Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

ぎっくり背中で仕事を休む期間は?睡眠方法や入浴について解説

ぎっくり背中で仕事を休む期間は?睡眠方法や入浴について解説

日常生活に支障をきたす背中の激痛は突如として訪れることがあります。「ぎっくり背中」と呼ばれるこの状態は、運動不足でも発生し得ます。

この痛みは、些細な動作さえも困難にさせ、日常生活に大きな制約をもたらします。

ぎっくり背中はぎっくり腰に似ていますが、痛みの範囲が広く、日常動作や呼吸にも影響します。そのため、3~4日間は仕事を休む期間をとるケースも。

 

多くの人にとって長期の休業は難しいかもしれませんが、痛みが続く期間については心配なところです。

以下で、ぎっくり背中で仕事を休む期間や睡眠、入浴方法などを解説するのでご参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ぎっくり背中による仕事を休む期間は何日?

ぎっくり背中の際には、仕事を続けることが困難になります。

このような場合、まずは職場に状況を報告することが大事です。「ぎっくり腰」ではなく「ぎっくり背中
」なので、最初は状況を理解してもらうのがたいへんなケースもありますが…

「背中が非常に痛くて仕事ができない」と説明して、状況を理解してもらうしかありません。

 

体を動かすタイプの仕事では、無理をせずに休むことが望ましいです。

多くの場合、会社・上司は無理な出勤によるリスクを理解してくれるはずです。

ぎっくり背中で仕事を休む期間が何日か…は状況次第ですが、

痛みがやわらいぐと3日目くらいには靴下を履くことができ、5日目には通常の動作が可能になる人がいます。

 

一般的には、ぎっくり背中の症状は約1週間で落ち着くことが多いと言われていますが、すぐに1週間休むと言い出すのは難しい場合もあります。

そのような時は、症状が発生した日に休みを取り、医療機関で診察を受け、治療の見通しを立ててから職場に連絡すると良いでしょう。

 

ぎっくり背中の治療と安静期間

ぎっくり背中の際の治療では、安静を保つことが何よりも重要です。

痛みが治まるまでなるべく動かないこと、トイレや着替えが困難な状況になることもあります。

医師から安静を保たないと症状が悪化する可能性があると助言される場合、3日間はほとんどベッドで過ごして安静にするのがよいでしょう。

冷湿布を使用することで痛みを和らげることができたりもしますが、無理は禁物です。

スポンサーリンク

ぎっくり背中の場合の入浴について

ぎっくり背中になった直後に温めたりマッサージしたりすることは避けるべきです。

これらの行動は血行を促進し、炎症を悪化させる可能性があります。

入浴は結構を促進してしまうので、気分はさっぱりしますがぎっくり背中には逆効果。

血行が促進されると痛みが増すため、発症当日や痛みが酷い場合は入浴を控えることをお勧めします。

 

背中の激痛を和らげる睡眠方法

「ぎっくり背中」という状態で背中に激痛を感じると、日常生活が大きく制限されます。

深い睡眠を取ることは困難であり、単純な寝返りさえも激しい痛みを伴います。

対策の一つは、痛みのある側を上にして横向きに寝る方法です。例えば、背中の右側に痛みがある場合は、左側を下にして横になると、痛みが幾分か軽減されるよう。

 

また、動く際には腹筋を意識的に使うことが大切です。

安静を保ちつつ、動かなければならない時には、腹筋に力を入れて行動することで、背中への負担を減らすことができます。

これは、腹筋が背筋の働きを補い、背中の筋肉の使用を減らすからです。普段無意識のうちに使っている背筋を、意識して休ませることが回復への鍵となります。

 

このような方法を試しながら、「痛みが少なく感じる角度」を見つけることが重要です。

安静にすることは辛いですが、痛みからの回復には不可欠です。辛抱強くこれらの方法を試してみてください。

 

ぎっくり背中の主な原因

一般的に、私たちの筋肉は柔軟であり、様々な動きに対応できるはずです。

しかし、運動不足や無理な姿勢によって筋肉が弱くなったり硬くなったりし、これが積み重なると、ほんのわずかな負荷で筋肉が損傷を受けることがあります。

特に猫背や長時間のデスクワークが原因で、背中の筋肉に疲労が蓄積しやすくなります。

 

運動を定期的に行っていても、筋力が低下するとぎっくり背中のリスクが高まります。これは一般的にはあまり知られていない症状ですが、実際には多くの人が経験しています。

やはり…定期的な、適度な運動は大事ということです。

 

まとめ

「ぎっくり背中」による急激な背中の痛みは通常の仕事を続けるのを困難にし、背中仕事休む期間が必要です。

症状の度合いによりますが3日~5日は安静、約1週間で改善がみえてきます。

とはいえ、直ぐに長期休暇を取るのは難しいため、最初に医療機関を受診し、治療期間を確認してから職場に連絡することが良いでしょう。

冷湿布で痛みを和らげつつ、温めたりマッサージする行為は避ける、発症当日の入浴は控えることが推奨されます。

 

寝る際は痛みのある側を上にし、腹筋を使って動くことで痛みが軽減されます。

ぎっくり背中の原因は運動不足や無理な姿勢による筋肉の弱化や硬直で、長時間のデスクワークや猫背が背中の筋肉疲労を蓄積し、筋力低下でリスクが高まります。

ぎっくり背中になってしまったらまずは回復に集中して、回復後は定期的な・適度な運動をこころがけましょう!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top