Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

スープジャーのうどんを入れたままでも伸びにくくする方法!注意点解説

スープジャーのうどんを入れたままでも伸びにくくする方法!注意点解説

スープジャーを使ってうどんを入れたまま持ち運ぶ際は、つゆを別容器に入れることで、うどんの美味しさを保持できます。つゆと一緒に入れてしまうと、うどんが水分を吸って伸びてしまうためです。

特に移動中のうどん保存には、茹でうどんや冷凍うどんが適しています。

以下で、詳しく解説していくので…

・うどんが伸びないで美味しく食べる方法
・うどんが固まるのを防ぐ方法
・温かい/冷たいうどんのレシピ

など、ご参考にしてください。

スポンサーリンク

スープジャーを使ったうどん入れたまま伸び対策

 
美味しいスープジャーうどんを作るコツは、つゆを別に準備することです。

温かいうどんも冷たいうどんも、つゆを分ければスープジャーに入れたままでも「伸びにくく」なります。おいしいうどんを作るための重要なポイントは以下の通り3点です。

・うどんの種類を選ぶ
・うどんに油を塗る
・温かいか冷たいかに応じたつゆを用意する

です。

うどんが伸びるのを防ぐ対策①うどんの種類

お弁当用のうどんには、以下のような種類があります。

・生麺
・茹でうどん
・冷凍うどん
・乾麺

時間が経つと固まりやすい生麺や乾麺よりも、お弁当用には茹でうどんや冷凍うどんがおすすめです。

特に、朝の忙しい時には、手間いらずの冷凍うどんが便利です。うどんを茹でた後は、しっかりと水で冷やし、水気を切ることが、うどんが伸びないようにするために重要です。

うどんが伸びるのを防ぐ対策②うどんに油を混ぜる

 
水気を切ったうどんに少量のサラダ油を混ぜ、お弁当箱に入れると、うどんがくっつきにくくなります。

中華風ならごま油、洋風ならオリーブオイルを使うと良いでしょう。また、うどんを一口サイズに切って入れると食べやすくなります。

スープジャーを使ったうどんの伸びを防ぐ方法③:つゆを別に準備

 
スープジャーでつゆを別に用意することで、うどんの美味しさを保つことができます。

温かいつゆを用意する時は、まずスープジャーに熱湯を入れて温め、その後につゆを加えて温かさを保持します。冷たいつゆを使う場合は、スープジャーの蓋を開けて冷蔵庫で冷やしてください。

食事の際には、つゆをうどんにかけたり、つけて食べることができます。

つゆを加えることで、麺がほぐれやすくなり食べやすくなります。

うどんに具材を加える際は、うどんの入った容器に具を入れ、ラップで覆うのがおすすめです。特に夏場は食中毒予防のため、具材を直接重ねないようにしましょう。

また、夏には冷たいものを食べたくなりますね。

スープジャーを使えば、時間が経ってもうどんを美味しく食べられます。

ただし、時間が経つと伸びることが問題です。しかし、ここで紹介したポイントを守れば、伸びることなく美味しく食べることができます。

スープジャーを使ったうどんが伸びる原因

 
スープジャーでうどんが伸びる主な原因は、つゆを一緒に入れてしまうことです。

これにより、うどんが水分を吸ってしまい、ふやけてしまいます。うどんとつゆを同時にスープジャーに入れることは可能ですが、食べる時にはうどんがふやけてしまい味も落ちます。

つゆに長時間つけたうどんは水分を吸ってぶよぶよになり、箸で持つとちぎれてしまうこともあります。

スープジャーは保温調理にも使えますが、つゆと共に入れたままのうどんには向いていません。つゆを別にすることで、うどんが伸びたりふやけたりするのを防げます。

 

スポンサーリンク

 
 

スープジャーを使ったうどん弁当のレシピ:冬は温かく、夏は冷たく

  
スープジャーで作るうどん弁当は、温かいバージョンも冷たいバージョンも作ることができます。寒い冬の日にも、暑い夏の日にもぴったりです。ここでは、おすすめのうどん弁当レシピをご紹介します。

冷たいうどん弁当レシピ①:豚しゃぶうどん

 
<材料>

・うどん1玉
・豚しゃぶ用肉50グラム
・レタス1枚
・きざみネギ少量
・2倍濃縮めんつゆ50ml
・豆乳150ml
・すりごま小さじ1

<作り方>

1,うどんを茹でて水で冷やし、サラダ油でコーティングします。

2,豚肉を茹でて水気を切ります。

3,めんつゆ、豆乳、すりごまを混ぜ合わせ、冷やしたスープジャーに入れます。

4,うどんを容器に入れ、豚肉、レタス、ネギを加えます。

5,うどんと具材を同じ容器に入れる場合は、食中毒予防のためにラップを使って具材を直接触れないようにします。

これで、ボリューム満点の豚しゃぶうどんの準備ができます。

冷たいうどん弁当のレシピ②:冷やし中華風うどん

 
<材料>

・うどん1玉
・卵1個
・きゅうり1センチ分のスライス
・ハム2枚
・しょうゆ大さじ1
・砂糖大さじ2
・酢大さじ3
・水大さじ4

<作り方>

1,うどんを茹で、水で冷やし、サラダ油を軽く絡める。

2,卵を薄焼きにして細切りにし、ハムときゅうりも細切りにする。

3,しょうゆ、砂糖、酢、水を混ぜてタレを作り、冷やしたスープジャーに入れる。

4,うどんと卵、ハム、きゅうりを別の容器に入れる。食中毒予防のためには、食材が直接触れないようにラップを使用するとよい。

この酢を使ったさっぱりとしたレシピは、お好みで具材を変えて楽しめます。市販のつゆを使えば、もっと手軽にお弁当が作れます。

温かいうどん弁当のレシピ①:簡単カレーうどん

 
<材料>

・うどん1玉
・残ったカレー(お玉2杯分ほど)
・水とめんつゆ合わせて150ml

<作り方>

1,うどんを茹で、水で冷やし、サラダ油で軽くコーティングする。
2,鍋に水、めんつゆ、カレーを入れて温める。
3,温めたスープジャーにカレーつゆを入れる。
4,うどんを容器に入れる。

水溶き片栗粉を加えると、カレーうどんがとろみを帯びて本格的になります。

温かいうどん弁当のレシピ②:力うどん

 
<材料>

・うどん1玉
・お好みの野菜少量(例:小松菜、ほうれん草など)
・お餅半分
・つゆ200ml

<作り方>

1,うどんを茹で、水で冷やし、サラダ油で軽くコーティングする。
2,野菜とお餅を一口サイズに切り、スープジャーで温める。
3,つゆを温めてスープジャーに入れる。
4,うどんを容器に入れる。

この力うどんは子どもから大人まで喜ばれる、季節を問わず楽しめるレシピです。私個人的にはこれが一番好きです。

スープジャーでのうどん伸び防止対策・まとめ

 
スープジャーでうどんを入れたままで伸びる大きな原因は、つゆが吸収されることにあります。

うどんとつゆを別々に持つことで、美味しさを損なうことなく食べられます。

スープジャーは温かいものも冷たいものも保温するため、季節や体調に合わせたお弁当を楽しむことができるのでスープジャーを上手に使って、楽しいお弁当の時間を過ごしましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top