Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

ガラス電子レンジで割れる!ガラス製品の「耐熱」見分け方解説!

ガラス電子レンジで割れる!ガラス製品の「耐熱」見分け方解説!

耐熱ガラスは、色や臭いが移りにくく料理に最適ですが、耐熱性がないガラス製品を電子レンジで使用する際は危険が伴うため、注意が必要です。

普通のガラス製品は電子レンジにかけると割れるリスクがあります。

製品に耐熱かどうかの表示がなければ、そのガラス製品が電子レンジに適しているか判断するのが困難かもしれません。

この記事では、電子レンジでのガラス製品の安全な使い方や見分け方、確認の方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

電子レンジでガラスが割れる原因

耐熱性のないガラス製品は、電子レンジで加熱すると破損する恐れがあります。

これはガラスが急激な温度変化に敏感であるためです。

温度変化に弱いガラスを電子レンジで加熱すると、熱によって割れたり、ひびが入ったりすることがあります。

安全を確保するためには、ガラス製品が電子レンジに適しているか製品のラベルを確認しましょう。

 

割れやすいガラスと耐熱ガラスの違い

電子レンジで割れやすいガラスと耐熱ガラスの最大の違いは、熱による膨張の有無です。

耐熱性のないガラスは熱伝導率が低く、加熱された部分(食品が触れている部分)だけが急激に熱くなり、膨張します。

加熱されていない部分は膨張せず、その結果、破損することがあります。

一方、耐熱ガラスは加熱しても膨張しにくく、割れにくいので、電子レンジでの使用に適しています。

ただし、耐熱ガラスでも直火には向かないものもあるので、購入時には製品のラベルを確認することが重要です。

 

​​

耐熱ガラスの見分け方と確認方法

プレゼントされたり、ラベルが取れてしまったガラス製品は、耐熱性があるかどうか判断が難しいことがあります。そんな時に役立つ耐熱ガラスの見分け方をいくつかご紹介します。

音での判別

耐熱性に疑問のあるガラスを軽く叩き、その音を確かめてみましょう。

通常のガラスは高い音がしますが、耐熱ガラスでは叩いてみると低く鈍い音がすることが多いです。

この簡単な方法は、自宅で試すのに適しています。

見た目での判別

耐熱ガラスは、多くの場合厚みがあり、シンプルなデザインで無色透明、直線的な形状をしています。

薄く複雑なデザインのガラスは、耐熱性がない可能性が高いです。

厚みがあり、無色透明でシンプルなデザインなら耐熱ガラスである可能性があります。

調査する方法

ラベルが失われてしまった場合は、製品の公式ウェブサイトやSNSで情報を探してみましょう。

購入した製品が現在も販売されていれば、関連情報が見つかる可能性があります。

電子レンジの使用が心配な場合は、他の加熱方法を利用することを推奨します。

スポンサーリンク

推奨する耐熱ガラス製品

耐熱ガラス製品の中でも特におすすめのものを紹介します。

店舗やオンラインで購入可能な製品としてニトリを紹介します。手に入れにくいものだったら…意味ないですからね。

ニトリの耐熱ガラス保存容器は、電子レンジやオーブンに対応しており、全ての部品を食器洗浄機で洗えるのが特長です。

使わない時はコンパクトに収納でき、使いやすい設計が魅力です。

価格も手ごろで、耐熱ガラス製品を探している方には最適です。

お試しくださいね!

 

ガラス電子レンジで割れる!についてのまとめ

耐熱ガラスは料理に最適で、色や臭いが移りにくい特性を持ちますが、耐熱性がないガラスを電子レンジで使う際は危険=割れるリスクがあります。

通常のガラスは電子レンジで割れるリスクがあり、耐熱性の有無を判断するのは難しいことも。

耐熱ガラスと普通のガラスの主な違いは熱による膨張の有無で、耐熱ガラスは加熱しても膨張しにくいですが、直火には向かないこともあります。

 

耐熱ガラスを見分ける方法として、音や見た目、公式ウェブサイトやSNSでの調査があります。ただし、確信が持てない場合は、安全を考慮して電子レンジの使用は避けるこが望ましいです。

耐熱ガラス製品としてニトリの保存容器をご紹介しました。これらは電子レンジやオーブンに対応し、洗浄機で洗え、コンパクトに収納できる利点があります。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top