Read Article

ロードレイジ 仮面ライダー剣の俳優椿隆之が被害!芸能人も他人事じゃない!

ロードレイジ 仮面ライダー剣の俳優椿隆之が被害!芸能人も他人事じゃない!

ロードレイジという言葉ご存知ですが?

仮面ライダー剣の俳優・椿隆之さんが巻き込まれたことで取り扱われ、また2017年の東名高速「事件」でまた注目を集まました。

今日はロードレイジについて、また仮面ライダー剣の俳優・椿隆之さんの件について触れていきたいと思います。芸能人だって他人事じゃないですよね。

スポンサーリンク

ロードレイジ 仮面ライダー剣の俳優・椿隆之が巻き込まれる!

ロードレイジに巻き込まれたのは仮面ライダー剣で主人公を演じた俳優・椿隆之さん。

ロードレイジとは…

ロード・レージ (Road Rage) は、運転手が自動車の運転中に割り込みや追い越しなど に腹を立てて、過激な報復行動を取ることである。

引用元:Wikipedia

要は運転者が粗暴な行動に出るということです。2017年の東名高速での一件で大きく注目を集めると、全国でロードレイジと思われる事件が頻発。

ロードレイジという言葉が出たから事件が出たわけではなく、それまであった行為が表面化・事件として報道されやすくなったということですね。

ロードレイジに巻き込まれた仮面ライダー剣の俳優・椿隆之さんの事件を簡単にまとめると…

 

・歩行者=椿隆之がバイクとぶつかりそうになり口論
・相手が弟を現場に呼び出し、その弟がゴルフクラブで椿隆之さんを…

といった事件です。

事件の詳細/椿隆之さんの意外な趣味に関しては

椿隆之事件の犯人・岡崎豪画像調査!ラブライブ好きのイケメンライダーに迫る

こちらの記事でまとめていますのでご覧ください。

東名高速での一件は容疑者そのものに大きな問題があり、以前から繰り返しロードレイジ行為を行っていたことが時を経る度に見えてきています。

大抵の場合「粗暴」なドライバーが一般市民を巻き込み、凄んで悦に入る、おびえる姿を楽しむ、といった幼稚な人間がロードレイジを起こすことが多いようですが…

普段は「普通」の人間でも相手の「ヒヤっとする」運転に腹を立て攻撃的になる…などのケースも考えられます。報復行為…とまで行くかはその人の性格にもよりますが。

野球のデッドボールなどでも普段冷静なバッターであっても何球も危ない球が連続で投げられたり、頭部付近に飛んできたら「プチっと」しますよね?命の危険がありますし。

そもそもの「ヤカラ」の人間でなくても、一般の方もついカッとなって…と言うことが起こりかねません。

しかし、ロードレイジに巻き込まれた仮面ライダー剣の俳優・椿隆之さんは歩行者の立場…

俳優さんで顔が命ではありますが、まずは命があって良かったな…と思います。

スポンサーリンク

ロードレイジ ドライブレコーダーは有効?

ロードレイジの被害を防ぐ上でも、また「証拠」を残す意味でもドライブレコーダーが2017年東名高速でのあの事件以来飛ぶように売れています。

車に「ドライブレコーダー搭載」や「録画中」といったシールを貼っている車見かけるようになっていませんか?

事故した直後は、自己保身、また自分は正しいと双方が思うものです(意図的に信号無視をしていない限り)。

それがどちらが正しいか「映像」で残っていれば責任の所在、保険の問題も分かりやすくなります。

また、上記のようなシールを張ることでロードレイジ、またあおり運転を控えさせることも出来る、一定の効果があると考えられます。

車を止めて迫ってくる粗暴な人間相手には「籠城(ろうじょう)」しか出来ません。下手に外に出るとロードレイジに巻き込まれた仮面ライダー剣の俳優・椿隆之ような攻撃を受けてしまう可能性があります。

 

籠城しつつ警察に電話、証拠の画像・動画データを提供する…が、ロードレイジで直接的な攻撃をうけそうになった時にできる事ではないでしょうか。

間違っても応戦をしては…怪我をしてしまうことは当然避けなければいけませんし。
口論の末ついカッとなって…自分が加害者になってしまう可能性もありますから。。。

仮面ライダー剣の俳優・椿隆之さんのように歩行者の立場としてバイク・車側からのロードレイジ行為となるとなかなか対応が難しいかもしれませんが…

椿隆之事件の犯人・岡崎豪画像調査!ラブライブ好きのイケメンライダーに迫る

コチラの記事の中に記されていますが、
加害者はバイクに乗っていた男の弟です。

後から現れてゴルフクラブで…と決して許されない行為です。

ゴルフクラブで凄もうとして結果手を出したのでしょうか。

残念ながら一定の割合で「そういう人間」がいるものです。めぐり合わないことが一番ですが、めぐり合ってしまった時…どのように対応するかは非常に難しいところですね。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top