Read Article

今村岳司タトゥーのワケ 経歴と記者への暴言、記者の問題は?

今村岳司タトゥーのワケ 経歴と記者への暴言、記者の問題は?

今村岳司氏のタトゥーの意味について調べてみました。

今村岳司兵庫県西宮市長が、記者への暴言で話題になっていますが、今村岳司西宮市長について調べてみるとたぉーのウワサや経歴についてとても興味が沸く人物でした。

合わせて記者がどんな失礼をしたらこうなったのか気になるところです。

スポンサーリンク

今村岳司タトゥーについて

先ず最初に「今村岳司」で検索してみると目に入ってきたのが、「今村岳司 タトゥー」の文字。

タトゥーと言えば、言い方はスタイリッシュですがありていに言えば刺青です。

温泉施設や、プールなどでも刺青・タトゥーを入れている人の入場を制限するなど世間的にはなじまないものですね。

そのタトゥーと今村岳司市長をつなぐ線を探ってみました。

これは公式の今村岳司西宮市長のコメントではなく、あくまで情報を集めた結果の事としてご理解を頂きたいのですが、

今村岳司がタトゥーをしていた理由(現在は消しているとされています)、そのタトゥーの内容は、、、

 

「西宮」

の文字を半分にしたタトゥーを腕に入れていたとされています。

え?何それ?

と思うと思いますが、そのタトゥーに今村岳司西宮市長が込めた思いを聞くとかなり熱い男だな、と思います。

今村岳司西宮市長がタトゥーに込めたとされる思いとは…

「未完成な西宮を自分の手で健全なものにする」

この為に、タトゥー腕に入れていた…とされているようです。

ただ、先の通り刺青とタトゥーは決して世の中で良い意味合いでは使われない為、
西宮市長選挙にでると決めた時に「市長にふさわしい人間になる為」としてタトゥーを消したとされています。

※繰り返しですが、今村岳司西宮市長本人の公式のコメントとして見つかった情報ではありません。

この様な状況が事実だとするとかなり「熱い漢」で礼節を気にする人物だとも考えられますね。

スポンサーリンク

今村岳司 経歴・プロフィール

今村岳司西宮市長についてはご存知の方も多いと思いますが、
かなり異質な経歴、プロフィールをお持ちなのでまとめてご紹介をしたいと思います。

今村岳司・経歴/プロフィール

◆今村岳司(いまむらたけし)
◆1972年11月28日生まれ
◆出身:兵庫県西宮市
◆大学:京都大学法学部

と、西宮に「熱い」思いがある通り生まれた街です。

 

そして経歴として紹介するなかで強烈なエピソードとして言えることが、

今村岳司西宮市長は、京都大学法学部を卒業後リクルートに就職をしています。その就職の際に宣言した言葉として、、、

「いずれ政治家になるので時期が来たら辞める」

と宣言をしたうえで今村岳司西宮市長はリクルートに就職しています。

ここまで熱い漢もいるのか…と思いつつも、さすがに当時はちょっと痛い男かも…と思われていたのかもしれませんね。

少なくても、自分のまわりに、市長や政治家になる!と言う人間はいませんでしたから「遠巻きに」見てしまうかも知れません。

今村岳司氏の経歴としてもうひとつ有名なエピソードがあるのですが、
市議会議員に初当選(当時最年少26歳)し、西宮市議会初日…

・金髪
・ピアス
・ギゲ

で現れるなど強く主張を表に出していたようです。

これはさすがに常識的にどうなのかな、、、と思ったりもしますが、
「これが本来の自分」としつつも、あるワケがあってのことの様です。

そのワケとは…

「政治の業界には…若いやつが政治に目を向けたくなるような同世代のヒーローがいない。じゃ、おれが興味の対象になってやろう」

と、自分がどういった意味であっても目立てば若い人間が政治に興味を持つのでは?との思いで動いていたようです。

この時に今村岳司氏は腕にタトゥーを入れていたのかも知れないですね。

今で言う「炎上商法」でしょうか。目立つことで注目を集めて興味を持ってもらう。

今村岳司の暴言と記者の非常識?

そんな今村岳司氏がまた注目を集めたのは、記者に対する暴言でした。

小学生、中学生が使うような、、、

「ころすぞ」

と言ったものですね。

これを言われた記者(男性)は2018年1月3日まで今村岳司氏の自宅に押し掛け取材をしていたといい腹を立てていたとのことです。

言葉が悪いことは当然ですが、
自宅にまで押し掛ける記者、いったい何がしたかったのでしょうか。

報道の自由や知る権利を主張して「やりたい放題」のマスコミが目につきますし不快に思うこともしばしば。

路上でタバコも吸う人間もいれば、隣近所に配慮なく大声を出す人間もいます。

正直、取材の風景を遠くから取材というか録画して観てみたいものですが、、、

一部しか切り取って私たちには伝わってきませんが、
こうした記者は「怒らせることで」本音やアラを探るというか「作ろう」としてきます。

こうした「ヤカラ」を排除することはできないものでしょうか。

今村岳司氏の使った言葉は出すべき言葉ではありませんが、
そこまでさせた記者はどこの誰でどういったことをしたのかも報道して欲しいものですね。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top