Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

プラスチックの黄ばみを激落ちくんで! ワイドハイターほか落とすコツを解説!

プラスチックの黄ばみを激落ちくんで! ワイドハイターほか落とすコツを解説!

時間が経過するにつれて、プラスチック製品が黄ばむのは避けられない事実です。

この黄ばみは製品の見た目を悪くし、清潔感を損ねます。多くの人がこの問題に直面し、黄ばみを取り除く方法を模索していることでしょう。

 

幸い、「激落ちくん」のような製品を使えば、黄ばんだプラスチックを元の輝きに戻すことができます。

この記事では、激落ちくんでのクリーニング方法と、それが効かない場合に試せる代替手段についてもご紹介します。

プラスチックを新品同様の状態へと復活させる方法を、ここで探求してみましょう。

 

スポンサーリンク

プラスチック黄ばみ除去: シンプルなステップで美しさを取り戻そう!

長く使い続けたプラスチック製品は徐々に黄ばみを帯びていきます。

家の中にあるさまざまなプラスチック製品、例えば何年も前から使っている収納ボックスも、時間と共に黄ばみが目立つようになります。

黄ばみは製品の魅力を損ね、古びた印象を与えてしまいます。

 

黄ばみ除去のコツ

黄ばんだプラスチックをきれいにする方法はいくつかありますが、「激落ちくん」を使う方法は手軽かつ効果的です。以下では、激落ちくんを使用した黄ばみのクリーニング方法を紹介します。

・クリーニングの手順

1. 激落ちくんを水でたっぷり濡らします。
2. 軽く絞り、水が滴るほどではなくなるようにします。
3. 黄ばんだプラスチックの部分をやさしくこすります。

この方法だけで、激落ちくんを使用してプラスチックの黄ばみを取り除くことができます。しかし、強くこすりすぎると、製品に傷がつく可能性があるので注意が必要です。

 

・使用時の注意点

激落ちくんは、光沢のあるプラスチック製品には適していないことがあります。また、製品の表面を傷つける可能性があるため、目立たない場所で試すことをお勧めします。

激落ちくんは多くの黄ばみを効果的に取り除くことができますが、黄ばみにはさまざまな種類があり、すべてに対応できるわけではありません。

 

・黄ばみの原因と対策

黄ばみは、添加物の化学反応やプラスチックの経年劣化によって生じます。激落ちくんで取り除けるのは表面に付着した汚れが原因の黄ばみですが、他の原因による黄ばみには異なる方法が必要です。

 

・激落ちくんで取り除けない黄ばみの解決策

激落ちくんで黄ばみが取れなかった場合でも、他にも解決策はあります。

この記事の後半では、ワイドハイター、オキシクリーン、オキシドールを使った黄ばみ除去法を詳しく解説しています。これらの情報を参考にして、プラスチック製品をもとのきれいな状態に戻しましょう。

 

スポンサーリンク

プラスチック黄ばみを新技術で解消: ワイドハイターと太陽の力で!

先ほどプラスチックの黄ばみを手軽に落とす方法として、「激落ちくん」の利用をお伝えしました。これは、主に表面の汚れが原因で生じた黄ばみに対して有効ですが、すべての黄ばみを落とせるわけではありません。

他の黄ばみへの対処法は?

「激落ちくん」では落とせなかった黄ばみには、ワイドハイターの使用をおすすめします。

ワイドハイターは、プラスチックに含まれる化学物質が原因で生じる黄ばみや、長期間にわたる黄ばみに特に効果的です。

ワイドハイターを使った黄ばみ除去方法を一緒に見ていきましょう。まずは、必要なものを用意しましょう。

 

・準備するもの

– ワイドハイター
– 漬け込み用の容器(バケツなど)
– ラップ

これらを準備できたら、黄ばみ除去を始めましょう。

 

・除去方法

1. 黄ばんだ箇所のホコリや油分をきれいに取り除きます。
2. 黄ばみが完全に覆われるように、その部分を容器に入れます。
3. ワイドハイターを黄ばんだ部分がしっかり浸かる量で容器に加えます。
4. 蒸発を防ぐため、容器をラップでしっかりと覆います。
5. 直射日光の下で、1日から1週間ほど置いておきます。
6. 最後に、水でしっかりと洗い流し、完全に乾かします。

ワイドハイターに含まれる漂白成分と太陽の紫外線が組み合わさり、黄ばみを効率的に除去してくれます。黄ばみの程度に応じて漬け込む時間を調整することが大切です。

すぐに結果が出ない場合でも、気長に待ってみてください。長い期間漬け込む必要がある場合は、ワイドハイターの液を新しくすることを考えましょう。

 

・注意事項

ワイドハイターは電子機器には使用できません。黄ばみを取り除く部分が取り外せる場合は、その部分だけを対象にしてください。

 

キッチン漂白剤、プラスチックの色褪せには効かない!


プラスチックの色褪せに効くとされるワイドハイターのような製品の話を聞くと、キッチン漂白剤でも同様の効果が期待できるのではないかと思うかもしれません。

ですが、実際にはキッチン漂白剤ではプラスチックの色褪せを改善することはできません。

キッチン漂白剤は塩素系で、酸素系のワイドハイターとは作用が異なり、プラスチックに使用すると逆に表面を傷めたり、汚れがつきやすくなるリスクがあります。

名前が似ているからといって同じように使えるわけではないので、プラスチックの色褪せにはワイドハイターの使用をお勧めします。

 

オキシ製品でプラスチックを再生させよう!

「激落ちくん」や「ワイドハイター」でプラスチックの色褪せを扱う方法をご紹介しましたが、もし家にこれらがない場合でも心配はいりません。

プラスチックの色褪せは、「オキシクリーン」や「オキシドール」のようなオキシ系製品を使っても解消することができます。

これらは家庭で広く用いられているアイテムで、もしかすると既に持っているかもしれません。ここではオキシクリーンを使ったプラスチックの色褪せ解消法をご紹介します。


・オキシクリーンを使った準備

– オキシクリーン
– 漬け置き用の容器(バケツなど)


・黄ばみ解消手順

1. 40~60℃のお湯4リットルにオキシクリーンを大さじ1溶かします。
2. 色褪せたプラスチック製品を溶液に浸します。
3. 20分から1時間程度そのままにしておきます。
4. その後、水ですすぎ、しっかりと乾燥させます。

オキシクリーンは衣類やキッチン、浴室、洗濯機の掃除に役立つ万能洗剤です。我が家では布巾を漬け置きするのに毎日使用していますが、皆さんの家ではどのように使っていますか?

もし手持ちにオキシクリーンがあれば、プラスチックの色褪せに試してみてはどうでしょう。また、オキシクリーンは多用途に使えるので、持っていなければ購入しても後悔はありません。

プラスチックをきれいに戻す新たな方法として、オキシクリーンの使用を検討してみてください。

 

・電子機器にオキシクリーンはNG、正しい黄ばみ取り方法を選ぼう

オキシクリーンの使用は、電子機器には適していないため注意が必要です。

電子機器の表面を清掃する場合は、可能であれば部品を取り外してから行うことが望ましいです。さらに、オキシクリーンを密閉した容器で使う際は、化学反応が原因で爆発する恐れがあるため、安全に配慮してください。

 

オキシクリーンと日光の相乗効果、黄ばみに与える影響

オキシクリーンとワイドハイターはどちらも酸素系洗剤ですが、オキシクリーンを日光の下で使用すると黄ばみが悪化することがあります。

これは、オキシクリーンが過炭酸ナトリウムを主成分とし弱アルカリ性であるため、紫外線と反応して黄ばみを促進してしまうからです。

そのため、オキシクリーンを使用する際は直射日光を避けることが重要です。

 

オキシドールでのプラスチック黄ばみ除去法

消毒用としても使われるオキシドールは、プラスチックの黄ばみ取りにも効果的です。以下にその準備物と方法を紹介します。

・必要なもの

– オキシドール
– キッチンペーパー

 

・除去方法

1. オキシドールをキッチンペーパーに染み込ませます。
2. 黄ばんだ箇所にキッチンペーパーを貼り付けます。
3. オキシドールが乾かないようにキッチンペーパーをラップで覆います。
4. しばらく放置した後、乾いた布で拭き取ります。

オキシドールに含まれる過酸化水素は、ワイドハイターにも含まれる成分で、同じような漂白効果があります。しかし、オキシドールは水で洗い流せない素材にも使え、界面活性剤を含まないため残留物が少なく、簡単に拭き取ることができます。

 

・使用上の注意

オキシドールは、水で洗い流せない素材にも使用できますが、長時間放置すると色落ちの可能性があります。また、オキシドールはワイドハイターよりも黄ばみ取り能力が低めです。

これは、オキシドールの過酸化水素濃度が低く、漂白を促進する成分が含まれていないためです。水で洗えるものには、より効果的なワイドハイターの使用をお勧めします。

 

プラスチック黄ばみ取りガイド

激落ちくんを使えば、プラスチックの表面の黄ばみを効果的に除去できます。

ワイドハイターも、激落ちくんで取り除けなかった黄ばみに対して有効です。オキシクリーンやオキシドールも、適切な状況下ではプラスチックの黄ばみ取りに役立ちます。

このガイドでは、激落ちくんを用いた黄ばみ除去方法を細かく説明しました。ただし、化学反応やプラスチック自体の劣化による黄ばみには、激落ちくんでは対応できません。

その場合は、ワイドハイターやオキシドールを試して、プラスチック製品を再び美しく蘇らせてみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top