Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

ニンニクの芽のにおいはクサい?食べたら・お弁当にも影響あるか解説

ニンニクの芽のにおいはクサい?食べたら・お弁当にも影響あるか解説

ニンニクの芽、別名茎ニンニクは、5月から6月にかけて旬を迎え、栄養素としてビタミンCやカルシウムが豊富です。

年間通して、輸入されたニンニクの芽がスーパーマーケットで見られますし、冷凍されたものも一般的です。

 

ニンニクの芽を活用した料理は多彩で、食欲をそそるものですが、独特の強いにおい…「におい」が気になることもあります。

この記事では、ニンニクの芽のにおいの特徴と、その保存方法について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

ニンニクの芽を食べると身体のにおいにどんな変化が?

ニンニクの芽から発せられる強烈なにおいの主因はアリシンという成分です。

空気に触れることでにおいを放つアリシンは、もともと無臭のアリインから調理過程で生成されます。

この変化が起こると、強いにおいが発生し、食後約3時間は口の中ににおいが残ることがあります。

 

口臭への対策

ニンニクの芽を多く摂取すると、口臭だけでなく全身のにおいにも影響を及ぼすことがあります。

ニンニクの芽のにおいが気になる場合は、予防策を取ることが大切です。

 

アリシンはタンパク質と結びつきやすいので、タンパク質が豊富な低脂肪の牛乳などを食事と一緒に摂るとにおいが抑えられます。

また、緑茶に含まれるカテキンもにおいを抑えるのに効果的です。

 

消化後のガスの臭いはどうなる?


ニンニクの芽を食べることは、消化後に発生するガスの臭いにも影響を及ぼすことがあります。

ニンニクには強い殺菌効果があり、善玉菌を抑制して悪玉菌が増えることで、ガスが臭くなることがあります。

これはアンモニアや硫黄成分の増加が原因です。

 

さらに、ニンニクの芽を摂取すると、尿や汗を通じてもにおいが排出されることがあります。

過剰摂取は消化器系に負担をかけ、消化不良や腹痛の原因となることもあるため、適量を摂ることが重要です。

とはいえ、ニンニクの芽を食べても「実」に比べたら強いにおいがすることは少ないと感じるでしょう。

 

スポンサーリンク

お弁当に加えるニンニク芽の工夫

お弁当にニンニク芽を入れると、色鮮やかで味も豊かになりますが、強いにおいが気になることもあります。

このにおいを抑える工夫は重要です。

 

お弁当用にニンニク芽を使う時は、事前に湯通しすることをお勧めします。

湯通しすることでにおいが穏やかになりますし、照り焼き風に調理するとより食欲をそそる味わいになります。

また、ニンニク芽を豚肉で巻いて揚げると、においが抑えられ美味しくいただけます。

 

ニンニク芽の保存方法

ニンニク芽は湿気を帯びやすいので、常温保存は不向きです。

短期間で消費する場合は、冷蔵が適しています。特に野菜室での保管が良いでしょう。

 

生のニンニク芽は切らずに保存するのが最適で、切るとにおいが強まり酸化しやすくなります。

湯通ししたニンニク芽は密閉容器に入れて冷蔵保存すると新鮮さを保ちつつにおいも抑えられます。

生のものは3~5日、湯通ししたものは1~2日が使い切りの目安です。

 

・長期保存時のコツ

より長く保存する場合は、冷凍が最良の方法です。

湯通しした後、すぐに氷水で冷やして鮮やかな色を保ちましょう。冷えたら水気をよく取り、適当なサイズに切って保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍します。

これで約2ヶ月は保存可能で、必要な分だけ取り出して使うことができます。湯通し済みなので、においも気になりません。

 

ニンニクの芽のにおい対策とそのメリット

ニンニクの芽は普通のニンニクに比べてにおいが穏やかですが、料理に使うと独特のにおいが生じます。

ニンニクの芽はアリシンという成分によって特徴的なにおいを発します。

 

このにおいは調理過程で無臭のアリインがアリシンに変化することで生じ、食後約3時間は口臭として残ることがあります。

このにおいを抑えるためには、食前に牛乳や緑茶を飲むことが有効です。食後には、リンゴやチョコレートなどポリフェノールを含む食品を摂るとにおい消しに役立ちます。

 

お弁当にニンニクの芽を入れる場合、事前に湯通ししてにおいを穏やかにすることが推奨されます。照り焼き風に調理するか、豚肉で巻いて揚げると、においが抑えられます。

ニンニクの芽の保存においては、湿気が多いため常温保存は適しません。

短期間ならば冷蔵庫の野菜室で生のまま保存し、湯通ししたものは密閉容器に入れて冷蔵することでにおいを抑えつつ新鮮さを保ちます。

生のものは3~5日、湯通ししたものは1~2日が使用の目安です。

 

長期保存の場合は、湯通し後に氷水で冷やし、水分を取ってから適切なサイズに切り、保存袋に入れて冷凍すると、約2ヶ月間保存が可能で、必要な分だけ使えます。こ

の方法はにおいも気にならない利点があります。

ニンニクの芽は、生のニンニクよりもカルシウムやビタミンCを多く含んでおり、様々な料理に適しています。油との組み合わせが良く、炒め物や揚げ物にすると、食感と風味が一層際立ちますよ。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top