Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

美容院にメイクしていく?より良いサービスを受けるコツを解説!

美容院にメイクしていく?より良いサービスを受けるコツを解説!

美容院に行く時にメイクしていくか迷いますか?

美容院には、様々なメイクスタイルの人がいます。フルメイクの人もいれば、ナチュラルメイクやノーメイクの人もいます。

メイクをするなら、日常的なメイクで問題ありません。特に派手なメイクをする必要はありませんが、ある程度おしゃれを意識すると良いかもしれません。

この記事では、ヘアサロン訪問時のメイクの傾向や、服装やヘアスタイルの選び方について詳しくご紹介します。

おしゃれなヘアサロンを訪れる時に、どの程度までおしゃれすれば良いのか迷うことがあるかもしれませんが、この記事がに立てば幸いです。

スポンサーリンク

美容院にメイクしていく?適切なメイクとは?

美容院に行く時にメイクしていくかどうか…の一つの答えです。

普段のメイク~少しだけ気をつける程度がベスト

ヘアサロンには、普段どおりのメイクで訪れるのがベストです。

服装も同様に、普段着で構いません。

 

これは、美容師があなたの日常的なスタイルを参考に、合う髪型やカラーを提案するためです。たとえば、ショートヘアでも人によって似合うスタイルは様々です。

普段と違うメイクで行くと、普段のメイクに戻ったときに違和感があるかもしれませんし、ノーメイクの場合はメイクをした時のイメージと異なるかもしれません。

 

そのため、ヘアサロンを訪れる際は、

・普段メイクする人はそのままで
・普段メイクしない人もそのままでOK

と考えると良いでしょう。

メイクをする場合は、仕事に行く時のようなナチュラルなスタイルから、休日に少しオシャレをする程度のメイクで十分です。

 

メイクをしても迷惑にならない?

メイクが落ちたり、付着したりして迷惑になるか心配することもあるかもしれませんが、多くの人がしっかりとメイクをしてヘアサロンに行っているので、心配はいりません。

美容師はファッションに敏感なので、メイクをしていると好印象を与えることができます。

もちろん、ノーメイクやカジュアルな服装でも、接客や施術に違いをつけることはありません。

しかし、おしゃれに気を使うと、美容師のやる気が上がり、よりマッチした施術を受けることができるため、おしゃれを心がけることが実際にはちょっとした部分で有利になります。

​​

美容院のノーメイクでいくのは?

美容院はオシャレな場を提供しているため、ノーメイクで訪れる際には少し不安を感じることがあるかもしれません。

「ノーメイクでどう思われるだろう?」という心配も理解できます。そのような場合、軽くメイクをしていくのも一つの選択です。

 

一方で、「ノーメイクだとサービスがおろそかになるのでは」と不安に思い、きちんとメイクをする人もいます。

しかし、普段あまりメイクをしない人や、その日特に予定がないためノーメイクで行く人もいます。

普段メイクをしない、肌の敏感さなどの理由でメイクを避けている場合、いつものノーメイクで行くのが最適かもしれません。

 

ナチュラルな日常スタイルであれば、「このスタイルに合った髪型をお願いします」とリクエストすることで、メイクをした時とは異なるスタイルではなく、普段のスタイルにマッチした、手入れがしやすいカットを提案してもらえるでしょう。

ノーメイクで美容院に行く時は、自信を持って堂々と訪れることが重要です。

もしノーメイクで適切でない対応や手抜きの施術を受けた場合は、そのサロンは次回以降避けるのが賢明です。

 

スポンサーリンク

美容院に行く際のメイク、服装、ヘアスタイルに関するアドバイス

美容院に行く際、どのようなオシャレをすべきか、髪型はどうすればいいのかといった疑問が多いと思います。

ここでは、ヘアサロン訪問時のメイクや服装、ヘアスタイルのポイントについてご案内します。

メイクのポイント

基本的には、日常のメイクで問題ありません。

シャンプーやドライヤーの際にメイクが崩れるのを心配する場合は、ナチュラルメイクがお勧めです。普段メイクをしない人も、ベースメイクやアイブロウ、薄いリップなど軽いメイクで大丈夫です。

ただし、油分が多いグロスやベースメイクはカットした髪が顔に付きやすくなるため、避けた方が良いでしょう。

気になる場合は、油分が少ないマットな製品を使うか、フェイスパウダーで仕上げると良いです。

服装のポイント

服装もメイクと同じく、普段着で問題ありません。

美容師があなたの雰囲気や好みを知るため、普段のスタイルが望ましいです。ただし、タートルネックや襟が詰まった服、フード付きの服、白い服は避けた方が無難です。

特にカラーリングをする場合は、これらの服装は美容師にとって施術しやすいです。

アクセサリーについて

チョーカーやピアス、イヤリング、眼鏡などは汚れることがあるため、美容室に行く前に外しておくと良いでしょう。

ヘアスタイルのポイント

ヘアサロンに行く際は、髪を清潔にしておくことが重要です。

美容師は髪が洗われていないと不快に思うことがありますが、セットが完璧である必要はありません。

「普段のスタイルを参考にアドバイスをもらいたい」という場合は、軽くスタイリングして行くと良いでしょう。

寝癖がついている状態でも構いませんが、カット前にシャンプーしないサロンもあるので、少しブラッシングしておくことをお勧めします。

 

仕事帰りなどで髪を結んでいる場合も、そのままで大丈夫です。

施術時にはサロンが必要に応じて髪留めを外すためのトレーを用意してくれます。

 

美容院にメイクしていく?のまとめ

美容院では、美容師があなたの雰囲気や好みに注目しています。ですから、美容院にメイクしていく?に対する答えは…

「普段どおりのメイク」

がベター。メイクが迷惑になることはありません。

あなたに合った髪型や髪色を提案してもらえるので、オシャレを楽しむことが大切です。もちろん、普段すっぴんならそのままでも大丈夫です。

大切なのは、施術中に不便な服装を避け、髪を清潔にしておくことです。

それ以外は、自分の好きなスタイルで訪れてみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top