Read Article

水橋高校教員が生徒の髪を切る!誰もが?と思う変な校則調べてみました!

水橋高校教員が生徒の髪を切る!誰もが?と思う変な校則調べてみました!

水橋高校の教員が生徒の髪を指導の延長できる!という中々衝撃的なニュースが流れていました。
 
富山県立水橋高等学校…県立高校ですから私立高校と違い「経営者個人の意思」は色濃く反映さえるものではありません。
 
水橋高校教員が生徒の髪を切るというニュースの概要と誰もがNGと思う変な校則も調べてみました。
 

スポンサーリンク

 

水橋高校教員が生徒の髪を切る!

水橋高校教員が生徒の髪を指導の延長で切っていたという中々衝撃な事件。
 
最近、教員が生徒にセクハラや飲酒運転、暴行などいろいろと問題を起こしたニュースが駆け巡っていますが、
そうした「個人」の行為とはまた別の話。
 
校則を守るために水橋高校の教員が生徒の髪を切るというなんとも気持ち悪い校則遵守の精神です。
 
先ずは簡単に状況をまとめてみると、富山県立水橋高等学校の校則には…
 
・前髪は眉が見える程度の長さ(男女問わず)
・もみあげは耳の中間まで/側頭部は耳にかからない長さ(男子)
 
といった頭髪に関わる校則があるようです。
 

水橋高校の教員はこの校則に忠実にあるべく…
 
生徒の同意を得た上でとのことですが月1回の服装指導の際、上記基準に満たない頭髪の生徒の髪を教員自ら切るという行為をしていたとのこと。
 
数としては、

・教員6人
・生徒44人
 
がこの水橋高校教員が生徒の髪を切るという一連のニュースとなった件の当事者とのことですが…
 
私個人の意見としてはこの手の「頭髪」に関わる校則はあるべきだとは思っています。
 
極端なことを言えば金髪、リーゼントなどの髪型を自由にやりだしたら歯止めは聞かないですし、
「個性」という言葉を出すなら「そこ」ではなく、それでもそうした髪型をしたいのであれば許される高校にそもそも行くべき。
 
自由とやりたい放題は違う。
 
この一定のラインは引くべきだとは思います。
 
しかし、、、教員が生徒の髪を切るというのはまた別の話。
 
(この44人全員がロンゲ(死後)金髪という極端な髪型であったなら話はまたややこしくなりますが)
 
実際、ツイッター上では…


 
このような意見が多くさすがに水橋高校教員が生徒の髪を切ることは指導の枠を超えていると思います。

そこでふと、一時期話題になっていましたが、「変な校則」が頭に浮かんだので調べてみました。
 

スポンサーリンク

 

誰もが思う変な校則!

 
水橋高校教員が生徒の髪を切るというニュースから、「校則」について誰も??と思う変な校則を調べてみました。
 
現行のものもあればさすがに無くなった校則もありますが…

・〇〇高校の生徒と関わってはいけない

 
→むしろ〇〇高校がどんな学校か気になりますね(苦笑)

・トランクス禁止

→ブリーフ一択?ボクサーパンツは??
 

・メリケン粉を買ってまき散らしてはいけない

→え??言われなくてもやらないけど。。。塩はOKなん?
(沖縄の昔の風趣で卒業式に祝福として行うことがあったそう)
 

・「紙袋を持って学校に行くときには、事前に『紙袋届』を出さないといけない」

 
→どうでもよくない?

・「外で父親と兄弟以外の男性と話してはいけない。いとこも不可」

→いとこは結婚できるから??

・「スケベなことをしてはいけない」

→分かりやすい!

・「ラブレターを渡すときは、担任の先生に断りを入れる」

→担任も嫌じゃない??
 

・「ヒール40センチ以下」

→学校の校則ですよね??
 
と、結構探せば変な校則は出てきます。
 
とは言え、水橋高校教員が生徒の髪を切るとは当然違う趣ですし、ネタになるものも。
 
水橋高校はこのごたごたを収めるのに苦労をしそうな気がします。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top