Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

突っ張れない場所にカーテンを付けるアイディアを紹介!

突っ張れない場所にカーテンを付けるアイディアを紹介!

新しい家に引っ越した時やリフォームをする際、カーテンレールがない窓や部屋の間仕切りにカーテンを取り付けるのは一つの課題です。

突っ張れない場所にカーテンを付ける必要がでてきます。

カフェ風のカーテンやプライバシーを保つための間仕切りとしてカーテンを設置したい場合、従来の突っ張り棒が使えない状況に対する解決策が求められます。

この記事では、そうした場合に役立つカーテンレールの代わりになる方法について詳しくご紹介するので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

突っ張れない場所にカーテンを付ける・「紐」を活用!

突っ張れない場所にカーテンを付ける最初のアイディアは…

カーテンを吊るすために「カーテンワイヤー」という便利な商品があります。これはメーカーによっては90cmから270cm程度まで様々な長さが選べますが、長い場合は途中でしっかりと固定する必要があります。

ユザワヤなどで、いろいろな種類を見かけますよ。

また、カーテンをワイヤーに吊るすためのクリップも重要です。これらのクリップはワイヤーに適合するものであれば、どのタイプでも使えます。

カーテンワイヤーの取り付け方

カーテンワイヤーを取り付けるには、ワイヤーの両端をフックや木ネジで固定する必要があります。壁に傷をつけずに取り付けるのは難しいため、賃貸住宅などでは事前に大家さんや管理会社に確認が必要です。

元々カーテンレールが設置されるべき場所であれば、その必要性を説明して許可を得ることも可能です。

100円ショップで見つけるカーテンワイヤー

先のとおり、100円ショップのダイソーでもカーテンワイヤーが手に入ります。

最大180cmまで対応しており、コストパフォーマンスにも優れています。ダイソーは様々な便利アイテムを提供しており、カーテンワイヤーもその一つです。

おしゃれなIKEAのカーテンワイヤー

IKEAのカーテンワイヤーは、本格的でおしゃれな選択肢です

。軽量でスタイリッシュなデザインが特徴で、通常のカーテンレールよりもモダンな雰囲気を演出できます。このカーテンワイヤーは、インテリアの一部としても素敵に映えます。

 

スポンサーリンク

カーテンレール不可の場合の実用的な代替手段

新居に越してきたり、部屋の模様替えをしたりするとき、カーテンレールの設置ができない、あるいは突っ張り棒を使うのが難しい場合があります。

そんなときにはどうすればよいのでしょうか?

通常のカーテン設置が難しい状況に直面した場合、部屋のプライバシーを守る間仕切りなどの目的で、異なる手法を採用する必要があります。

プライバシーを守るためのカーテン設置の代替方法

プライバシーを保護する目的でカーテンを設置したい場合、特に空間が広い箇所での設置は、従来の方法では難しいことがあります。

突っ張れない場所にカーテン=目隠しが欲しいケースです。

重たいカーテンを天井から吊るす際には、より専門的な設置手順が必要となることが一般的です。

そうした状況では、パーテーションやその他の代替品の使用が有効な手段です。

これらのアイテムは組み立てが多少手間かもしれませんが、手軽に購入可能で、部屋の区切りとして大いに役立ちます。

カフェカーテンの手軽な設置法

カフェカーテンは、軽量なレースや綿素材で作られているため、押しピンや画びょうを使っても設置可能です(ただし、賃貸住宅の場合、このような設置が許可されていない場合もありますので注意が必要です)。

画びょうを使う際には、マスキングテープや装飾的なボタンを活用し、カフェカーテンに個性を加えることができます。これは、インテリアにおしゃれな雰囲気をプラスする良い方法です。

カフェカーテンの両面テープを利用した固定

壁に穴を開けることができない状況では、両面テープを使ってカーテンを固定するのが一つの解決策です。

特に薄手の素材を使用している場合は、布用の両面テープを使うことで、簡単に設置することができます。

この方法は、窓辺やキッチンカウンター、さらには収納スペースの目隠しにも適しており、実用性に優れています。

カフェカーテンのマジックテープを使った取り付け

マジックテープを使用する方法も、カフェカーテンの設置に有効です。

この方法なら、カーテンの開閉も容易に行え、使い勝手が良いです。

カフェカーテンをフォトガーランドで装飾する方法

また、カフェカーテンの設置には、ウッドクリップ付きのフォトガーランドを使うというユニークな方法もあります。

100円ショップなどで手に入る素材を利用すれば、薄手の布であれば特に効果的に装飾することができます。

このアイデアは、部屋のインテリアに個性と創造性を加える素晴らしい手段となります。

 

突っ張れない場所にカーテンを付ける!まとめ

カーテンレールが使えない場合の代替案としては、カーテンワイヤーはじめ様々な方法があります。

しかし、どの方法を選択するにせよ、カーテンの布地は軽いものを選ぶことが重要です。

これらの方法は一時的な解決策として考えると良いでしょう。「しっかり」したものを付けるには重さに耐えるだけのものが必要になりますから。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top