Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

わらびのアク抜きはお湯だけでOK?重曹の使用は必須か検証

わらびのアク抜きはお湯だけでOK?重曹の使用は必須か検証

春が来ると、山菜の王様、わらびが旬を迎えます。

そのわらびは天ぷらや炒め物など、多種多様な料理に使われ、多くの人々に愛されています。

 

ただし、わらびにはプタキロシドという発がん性物質が含まれているため、生のままでの使用は避ける必要があります。

そのため、効果的なアク抜きが欠かせません。お湯だけでできないか気になる方もいるでしょう。

本記事では、以下の点に注目しています。

 

・お湯のみでのわらびのアク抜きが可能かどうか
・アク抜きが十分にできたかどうかを判断する方法
・重曹を使わずに安全なアク抜きが可能か(代替案)

重曹がない状況でもわらびを調理するための代替方法を詳細に説明します。

わらびのアク抜きについてお悩みの方にとって、役立つ情報となれば幸いです。

スポンサーリンク

お湯だけでのわらびのアク抜きの可能性

春の山菜、わらびのアク抜きには一般的に1リットルのお湯に小さじ1の重曹を溶かして一晩漬ける方法が広く用いられています。

しかし、重曹が手元にない、あるいは重曹を使用することによる味の変化を懸念する方もいるかと思います。

そこで、お湯だけでのアク抜きの有効性を調べてみました。

 

お湯のみでのアク抜きの実際

お湯のみで一晩漬けたわらびを観察すると、重曹を用いた場合と比較して、水の色が薄くなる傾向が見られます。

しかし、この方法だけではアクが完全には抜けないため、1時間以上かけて水道水で洗い流し、水が透明になるまで十分にすすぐ必要があります。

ただし、わらびのアクはアルカリ性の水によってより効果的に取り除かれるため、通常の水道水のPH値ではアク抜きが不十分な可能性が残ります。

アク抜きの成功の確認

アク抜きがうまくいったかどうかは、わらびの切り口にぬめりがあるかどうかで判断できます。

また、アク抜き後にわらびを洗った水が濁っているかどうかも、アク抜きの程度を確認するための一つの指標です。

お湯のみのアク抜き後の重曹利用

お湯のみでアク抜きを試みたが、満足のいく結果が得られなかった場合、重曹を用いた再アク抜きを試すことが推奨されます。

 

【重曹を用いた再アク抜きの手順】

鍋でお湯を沸騰させた後、火を止めて小さじ1の重曹を加えます。わらびをお湯に完全に浸し、蓋をせずに8時間以上放置します。

その後、重曹水に漬けたわらびを流水で洗い、水が透明になるまでしっかりとすすぎます。

重要なのは、高温のお湯を使うとわらびが溶けてしまうため、お湯の温度には注意が必要です。

スポンサーリンク

わらびのアク抜きにおける重曹以外の方法

先ほど、わらびのアク抜きにお湯だけを使うとアクが完全に抜けない可能性があることをご紹介しました。

では、重曹を使わずに他の手段で効果的にアク抜きを行うことは可能でしょうか?

 

実は、重曹を用いる方法の代替として、小麦粉と塩を使用するアク抜き方法があります。

小麦粉と塩を使ったアク抜きでは、小麦粉のコロイド粒子がわらびのアクを吸着し、短時間でかつ効率的にアクを取り除くことができます。

この方法を用いれば、たった13~14分(約)でアク抜きが完了します。

 

ただし、重曹を使ったアク抜きと比較すると、微量のえぐみが残ることがありますが、多くの場合、この方法でも十分な効果が得られます。

小麦粉と塩を使ったアク抜き方法でわらびを調理しているかたも実際にいますが、これまでにお腹を壊したことはなく、味にも問題はないとのことです。

 

もちろん、お子さんや大人の方でも体調が悪い場合は注意が必要です。

そのため、以下に記す手順を試す際は自己責任でお願いします。

 

【小麦粉と塩を使ったわらびのアク抜き手順】

① 沸騰した鍋に少量の塩を加え、わらびを入れて数分間茹でます(おおよそ3~4分が適切です)。
② 茹で上がったわらびを1リットルの水に大さじ4の小麦粉を溶かした水に10分程度浸します。

まとめ

わらびのアク抜きには、重曹を用いた方法が一般的ですが、重曹がない場合やその使用に懸念がある場合、他の方法で効果的にアク抜きを行うことができます。

お湯だけでのアク抜きは、重曹を使用した場合と比較して水の色が薄い傾向にあるものの、これだけではアクが完全に抜けないため、水道水で洗い流す必要があります。

 

しかし、わらびのアクはアルカリ性の水で効果的に取り除かれるため、通常の水道水ではアク抜きが不十分な可能性が残ります。

アク抜きが成功しているかどうかを確認するには、わらびの切り口にぬめりがあるかどうかを確認します。

 

また、アク抜き後にわらびを洗った水が濁っているかどうかもアク抜きの程度を判断する指標です。

お湯だけでのアク抜きに満足できない場合は、重曹を使用した再アク抜きを試すことが推奨されます。

その手順として、沸騰したお湯に小さじ1の重曹を加え、わらびを完全に浸し、蓋をせずに8時間以上放置する方法があります。

 

その後、わらびを流水で洗い、水が透明になるまでしっかりとすすぎます。ただし、高温のお湯を使用するとわらびが溶ける恐れがあるため、温度には注意が必要です。

 

一方、重曹の代わりに小麦粉と塩を使用するアク抜き方法もあります。

この方法では、小麦粉のコロイド粒子がわらびのアクを吸着し、短時間で効率的にアクを取り除くことができます。

実際にこの小麦粉と塩をもちる方法ではと、13~14分程度でアク抜きが完了することが可能です。

 

ただし、この方法では重曹を使用した場合に比べて若干のえぐみが残る可能性がありますが、多くの場合で十分な効果が得られます。

以上の内容から、わらびのアク抜きには重曹を使用する方法が一般的ですが、お湯だけ、または小麦粉と塩を使用する方法も効果的な代替手段として検討できます。

それぞれの方法には特徴があり、アク抜きの完全さや味への影響を考慮する必要があるため、個々の状況に応じて適切な方法を選択することが重要です。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top