Read Article

栃玄武 現在は?矢作嵐暴行犯人として春日野部屋が再注目!相撲協会オワタ

栃玄武 現在は?矢作嵐暴行犯人として春日野部屋が再注目!相撲協会オワタ

栃玄武の現在は?
 
ひょっとしたら多くの方が気になることではないでしょうか。
矢作嵐を暴行した犯人として複数の情報から特定されています。
 
春日野部屋の体質、相撲協会の体質、問題ばかりでてくる状況に「もう飽きた」といった言葉がでてきそうですね。
 

スポンサーリンク

 

栃玄武 現在は?矢作嵐暴行犯人特定へ

 
栃玄武の現在は?
 
「栃玄武」までたどり着く方がどれくらい流のか、栃玄武までたどり着くのはいつになるのか。
 
2018年1月25日朝のテレビニュースでは「春日野部屋」、旧矢作嵐が暴行をされた事実の告白までで、その犯人とされる「先輩」に関しては触れられてきませんでした。
 
しかし、相撲に明るい人、ネットでの検索能力に長けている人により、
「当時」の春日野部屋の状況、引退した力士などの情報から、、、

このように、矢作嵐暴行の犯人が春日野部屋の先輩力士であった栃玄武(緒方晃一郎)と特定をされています。
 
現在の栃玄武(緒方晃一郎)が何をしているのか、どういった心境で「一連の」相撲界の暴行問題を見て・聞いてきたのか気になるところですね。
 
栃玄武の現在の状況としてまず知っておきたい情報は…


 
※こちらはTwitter引用で正確な情報ではないかも知れませんが。
 
傷害罪で、栃玄武(緒方晃一郎)は平成28年6月に懲役3年(執行猶予4年)の判決を受けています。
 
矢作嵐が栃玄武から受けたとされる暴行で受けた傷状況は…

・アゴを骨折
・味覚障害が残る
 
など後遺症も残っている状況です。
 
矢作嵐の告白ののち、「犯人」とされる「元力士」は

「殴ったことは悪かった。自分自身の問題で部屋が悪いわけではない。(事件のことを)話すなと言われたことはない」
 
と、判決を受けておりますし、当然謝罪の意を示していますがどうしても気になってしまうことが、、、「隠蔽」ですよね。
 
また、春日野部屋、春日野親方の対応もどうなのか、と。
 

スポンサーリンク

 

栃玄武と矢作嵐の件で貴乃花親方の株があがる

 
栃玄武が犯人とされる矢作嵐暴行事件の件、春日野部屋、春日野親方の対応が「またも」相撲協会、相撲業界全体への厳しい目で見られています。
 
またインタビューに答えた矢作嵐も

「貴乃花親方みたくして欲しかったですね、ボクも。貴ノ岩関かばってもらったじゃないですか。親が子を守るのは当たり前なんでそういうふうに春日野親方にして欲しかったですね」
 
と、「一連の」件に触れ、改めて貴乃花親方がやろうとしたこと、守りたかったことなど多くは語らない方なので誤解を受けやすい方ですが…
 
「筋」
 
を通して「親」として弟子を守った姿が見えてきました。
 
この矢作嵐の言葉の前提にはこうした経緯があります。
 
兄弟子(栃玄武とされる)から暴行を受け、実家に戻ったという矢作嵐。
 
その後、春日野親方に説得されて部屋に戻った際、春日野親方からかけられた言葉が…

「逃げ出して迷惑かけたんだから皆に謝れ」
 
とのことです。
 
相撲と言わずスポーツの世界においては先輩が何においても「上」であることで、稽古中も「かわいがり」という言葉でごまかしてしまう事があります。
 
言い方を柔らかくしているだけですよね。
 
もちろん、生ぬるい稽古では意味がないので厳しいものであることは重要ですがそれは愛があってのこと。故意の出来事は暴行でしかありません。
 

「続きに続く」相撲界の問題。
 
きっと掘れば掘るほど出てくると思います。「内輪」で全てを進めてきた相撲協会もさすがに限界ではないでしょうか。
 
寡黙過ぎて「良さ」「志」が私たちには見えづらくとっつきにくい貴乃花親方がやりたかったことには、一度壊して立て直すくらい強大な「敵」がいると改めて感じました。

瀬尾まなほ プロフィール経歴まとめ 寂聴秘書採用の決め手とは?(スリーサイズは…
瀬尾まなほ プロフィール・経歴をまとめてみようと思います!瀬尾まなほさんといえば瀬戸内寂聴さんの「美人秘書」年の差…66歳!?おばあちゃんと孫というより、ひいお婆ちゃん!?なんとも不思議な関係です。そう長くはないのでお付き合いください!瀬尾まなほ プ…
太田夢莉と山本彩の関係 舞台で倒れる経験あり。ジャニオタのバッシングに負けず貫…
太田夢莉さんが休養…と言われても私はAKB(MNB)関係よく分からない、、、と言いつつも太田夢莉さんについて検索すると…「太田夢莉と山本彩の関係」についてよく調べられているようでした。山本彩さんなら知っているのでどんな関係よ?と思い調べてみました。…
スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top