Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

粉ミルクは水道水で割るの危険?ミネラルウォーターも注意点あり!

粉ミルクは水道水で割るの危険?ミネラルウォーターも注意点あり!

赤ちゃんのための粉ミルクを用意する際、直接の水道水で割ることは本当に安全なのでしょうか?危険ははいのでしょうか?

手軽さは魅力的ですが、赤ちゃんの健康に与える影響を考えると、気になることですよね。

実は、直接水道水を使うのはあまりお勧めできません。

 

安全に粉ミルクを作るためには、水道水をしっかり沸騰させ、冷ました「湯冷まし」を使用することが大切です。

 

では、なぜ水道水を沸騰させる必要があるのでしょうか?この記事では、その理由について詳しく解説しています。

「水道水で簡単にミルクを作れたら便利だけど…」と多くの親御さんが考えるかもしれません。しかし、赤ちゃんの安全が最優先です。

 

水道水を直接使わずに、効率的にミルクを作る方法もあります。この記事では、次の2点に注目して解説しています。

・赤ちゃん用粉ミルクにおける水道水の使用リスク
・簡単で安全な湯冷ましの作り方

赤ちゃんに安全かつ迅速にミルクを与えたいと考える親御さんにとって、役立つ情報が満載です。ぜひお読みください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの粉ミルクに水道水で割る際の注意事項

赤ちゃんの成長に不可欠な粉ミルクを安全に作るため、水道水の直接利用は避けた方が良いでしょう。

水道水を使用する場合には、最低10分以上沸騰させた後、冷ました「湯冷まし」を使用することが必須です。

では、なぜ水道水をそのまま使うと問題が生じるのでしょうか?その理由は主に以下の3つの点に集約されます。

① 水道水中の不純物

一般的に、水道水には塩素が添加されています。

これは水中の細菌を除去するために使われるものですが、その過程でトリハロメタンなどの有害物質が発生することがあります。

日本の水道法では、これらの物質の量は家庭での使用において健康に影響がないレベルに制限されています。しかし、免疫力が未熟な赤ちゃんの場合、水道水をそのまま使用するのは避けた方が無難です。

② 鉛の溶出の危険性

古い建物における水道管には、鉛が含まれていることがあります。

水道水に鉛が溶け出すと、それを摂取した赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。もし自宅の給水管が鉛製であるなら、特に注意が必要です。

③ 貯水槽の水質問題

集合住宅やビルなどでは、水道水を一時的に貯水槽に蓄えてから各世帯へ供給するシステムが採用されていることがあります。

しかしながら、特に小規模な貯水槽には法的な検査義務がなく、水質が常に安全であるとは限りません。

貯水槽の管理に不安がある場合、水道水の使用は控えるべきです。

粉ミルクを安全に用意するためには、水道水を沸騰させて不純物を取り除くことが肝心です。10分以上沸騰させることにより、水中の大半の不純物が除去されます。

この方法で処理した水を使用することを推奨します。

もし万が一、水道水を使ってしまい赤ちゃんに与えてしまった場合は、焦らずに赤ちゃんの体調や機嫌の変化に注意を払ってください。

具体的には、以下のような変化があるかもしれません.

・便の状態が普段と異なる
・下痢が発生する
・ミルクの摂取量が変わる
・機嫌がいつもと違う

こうした変化が見られる場合は、赤ちゃんの健康に関する問題があるかもしれませんので、必要に応じて医療機関に相談することが大切です。

変化が見られなかったとしても、今後は安全のために沸騰させた水を使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

簡単にできる!赤ちゃん用の湯冷ましの作り方

赤ちゃんの健康的な成長には欠かせないミルク作りにおいて、湯冷ましは重要な役割を果たします。

ここでは、誰にでも簡単にできる、かつ時間短縮にも効果的な湯冷ましの基本的な作り方をご紹介します。

 

やかんや鍋に水を入れ、蓋をしないで強火にかけ、沸騰させます。

沸騰したら、さらに10分以上続けて沸騰させます。

このステップで水道水中の不純物が減少します。

10分以上沸騰させた後は、お湯が適温に冷めるまで待ちます。これで湯冷ましが完成します!

注意:沸騰を続けることで水中の不純物が蒸発します。最低でも10分間の沸騰が必要です。

湯冷ましの保存期間はどのくらい?

湯冷ましは、冷蔵庫で保存することで24時間以内に使うのが望ましいです。

不純物が減少しているため雑菌が繁殖しやすくなるので、長期保存は避けましょう。

湯冷ましの他の使い道

・赤ちゃんの水分補給
・便秘解消に効果的

通常、母乳やミルクが主な水分源ですが、湯冷ましを与えることも効果的です。特に便秘の際には、湯冷ましを与えることで便を柔らかくし、排泄を促進する効果が期待できます。

ミネラルウォーターで湯冷ましを代用することはできるのか?

ミネラルウォーターを使用する場合、赤ちゃんにやさしい「軟水」を選びましょう。

硬水は含まれるミネラル量が多く、未熟な赤ちゃんの消化器官に負担をかける恐れがあります。

ミネラルウォーターを使う際のポイント

普段は自宅で沸騰させた湯冷ましを使うことが一般的ですが、急に必要になった場合、ミネラルウォーターを使用することもあります。

この際は、赤ちゃんに安全な水を選ぶために、ミネラルウォーターの種類=軟水を使用するよう注意しましょう。

粉ミルクを水道水で割る時の注意点・まとめ

粉ミルクを水道水で割り作ってもいいのか?

→直接の水道水の使用は避けるべきです。粉ミルクを作る際には、必ず10分以上沸騰させた湯冷ましを使いましょう。

10分以上沸騰させることにより、水道水の塩素やその他の不純物を除去できます。

この方法なら、日本の水道水も赤ちゃんにとって安全なミルク作りの原材料になります。

育児は大変ですが、赤ちゃんに安全かつ迅速にミルクを提供することは非常に重要です。

この記事が皆さんの役に立つと幸いです。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top