Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

おでんの具材で圧力鍋に入れてはいけないもの!注意点などチェック!

おでんの具材で圧力鍋に入れてはいけないもの!注意点などチェック!

冬が近づくと、温かいおでんが食べたくなりますよね。冬の夜に、出汁にじっくりと浸った大根が入ったおでんを楽しむのは最高ですよね。

そんなおでんですが圧力鍋を使用すると、短時間で風味豊かなおでんを作ることができますが、気をつけるべき点もあります。

おでんの具材で圧力鍋に入れてはいけないもの(入れない方がよいもの)があります。特に、練り物やじゃがいもは圧力鍋で調理すると食感が悪くなる恐れがあります。

以下で、圧力鍋を使ったおでんの作り方と避けるべき食材について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

圧力鍋でのおでん作りで注意すべき食材

圧力鍋はおでん作りにとても有用ですが、適さない食材もあります。

じゃがいもやさつま揚げ、白滝、こんにゃくといった練り物は圧力鍋での調理には向いていません。意外かもしれませんが、卵は圧力調理に適しています。

ここでは、圧力鍋でおでんを作る際に入れてはいけない・避けた方がよい食材とその理由についてお話しします。

圧力鍋で使うべきでない食材① じゃがいも

じゃがいもは圧力鍋で調理すると崩れやすいです。

形をきれいに保つためには、先に電子レンジで柔らかくしておくことが大切です。出汁に入れるタイミングにも工夫が必要です。

圧力鍋で使うべきでない食材② 練り物

練り物は好みが分かれますが、圧力鍋で調理すると風味が落ちやすく、膨張することもあります。

そのため、圧力鍋ではなく通常の調理方法をおすすめします。

・こんにゃく
・白滝
・さつまあげ
・はんぺん
・ちくわ
・ちくわぶ

これらの練り物は、圧力鍋で調理する前に下処理することが必要です。

圧力鍋を使っての調理が終わった後におでんに加え、出汁を染み込ませるのがおいしく食べるコツです。

卵は圧力鍋でも安全に調理できますが、煮過ぎると表面が硬くなります。

出汁にしっかり染み込ませたい場合は圧力鍋を使い、ふんわりとした食感を好む場合は後から加えるのが良いでしょう。

 

圧力鍋で作る!簡単で美味しいおでんレシピ

寒い季節にぴったりなおでんを、圧力鍋で手軽に作る方法をご紹介します。

まずは昆布でとった出汁をベースに、醤油とみりんで味を整えます。大根や肉類を最初に圧力鍋で煮込んだ後、じゃがいもや練り物を加えてさらに煮ます。

具材をどのタイミングで加えるかを考えることが、美味しさのポイントです。

このレシピを是非お試しください。

圧力鍋で作る美味しいおでんの作り方

・昆布出汁を用意します。

・醤油とみりんを加え、必要な具材を圧力鍋に入れて加熱します。

・鶏の手羽先を使う場合は、各部位に切れ目を入れます。

・乾燥昆布と水を加え、約1時間そのままにしておき、鶏の風味を出汁に移します。

これで、よいお出汁のできあがり!

圧力鍋で使うおすすめの具材

大根、牛すじ、鶏の手羽先がおすすめです。

これらを8〜10分ほど圧力鍋で加圧した後、自然に圧力を下げます。その後、下準備した練り物やじゃがいもを加えて、さらに10分程度煮込みます。

大根と肉類を同時に煮ることで、昆布と肉の出汁が混ざり合い、大根が柔らかくなります。

スポンサーリンク

圧力鍋でおでんを作る際の注意点

圧力鍋を使ったおでん作りでは、いくつかの一般的なミスがありますが、これらを避けることでより美味しいおでんができます。

水分の量に注意:

圧力鍋は密閉されているため水分が蒸発しにくいです。通常の調理に比べ水分量を調整する必要がありますが、水が少なすぎると食材が焦げ付いてしまったり、鍋が破損する恐れがあります。

調理時間の管理:

圧力鍋は高温で素早く調理されるため、時間が短くても食材が柔らかくなります。特に野菜は繊維が壊れやすいので、指定された時間を守ることが大切です。

これらのポイントを押さえて、美味しいおでん作りにチャレンジしてみてください。

経験を積むことで、さらに美味しいおでんを作るコツが掴めるはずです。

まとめ

今回は、圧力鍋を使ったおでんの作り方と注意点についてご紹介しました。

圧力鍋はおでん作りに便利ですが、入れてはいけない・適さない食材もあります。

じゃがいもは圧力鍋で崩れやすく、電子レンジで先に柔らかくしておくことが大切です。練り物(さつま揚げ、白滝、こんにゃくなど)は圧力鍋で風味が落ちやすく、膨張することもあるため、通常の調理法が推奨されます。

これらの練り物は下処理をしてから圧力鍋で調理し、後でおでんに加えると出汁がよく染み込みます。

 

一方、卵は圧力鍋でも安全に調理できますが、煮過ぎると表面が硬くなるため、出汁の染み込みを重視するか、ふんわりとした食感を求めるかによって加えるタイミングを調整するのが良いでしょう。

昆布出汁をベースに、大根や肉類を最初に圧力調理し、これらを調理後に練り物やじゃがいもを加えることで、簡単に美味しいおでんができます。

 

各具材の下準備が大切です。この冬、圧力鍋でおでんを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top