Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

きつい靴を伸ばす方法:スニーカーの締め付け解決策

きつい靴を伸ばす方法:スニーカーの締め付け解決策

「オンラインで購入したスニーカーが足先を締め付ける感じがして、サイズが小さいかもしれない」

「店で試着したときはちょうどよかったのに、家で履いてみると横幅が狭く感じる」

こんなふうに、新しいスニーカーを買って後悔することがあるかもしれません。きつい靴を伸ばす方法を上手く活用していきたいところですよね。

 

履き始めは少し狭く感じることがありますが、時間とともに靴は足に馴染んできます。

でも、それには時間がかかることもあります。早く馴染ませたい場合は、シューズストレッチャーを使うのも良いでしょう。

 

しかし、最初から「明らかに狭い」と感じたり、親指に痛みがある場合は、無理をせず返品を検討しましょう。

返品期間が過ぎてしまった場合は、靴の買取を検討するのも一つの方法です。

この記事では、新しいスニーカーが足に馴染むまでの時間、サイズの調整方法、スニーカーの選び方について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

新しく買ったスニーカーが締め付ける!慣れるまでの期間と対応策

新しいスニーカーを履くと、最初は締め付けられるような感覚があるかもしれません。でも、時間が経てば足に馴染み、快適になることが多いです。

それでは、スニーカーが足に馴染むのにどのくらいかかるのでしょうか。

 

◆毎日履く場合:2~3日から1週間
◆週に2~3回履く場合:10日から1ヶ月

スニーカーの素材や履く時間にもよりますが、これが目安となります。

 

例えば、コンバースやVANSのキャンバス素材の靴は早く柔らかくなりますが、アディダスのスタンスミスのようなレザーや合成皮革の靴は時間がかかります。

きつい靴を伸ばす方法として「履きながら」ではなく、調整ができると良いですよね。

 

・小さいサイズの対処法

足がむくむことで、朝に合っていたサイズが実際には合わないこともあります。

無理して履き続けると怪我の危険もあるため、無理せずに1サイズ大きいものに交換したり、返品したりすることがおすすめです。

 

・中敷きで調整する

中敷きを取り出すことで、ある程度のスペースが確保できます。

これは靴の高さだけでなく、横幅にも余裕を与えることができます。

靴が窮屈な時、自宅でできるきつい靴を伸ばす方法

新しく購入した靴が足に合うまでには時間が必要で、特に親指が靴に当たって痛みが生じたり、靴擦れができたりすることがあります。

このような状況を解決するために、家でできるきつい靴を伸ばす方法をいくつかご紹介します。

 

・新聞紙を使った方法

新聞紙をたっぷりと詰め込むことで、靴を広げることができます。

新聞紙を詰めた状態で一晩放置するか、新聞紙を詰めてドライヤーで温めると効果が高まります。

 

・冷凍法

新聞紙がない場合は、水を使った冷凍法が効果的です。

ジップロックバッグに水を入れてしっかりと密封し、水を入れたバッグを靴の中に入れます。

その靴を冷凍庫に入れます(既に履いた靴は袋に入れると良いでしょう)。

水が凍るまで待ちます。

バッグを取り出し、取り出せない場合は室温で解凍します。水→氷の体積変化を利用する方法です。

 

・ドライヤーを使用した伸ばし方

厚めの靴下を2枚重ねて履き、その上からスニーカーを履きます。

靴全体に均等にドライヤーの温風を当てて約30秒間続けます。

注意する点は、温風が強すぎないようにすることです。ドライヤーを当てる間に足を動かすと、靴が徐々に広がります。

 

・シューストレッチャーの使用

シューストレッチャーは靴を内部から広げる専用道具です。きつい靴を伸ばす方法として「ストレート」なやり方です。

靴専門店やスポーツ用品店で購入可能です。

履いていない時に靴の中に入れておくと、徐々に靴が広がります。

効果を実感するまでには通常3日から数日かかります。外出時に靴を履き、帰宅後に再びシューストレッチャーを入れるとより効果的です。

これらの方法は、少し狭い感じの靴に適しています。

履いた瞬間から歩くのが困難であるか、痛みがある程度の靴は、サイズが合っていない可能性が高いので、適切なサイズの靴に交換することをお勧めします。

 

・つま先が狭くかかとがゆるい場合

つま先が締め付けられる一方で、かかとがゆるい場合は対処が必要です。

スニーカーの場合は靴ひもをきちんと結ぶことで問題が解決しますが、パンプスなどでは、中敷きで高さを調整するのが効果的です。

また、かかとが浮かないようにする専用のパッドも市販されています。

 

・靴修理店へ相談

近くに靴修理専門の店があれば、相談に行くのも良い方法です。店によって異なりますが、一般的に修理費用は2000円前後です。

専門家に相談することで、靴の問題が効果的に解決される可能性があります。

スポンサーリンク

快適なスニーカーの選び方と履き心地を改善するポイント

新しいスニーカーを選ぶ際には、サイズが合わず足が痛くならないよう注意が必要です。

以下に、スニーカーを選ぶ際の重要なポイントをご紹介します。

適切なサイズ感を選ぶ

スニーカーを選ぶ際は、実際の足のサイズよりも0.5㎝~1㎝大きいサイズを選ぶことがおすすめです。

通常、スニーカーは革靴に比べて、足先の空間が狭めに設計されており、底部にクッションがあるため、同じサイズであっても窮屈に感じることが多いです。

そのため、少し大きめのサイズを選ぶと快適に履けます。

試着のベストタイミング

足のサイズは一日の中で変動します。

特に夕方や夜にはむくみが生じ、足が大きくなることがあります。

そのため、試着は夕方以降が理想的ですが、朝に試着する場合は、むくみを考慮してサイズを選びましょう。

オンラインショッピングではなく実店舗に行く場合は「時間」を意識してみてください。

靴下の厚さを考慮

靴下の厚さは、試着時のフィット感に影響します。

試着する際は、その日に履いている靴下の厚さを考慮することが大切です。

また、一年中使用するスニーカーであれば、夏用の薄い靴下と冬用の厚い靴下の両方を考慮したサイズ選びが必要です。

少し窮屈なスニーカーを馴染ませる方法まとめ

新しいスニーカーが少し窮屈な場合、毎日履くことで2日から1週間程度で馴染むことが多いです。

しかし、週に数回しか履かない場合は時間がかかることも。より早くきつい靴を伸ばしたい場合は、ドライヤーやシューストレッチャーなどの道具を利用するのも良いでしょう。

 

ただし、履いてみて明らかにサイズが合わない場合は、使用していない状態で返品や交換を考えましょう。

 

スニーカーは多くの場合、小さめに作られているため、初めから少し大きめのサイズを選ぶと足にフィットしやすくなります。

サイズが合わない靴を無理に履き続けると足に問題を引き起こすこともあるので、適切なサイズ選びが重要です。

とはいえ、かなり使用してしまった場合は、返品や交換が難しくなるので、買取サービスを利用することをお勧めします。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top