Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

ツバメが巣を作る前兆と対策と撤去の注意を解説!

ツバメが巣を作る前兆と対策と撤去の注意を解説!

ツバメの巣作りを防止するには、巣作りが始まる前兆をキャッチして適切な対策を行うことが重要です。

ここでは、簡単にできる方法から少し手間がかかるものまでさまざまな対策を紹介します。また、ツバメが巣作りをする季節や巣作りの初期サイン、巣を不当に撤去する行為が違法になる場合についても説明します。

スポンサーリンク

ツバメが巣を作る前兆をキャッチ!

ツバメが巣作りを始めるサイン=前兆として、壁に泥が付着しているのが見られます。

ツバメは泥や藁、枯葉を唾液で固めて巣を作るため、壁にこれらの材料が付いている場合、巣作りが開始された可能性が高いです。

このような場合、こまめに泥を取り除く作業が必要になります。

さらに、ツバメが巣を作る前兆として家の周りを頻繁に飛び回ったり、軒下に留まるのも巣作りの前兆とされます。

餌探しや休息のための行動かもしれませんが、巣作りに適した場所を探している可能性もあります。

ツバメが周囲を飛び回っている場合は、巣作りの兆候として注意が必要です。

ちなみに私の妹はツバメの巣歓迎派で毎年ヒナが生れることを楽しみにしています。だから壁の泥=巣を作る前兆を喜んでいます。

とはいえ、人によって・状況によって歓迎できない方もいるはず。

ツバメの巣作りを防ぐための対策

ツバメの巣作りを防ぐ対策として、以下の方法があります。

アルミホイルの使用

一般的なアルミホイルを利用し、ツバメが好む箇所に貼り付けるか、吊り下げる方法です。

手軽に実行できますが、外観が損なわれる可能性があるため、その点を考慮する必要があります。

ガムテープの壁への貼付

凹凸のある壁面に巣を作るツバメを防ぐために、壁にガムテープを貼って滑らかな表面を作ります。

この方法は効果的ですが、外見上の問題が生じる可能性があります。

ネットの設置

細かいネットを設置し、ツバメが近づくのを防ぐ方法です。

手に入りにくい場合は、複数のネットを重ねて使用することも効果的です。

スプレーの使用

外観を損なわない方法として、鳥が嫌がるスプレーの利用があります。

市販されている鳥用スプレーを活用し、ツバメが頻繁に訪れる場所にスプレーします。これにより、定期的なスプレーが必要ですが、見た目に影響せずに対策を行えます。

ただし、ツバメ専用のスプレーが少ないため、効果には個体差があるかもしれません。

スポンサーリンク

ツバメの巣作りシーズンと好みの場所

ツバメは通常、3月末から6月末にかけて巣作りをしますが、その時期は地域によって異なります。

例えば、温暖な九州や四国では3月の終わり頃から、そして中国地方や関東地方でも春が進むにつれ巣作りが活発になります。

日本に渡ってきたツバメは、パートナーを見つけた後、巣作りに適した場所を探します。ツバメが好む巣作りの条件を紹介します。

雨風から守られる場所

ツバメは雨や風から守られる場所を選びます。たとえば、玄関の軒下はツバメにとって理想的な巣作りの場所となります。ここは巣が壊れにくく、安全に繁殖活動ができます。

ツバメが雨や風から身を守る場所を見つける能力は、自然界で生きる彼らの素晴らしい本能です。

天敵のいない場所

ツバメにとっての天敵とは、蛇、カラス、猫などがいます。そこで、これらの天敵がいない、人の出入りが多い場所を安全と感じます。

駅のホームなど、人が多く行き交う場所で巣を作るツバメも見られますが、これは人間が多い場所がツバメにとって安全だと感じるためです。

泥が付きやすい凸凹のある壁

凸凹のある壁は泥が付きやすく、ツバメにとって巣作りがしやすい環境を提供します。

巣作りに適した場所を見つけることは、ツバメにとって非常に重要で、しっかりとした巣が作れるかどうかを判断する際に、凸凹のある壁が選ばれる傾向にあります。

​​

ツバメの巣撤去の法的な制限とタイミング

ツバメが巣を作り始めた段階での撤去は法律的に問題ありません。

しかし、巣の中に卵や雛が存在する場合、その撤去は法律違反となりますので注意が必要です。

 

ツバメは「鳥獣保護法」によって保護されており、この法律は鳥類の卵を採取することを禁止しています。そのため、卵や雛がいる巣の撤去は法律に違反する行為となります。

もちろん、自宅にあるツバメの巣を自由に扱いたいという気持ちはわかりますが、法的な規制がある以上、慎重な対応が求められます。

巣立ちまで待ってから静かに撤去することが望ましいです。

巣立ち後の巣の撤去には問題はないので、その際には迅速な対策を行うことをお勧めします。

行政の許可を得ての撤去

ツバメの巣が深刻な問題を引き起こしている場合、行政の許可を得ることで合法的に撤去が可能になることがあります。

ただし、そのためには正当な理由が必要な場合があるため、地域の行政窓口に相談することを推奨します。卵や雛がいない状態の巣の撤去には法的な問題はありません。

巣作りが始まるとすぐに対応し、撤去後も継続して対策を行うことが重要です。

ツバメの巣作り対策とその前兆・まとめ

ツバメが巣を作らないようにするためには、前兆をキャッチして早期に対策を行うことが重要です。

アルミホイルやガムテープを使った方法は手軽で効果的で、ネットを張る方法は少し手間がかかりますが、効果が長持ちします。

ツバメが巣作りを始める時期は地域によって異なるので、家の周囲を飛び回るツバメや壁に泥が付着している兆候を見たら、すぐに対策を取ることが重要です。

 

卵や雛がいる巣の撤去は法律違反となりますので、撤去には注意してください。

巣立ち前や巣立ち後の撤去は法的な問題はありませんので、安心して行ってください。

毎年春、ツバメの巣が問題になる可能性があるかもしれませんが、ここで紹介した対策を実施して、ツバメの季節を無事に乗り切りましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top