でほかにも複数の市原幹也氏からのセクハラ被害者がいると思われ騒動は大きくなりそうです。
 
こういった流れはこれまで我慢をし続けていた方にとって、
大きな後押しになると思いますし、続いてよいと思いますが一点だけ杞憂というかそのうち「名誉棄損」などとなりそうな人を気づ付ける行為も出て来そうな気もしないでもありません。
 

スポンサーリンク

 

市原幹也セクハラ被害者Twitterの後押しは強大も…

 
あくまで可能性がある程度の話ではなりますが、
ハリウッドにおいても日本の芸能、演技・演出、音楽、政治あらゆる馬券においても…
 
どの方面においても「立場が上の人物」によるセクハラはあったと思いますし、
2017年現在でもあると思います。
 

正直、人の上に立つ器の人物ならそうそうないのかも知れませんが、
元来小物というか功名心が勝っている人間が人の上に立つと、、、
 
市原幹也氏のセクハラのような問題が往々にして起こると思います。
 
・オーディションで口利き
・俺の一言で何とでもなる
・俺に嫌われたらどうなると思う?
・有名になりたいんでしょ?
・仲良くしておいた方が良いよ
 
など、テレビドラマの中だけのセリフではなく実際にこうした言葉を放つ人物もいるのでしょう。
 
今回、市原幹也氏のセクハラ被害者がTwitterを使い、市原幹也氏のセクハラを「告発」。
それを市原幹也氏が認めて謝罪する形ですが一つだけ懸念があります。
 
それは恨みを持った私刑です。

要は、あることないことをネット上に掻き立て、
恨みを持った立場のある人間をを貶める行為です。
 
そんなのあるわけないでしょ!?
 
と思う方もいると思いますが、
注意されたことを逆恨みして電車で相手を痴漢呼ばわりする女性。
 
普通にいるんです。
 
もちろんごく一部ですけれども。
 
ことが荒立てられれば逆に名誉棄損で訴えられるわけですが、
そこまで頭がまわらないレベルの人間も少なからずいるわけですよね。
 
そういった「極わずか」の悪意がネット上で拡散されてしまうと、
たとえそれがウソであっても未来永劫残ってしまうおそれすらあります。
 

あくまで、そういった懸念もあるというだけで、
私としても「#MeToo」の動きは進むべきだと思います。
 
 
あ、あと一つ。

芸能界では「売名行為」に使う人も出てくるかも知れませんね。
(ただそれが事実かどうかで対応は大きくかわりますが)
 
市原幹也氏のセクハラ被害者がTwitterで告発したように個人が自分の言葉で発信を出来る時代です。
 
使い方はその人次第。
 
SNSが犯罪に利用されるニュースが多く報じられていますが、
こうした良い使われ方をして欲しいものですね。
 

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top