Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

蒸しタオルで目が危険に!理由&正しいやり方を知ってスカッとしよう!

蒸しタオルで目が危険に!理由&正しいやり方を知ってスカッとしよう!

蒸しタオルのやり方によっては目に危険が!?

冬の寒さが厳しい季節、肌の乾燥対策としてスチームフェイスタオルの使用が広く行われています。家庭内で手軽にできる蒸しタオルは、目の疲労解消や肌の潤いを保つために多くの人々に愛されています。

 

目や肌の疲れを感じたとき、お風呂で蒸しタオル取り入れてリフレッシュして入る方も多いでしょう。

しかし、蒸しタオルの誤った使用は、予期せぬ危険を伴うことがあります。

 

頻繁な使用は目の健康を損なう可能性があると言われており、特に一日に何度も使用すると目がぼやけたりその他の問題が発生することがあります。

また、タオルの温度が過度に高い場合、肌の乾燥を引き起こす可能性もあります。

本来、蒸しタオル目的は、肌に潤いを与えることですが、間違った使用方法ではその効果が逆転してしまう恐れがあります。そこで、安全かつ効果的な使用方法をご紹介します。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

蒸しタオルで目が危険になるのはNG!正しいやり方を解説!

目のための蒸しタオルとはいえ…「肌の健康」を維持するためには、蒸しタオルの使用を週に1~2回に制限しましょう。

毎日使用すると、肌の自然なバリア機能が弱まり、必要な皮脂が減少してしまうことがあります。これは肌荒れの危険発生の原因です。

特に乾燥しやすい季節は注意です。

 

そのため週に1~2回の使用で、効果的なスペシャルケアがオススメです。

以上を、大前提として実際の蒸しタオルのやり方を解説します。

間違ったやり方をすると目に危険が及ぶので注意が必要です。

 


【目に危険な行為】

・熱いぎるタオル
・目に強く押し当てる
・何度もやり過ぎない

ヤケドの危険(熱すぎる)やピンとのズレ(強く押し当てる)、感覚のマヒ(やり過ぎる)といった、危険が考えられるのでご注意ください。

電子レンジで蒸しタオルを作る!

フェイスタオルを水で濡らした後、絞ってから500Wから600Wの電子レンジで約1分間加熱します。

熱さに敏感な方は、30秒加熱後に様子を見ることもできます。

ただし、加熱は1分以内に留め、火傷や肌、目へのダメージを防ぐことが重要です。暑すぎるのはNGです。

お風呂で蒸しタオルを作る!

45℃のお湯を用意し(浴槽に溜めても良いですが入るには…熱い)、浴槽で身体を温めつつ蒸しタオルをで目もリラックスさせます。

この方法であれば、お風呂に浸かりながらリラックスしながら蒸しタオルをを楽しむことができます。

(41,2度くらいなら湯舟・蒸しタオル同時に活用もできます)

完成した蒸しタオルを気になる部分に2~3分間当てておくとよいでしょう。

タオルが冷えたら、その時点で終了のサインです。

もしも追加のケアが必要な場合は、タオルを再加熱して2~3回繰り返すことも可能です。

 

特に、目の周りに集中してケアすることで、目の疲労を効果的に軽減することができます。

目の疲れは、肩こりや頭痛とも関連しているため、眼精疲労に悩む方には特におすすめです。

 

さらに、ドライアイの緩和にも役立ちます。

現代社会では、スマートフォンやパソコンの使用が増加し、目のトラブルを抱える人が多くなっています。

このような方々にも、蒸しタオルのこの活用法を試してみてみる価値はあります。

スポンサーリンク

蒸しタオルを使って目の下のクマを薄くする方法

蒸しタオルは、目の疲れを和らげるだけでなく、目の下のクマにも効果があると考えられます。

クマには様々な種類がある中で、特に青色のクマに効果的です。

 

茶色のクマは化粧品の汚れや色素の沈着が原因でできるため、スチームフェイスタオルの効果は限られます。また、加齢によって出る黒いクマも、目の周りのたるみが主な原因で、蒸しタオルでは改善が難しいです。

しかし、青いクマは目の下の血行不良が原因であることが多いため、蒸しタオルでのケアが有効と考えられます。

 

目の下の皮膚は薄いため、血液の流れが滞ると青く見えやすいのです。血行を改善することで、青いクマを軽減できます。

青いクマを改善するには、お風呂で蒸しタオルを使うことをおすすめします。お風呂に入りながら、蒸しタオル目の下に当てることが効果的です。

蒸しタオルの使用後は、冷やしたクリームを塗ってマッサージすることで、さらに効果が高まります。

蒸しタオルの後に保湿ケアをしっかり行うことで乾燥を防ぎ、保湿はとても大切。

 

まだクマが出ていない方でも、この方法を行うことで予防効果が期待できます。早めのケアがカギとなるので、若いうちからのケアを心がけましょう。

蒸しタオルは、手軽ながら日々の疲れを取り除き、リラックス効果も期待できます。週に一度のスペシャルケアとして、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

蒸しタオルを正しく使わないと、効果がないばかりか逆効果になることもあります。

目や肌にとって危険なので熱すぎるタオル・強く押し当てる・何度もやる…この3点はご注意ください。

また、目の周りに特化してケアすることで、眼精疲労やドライアイにも良い効果が期待できます。

血行を改善するために蒸しタオルを使うと、特に青色のクマには効果があると考えられます。

正しく蒸しタオルを利用してスッキリとした視界を作るメンテナンスに繋げていきたいですね!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top