Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

香水香ってるかわからない!オススメのつけ方・選び方を解説!

香水香ってるかわからない!オススメのつけ方・選び方を解説!

香水をつけたにもかかわらず、香水が香ってるかわからない!

最初は香っているのにすぐに消えてしまう!と思えることがあります。

これは、人間の嗅覚が香りに慣れる性質によるものです。実際には香水の香りは残っていて、周りの人にもちゃんと感じられています。

香りが消えやすい体質には、体温の高さ、代謝の活発さ、肌の乾燥などが関係しています。これらがどう香水の香りに影響し、どのように対応すればよいのかについて詳しくご説明します。

スポンサーリンク

香水が香ってるかわからない理由

香水をつけたものの、すぐに香りがしなくなると感じることがあるかもしれません。

この現象の主な原因は、人間の嗅覚の特性にあります。長時間同じ香りを嗅ぎ続けると、その香りを感じにくくなるのです。

例えば、普段は自宅や自分の衣服の香りに気づかないものの、旅行から帰ってきたり、洗濯したての服を着ると香りが際立つ経験がありませんか?

これは、馴染みのある環境や衣服の香りに鼻が慣れてしまっているからです。

 

このため、香水をつけていても自分では感じにくくても、他の人にはしっかり香っている可能性が高いです。逆に自分で強く香りを感じ続けている場合、他の人にとっては香りが強すぎるかもしれません。

香水の香りが消えやすくなるその他の理由には、以下のようなものがあります。

・汗をかくこと
・体温が高い部分に香水をつけること
・乾燥肌であること

香水はその性質上揮発しやすく、体温が高い人や代謝が活発な人は、そうでない人に比べて香りが早く消えることがあります。

また、乾燥肌の場合、肌に十分な潤いがないと香水も揮発しやすくなります。これは、乾燥した時期に化粧水を塗ってもすぐに肌が乾燥してしまうのと同じ原理です。

香水の香りの持続性には個人差があるため、自分に合った対応方法を見つけることが大切です。

​​

香水の香りが早く消える理由とその持続力

香水の持続時間は、香水のタイプによって異なります。香水のタイプごとに含まれる香料の濃度が違うため、香りの持続力に差が出ます。

濃度が高ければ高いほど、香りは長く持続します。

例えば、以下のような香水のタイプがあります

 

・パルファム:香料濃度が15~30%で、5~7時間、場合によっては10時間程度香りが持続。

・オードパルファム:香料濃度が10~15%で、持続時間は約5~7時間。

・オードトワレ:香料濃度が5~10%で、2~4時間香りが持続。

・オーデコロン:香料濃度が2~5%で、1~2時間香りが持続。

 

例えば、オーデコロンを使用している場合、1~2時間で香りが感じられなくなることがあります。これは「実際に香りが消えている」可能性が高く「そういうもの」です。

体温が高い、肌が乾燥しているなどの状態では、より濃度の高い香水を選ぶと良いでしょう。

逆にパルファムを利用しているにもかかわらず1~2時間で香りが消えているように感じる、香っているのかわからないのは、自分が香りに慣れてしまっているだけで「実際には周囲に香っている可能性が高い」です。

体温が高い、肌が乾燥しているなどの状態では、より濃度の高い香水を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

やさしく香るための香水の塗り方

周囲の人に心地よい香りを届けるための香水の塗り方を紹介します。

特に、ウエストやひざの裏、足元などに香水をつけるのがおすすめです。香りは下から上に向かって広がるため、これらの低い位置につけることで、動く度にふわっと香りが広がります。

一方で、首周りや鎖骨、手首や胸元などの体温が上昇しやすい箇所には注意が必要です。これらの箇所に香水をつけると香りが強くなりがちで、適量をつけるのが難しくなります。

また、汗をかきやすい箇所には、体温が上昇しやすく香りが揮発しやすいため、香水をつけるのは避た方が無難です。

スプレータイプの場合は1~2プッシュが適量です。

香りを長持ちさせるためのコツ

香りを長持ちさせるためには、洋服の中に香水をつけると良いでしょう。

また、化粧直しの際に少量つけ直すのも効果的です。

洋服の中につけると、体温で適度に温まり香りが立ちやすくなりますが、温まりすぎると早く揮発することもあるので、特に冬場におすすめです。

香水のタイプによって持続時間が異なるため、持続時間が過ぎた場合は軽くつけ直しても良いでしょう。

​​

香水が香っているのかわからない!まとめ

香水の香りがあっという間に消えてしまったように感じることがありますが、その背景にはいくつかの理由があります。主な要因として挙げられるのは次の通りです。

・嗅覚が同じ香りに慣れてしまう現象
・体温が高くなること
・肌が乾燥すること
・汗をかくこと
・使用している香水の種類による持続時間の短さ

香りが感じられなくなったからといって、すぐに香水を追加でつける必要はありません。実際には、周りの人は香りをしっかり感じていることが多いので、過度に心配する必要はありません。

香りがしっかりしているかどうかは、友人や家族など近くの人に確認してもらうと良いでしょう。

香水の塗る場所としては、足元やウエスト周辺がオススメです。

これらの部位に香水を塗ると、動くたびに優しく香りが広がり、周りの人にも心地よい印象を与えることができます。ぜひ、この方法を試してみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top