Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

アスパラガスの皮は剥かないとダメ?剥く理由とした準備法を解説!

アスパラガスの皮は剥かないとダメ?剥く理由とした準備法を解説!

アスパラガスを料理する時、皮の扱いに迷うことはありませんか?

アスパラガスの皮は剥かないとだめ?剥くべき?…どうかは、よくある疑問です。

中には、アスパラガスの皮が硬すぎて食感が損なわれると感じる人もいれば、皮付きのままで楽しむ人もいます。

この記事では、アスパラガスの皮を剥くべき理由とその方法を探ります。

ご参考にしてください。

スポンサーリンク

アスパラガスの皮、剥くのが一般的?剥かないとダメ?

通常、アスパラガスの皮は剥かないと食感が良くないと言われています。

皮が若干硬く、特に根元の近くは筋が多くて硬さが際立ちます。

皮をそのままにしておくと、食べた際に口の中で繊維が残りやすくなるため、多くの人は調理前に皮を剥くことを選びます。

 

しかし、新鮮なアスパラガスは根元の皮も柔らかいので、剥かずにそのまま食べることもできます。

 

特に新鮮なものや購入直後のアスパラガスは、皮付きでも美味しくいただけます。

硬い食感が好みの方や、皮の存在が気にならない方は、皮を剥かなくても問題ありません。つまり、皮を剥くかどうかは個人の好み次第です。

 

アスパラガスの皮の剥き方

アスパラガスの皮を剥く方法について詳しく説明します。

一般的には、根元から3~4センチメートルの皮を剥きます。

この部分は筋が強く、特に硬いためです。

皮を剥く際には、包丁やピーラーを使い、表面をそぎ落とすようにします。どちらの道具を使っても良いですが、ピーラーの方が手早くて簡単です。

 

時間が経過したアスパラガスを調理する場合は、根元だけではなく全体の皮を剥くのが良いでしょう。

穂先以外の部分はしっかりと剥き取ります。

剥いた皮は捨てずに再利用できます。

例えば、細かく刻んでスープに加えたり、ごぼうなどの硬い野菜と一緒にきんぴらにしても美味しいですよ。皮を剥いた後に捨てるのはもったいないので、ぜひこれらの再利用方法を試してみてください。

 

スポンサーリンク

アスパラガスの下処理:簡単で効果的な方法

このセクションでは、アスパラガスの下処理のステップをわかりやすく説明します。

湯で柔らかくする方法

① アスパラガスを入れることができるサイズの鍋やフライパンに水を入れ、沸騰させます。アスパラガスを一度に入れられるので、フライパンの使用がおすすめです。

② アスパラガスの根元を切り落とし、皮を剥きます。

③ 水が沸騰したら、少量の塩(小さじ1/2程度)を加え、アスパラガスを中火で1分30秒から2分間茹でます。

アスパラガスが長すぎて鍋やフライパンに収まらない場合は、半分に切ってから茹でてもいいですよ。

④ アスパラガスが柔らかくなったら、冷水にさらして下処理を完了させます。

電子レンジを使って加熱する方法

① アスパラガスの根元を切り、皮を剥きます。

② アスパラガスをラップで全体的に包みます。

③ 500Wの電子レンジで、アスパラガス1束(約4本)を約1分30秒加熱します。アスパラガスの太さや量によって加熱時間を調整してください。

電子レンジを使うと、水蒸気で内部が濡れることがあります。これが気になる場合は、皿にのせて加熱するといいでしょう。

④ 柔らかくなったら、冷水にさらして下処理を完了します。

個人的には、電子レンジで加熱する方法が手軽で時短になるため、おすすめです。

電子レンジで過熱している間に他の料理をすすめたり、ちょっと休憩したり。お茶を飲んだりしています。

 

ホワイトアスパラの皮の取り扱い【参考】

一般的にグリーンアスパラがよく使われますが、ホワイトアスパラも見かけることが増えています。

ホワイトアスパラはグリーンアスパラに比べて皮が厚くて硬いため、新鮮さに関係なく皮は通常厚めです。

…ということで、グリーンアスパラと比較すると「厚めに」皮を剥く必要があります。穂先の直下から皮を丁寧に剥きましょう。

 

剥いた皮は、アスパラガスと一緒に茹でることで、香りが良くなり料理にアクセントを加えます。

もちろん、硬い食感を好む方はホワイトアスパラの皮を剥かなくても大丈夫です。

 

アスパラガスの皮の扱いはお好みで!

アスパラガスの皮を剥くか、剥かないかどうかは、一般に食感を改善するために推奨されています。

皮は特に根元近くで硬く、筋が多いため、剥かないと食べた時に繊維が口に残りやすくなります。

しかし、新鮮なアスパラガスであれば皮も柔らかいので、剥かずにそのまま食べることも可能です。

剥く場合は、根元から3~4センチメートルの部分を包丁やピーラーで剥きますが、ピーラーの方が手早く簡単です。剥いた皮は、スープやきんぴらに再利用できます。

 

下処理では、湯で茹でるか電子レンジで加熱する方法があり、電子レンジは手軽で時短に効果的です。

一方で、ホワイトアスパラの皮はグリーンアスパラに比べて厚く硬いため、より厚めに剥く必要がありますが、硬い食感が好きなら剥く必要はありません。

 

アスパラガスの皮を剥くか剥かないかは……個人の好みやアスパラガスの種類と新鮮さによります。

【結論】

アスパラガスの皮を剥くか、剥かないかは、個人の好みに委ねられます。

自分に合った方法を見つけて、おいしいアスパラガスをお楽しみください!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top