Read Article

青山蜂 客層・歴史優先で後藤寛経営者ら逮捕 歴史以上に守るモノがある

青山蜂 客層・歴史優先で後藤寛経営者ら逮捕 歴史以上に守るモノがある

青山蜂(クラブ)の経営者後藤寛、副店長清水朗樹らが逮捕されました。
 
供述には、青山蜂の歴史を守る為…と客層も30代まで常連がいるなどクラブ=若者のイメージとは少し違う店でもありました。
 
今日は、そんな青山蜂の客層について、また差別化も法の範囲で…と改めて思ったことなど書いてみます。
 

スポンサーリンク

 

青山蜂 客層

 
青山蜂(クラブ)の経営者後藤寛容疑者、副店長清水朗樹容疑者らが逮捕されたというニュース。
 
容疑内容については「小難しい」ですが客層や場所などの前に簡単にまとめておきますと…
 
◆2016年に風俗業適正化法が改正

・店内の明るさが照度10ルクス超え
・24時から6時にアルコールの提供
・音楽を流しお客に踊らせるなどするクラブ
 
こうした店を「特定遊興飲食店営業」と新しく分類をしました。
 

青山蜂はこの条件に当てはまり、本来は立地が繁華街など決められた場所で許可が必要、されていますが青山蜂は無許可で営業を続けていたための逮捕とのことです。
 
・2018年1月28日2時15分頃の逮捕
 
とのことですので時間も言うまでもなくNG。
 
2017年7月、8月に一度警察から警告を受けているにも関わらず引き続き営業を続けてい為、経営者後藤寛容疑者、副店長清水朗樹容疑者らの逮捕となっています。

青山蜂の客層は20代~30代の少し「落ち着いた」客層が多め…
 
と言いつつも当然「クラブ」ですからあくまで渋谷の「若い」客層メインのクラブに比べれば落ち着いた客層、との解釈が正しいかも知れませんね。


 
と、慣れていない方からするとどこが落ち着いた客層なの!?と思うかも知れません。
 

青山蜂 場所他情報

 
青山蜂の場所や諸情報は…
 
場所:東京都渋谷区渋谷4-5-9 青山ビルディング2階~4階
キャパシティ:200人
 

と、渋谷のメイン発火外からは少し離れた場所に青山蜂はあります。
 
青山学院高等部が「モロ」近い場所にあり、
近くに住む方からの騒音の相談なども依然からあり、警告→逮捕となったわけですね。
 

スポンサーリンク

 

青山蜂の「しくじり」ポイント

 
青山蜂の経営者後藤寛、副店長清水朗樹らが逮捕されたわけですが後藤容疑者は…
 

「昔からここでやっていた。22年くらいの歴史があり、スタイルを守りたかった」

 
と、法の整備が後付であったこともあり青山蜂の客層、歴史、スタイルを守り通した…と言うことですね。
 

ただ、残念ながら警察からの警告を無視して営業を続け逮捕。風営法の改正以降初の摘発ということで、
今後も同じスタイルでやっているクラブの摘発も行われるぞ、という警告にもなりそうです。

club
引用元:朝日新聞デジタル

 
画像は、青山蜂の一部ですがこのフロアは内装はシンプルな作りになっていますね。
 
経営者として自分の店のスタイル、歴史、客層を守りたいという気持ちは当然ですし分かりますが、「ルール」あってのことです。
 
今後、青山蜂の「お手入れ」移行、他のクラブに派生していくのか注目されますね。

【関連記事】

小宮裕行[画像]ハプニングバー経営逮捕!私のハーモニカってなんやねん。 
小宮裕行容疑者(画像下記)が東京都上野でハプニングバーを経営し、客同士人に見える場所でのわいせつ行為をする場所を提供したと逮捕されました。まあ正直、人に危害を加えているわけでもないので…ですが、東京オリンピックが近づきこうした「お掃除」は進んでいく…
スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top