Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

洗面所が髪の毛だらけ!原因と予防策、清掃のコツを解説!

洗面所が髪の毛だらけ!原因と予防策、清掃のコツを解説!

人間は普段、1日に50から150本の髪の毛を自然に失います。そのため、洗面所が髪の毛だらけ!ということが多々あります。

髪の毛が床に散乱してしまうものなのです。

髪の毛はドライヤーの風やタオルでの摩擦、ヘアケアの方法によって抜ける量が増え、床に広がります。

 

家族が多いと、毎日の掃除だけでは追いつかないことがあります。床に落ちる髪の毛を減らすためには、次のような対策が有効です。

・髪の毛のダメージを減らすための適切なヘアケアを行う
・ブラッシングやヘアセット時には床や洗面台に新聞紙やバスタオルを敷く
・髪の手入れをした後はすぐに清掃する

これらの対策で、洗面所の床に髪の毛が散らばるのを防げます。

また、排水口に髪の毛が流れると、詰まりや悪臭の原因となるため、定期的に取り除くことが重要です。

 

スポンサーリンク

洗面所が髪の毛だらけになる理由

洗面所の床や洗面台に髪の毛が散らばる理由はいくつかあります。

・自然に抜ける髪の毛

毎日自然に抜ける50から150本の髪の毛は、健康的な髪のサイクルの一部です。季節の変化や髪のダメージによって、抜け毛の量が増えることもあります。

・風による髪の飛散

髪の毛は軽く、風で簡単に飛ばされます。洗面所でのドアの開閉や換気扇の使用によって生じる空気の流れで、髪の毛が洗面台や壁の隙間に飛ばされます。

・髪の状態による抜けやすさ

乾燥したり、傷んだ髪は摩擦に弱く、より簡単に抜けます。

・ブラッシングとドライヤーの影響

ブラッシングやヘアセット時には、ブラシやコームに髪の毛が絡みやすく、多くの髪の毛が抜けます。ドライヤーの熱や風圧で髪が乾燥し、床に散らばることがあります。

・タオルドライの摩擦

濡れた髪をタオルで乾かすと、摩擦により髪の毛が抜けやすくなります。

・服を脱ぐ際の髪の毛の抜け落ち

服を脱ぐ際の摩擦でも髪の毛が抜けます。

また、床の色が明るい場合、髪の毛が目立つことがあります。白や明るい色の床では、髪の毛が特に目立ちます。

(金髪に近い方は暗い色の床で抜けた髪の毛が目立ってみえます)

 

​​

洗面所での髪の毛散乱を防ぐ工夫

洗面所が髪の毛だらけにならないように、対策する工夫を紹介します。

・「そもそも」髪の健康を保つ

髪の毛が抜けるのを減らすためには、髪の健康を保つことが大切です。髪が傷んだり乾燥したりすると、抜けやすくなるので、適切なヘアケアで髪を丈夫に保ちましょう。

・「ちょっとした工夫」髪の落ちる場所をコントロール

髪を乾かしたりセットしたりする際に、床に何かしらの敷物を使うと、髪の毛が直接床に落ちることを防げます。バスタオルや新聞紙を使えば、掃除も手軽になります。

・「小さな抵抗」髪を結んでから服を脱ぐ

服を脱ぐ前に髪の毛をまとめると、衣服による摩擦で抜ける髪の毛を減らせます。

・「散らばらないように」低い位置でのブラッシング

立った状態でブラッシングすると髪の毛が広がりやすいので、座った状態やゴミ箱の近くでしゃがんでブラッシングすると、髪の毛をその場で処理できます。

・シンプルに日常の掃除頑張る!

髪の毛が落ちたらすぐに掃除することで、床全体に散らばるのを防げます。風で飛びやすい髪の毛は、こまめな掃除が効果的です。

 

スポンサーリンク

落ちた髪の毛の掃除方法

洗面所が髪の毛だらけになってしまった場合の掃除について解説します。

・ティッシュによる掃除

ティッシュを使った簡単な掃除は、落ちた髪の毛をすばやく取り除くのに役立ちます。消毒用エタノールを含ませたティッシュで拭くと、汚れを取り除きながら除菌もできます。

・粘着クリーナーまたはガムテープの使用

粘着クリーナーやガムテープは、粘着力を活用して髪の毛を簡単に取り除くのに適しています。

・スリージャルビーの利用

スリージャルビーは、床に落ちた髪の毛を効率的に集めるアイテムです。そのユニークな形状が髪の毛をキャッチし、広範囲の髪の毛を一掃できます。

・ハンディモップの活用

ハンディモップは、狭いスペースや角の掃除に便利で、床に落ちた髪の毛を簡単に掃除できます。

 

​​

洗面台の排水溝に髪の毛が流れ込むときの問題と解決策

洗面台の排水溝に髪の毛が流れ込むと、いくつかの問題が発生します。

・排水口の詰まり

排水口のフィルターやトラップに髪の毛が詰まると、水の流れが悪くなり、最終的には詰まりの原因になります。これにより、水溢れのリスクも生じます。

・カビの発生

排水口に残る髪の毛はカビの栄養源となり、カビが生えやすくなります。これにより、不快な臭いが発生することもあります。

・石鹸カスとの混合

髪の毛は石鹸カスや他の汚れと絡み合って、さらに大きな詰まりを引き起こします。これにより清掃が困難になることもあります。

 

散乱する髪の毛:洗面台まわりの掃除と対策

洗面所全体ではなく、洗面台も髪の毛だらけ…ということもあります。そんなときの対策としては…

・ティッシュを使った掃除

毎日少しずつ、ティッシュを使って洗面台に散らばった髪の毛を拭き取るのが効果的です。ティッシュを使えば、髪の毛を手軽に一度に拭き取ることができます。

・髪の毛キャッチャーの使用

キッチンやバスルーム用の排水口ネットと同じタイプの髪の毛キャッチャーを洗面台に設置すれば、髪の毛が排水溝に流れ込むのを防げます。

・洗面台でのブラッシングを避ける

洗面台で鏡を見ながらのブラッシングは、髪の毛の大量の抜け落ちの原因になります。ブラッシングは、ゴミ箱や新聞紙の上で行うのがおすすめです。

・洗面台に敷物を使用

ヘアケアやブラッシングの後には、新聞紙やタオルを敷いておくと、後の掃除が楽になり、洗面台に髪の毛が残るのを防げます。

 

まとめ

洗面所は常に清潔に保ちたい場所です。

(切実に)

特にブラッシング時は抜け毛が多いので、床や洗面台の上で行う場合は、ゴミ箱や容器、新聞紙の上などで行うと、髪の毛の散乱を抑えることができます。

・そもそも洗面所を髪の毛だらけにしない

これが第一です。

放っておいても自然と抜けてしまう髪の毛はしかたありませんが、防げるものは防いで掃除の手間を少しでも楽にしていきましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top