Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

派手な髪の人は仕事何してるの?カラフルな髪色と仕事の相性

派手な髪の人は仕事何してるの?カラフルな髪色と仕事の相性

派手な髪の人=カラフルな髪色をしている人は仕事を何しているのか…疑問に思う事があります。

シンプルな答えとしては、アルバイトや非正規雇用が多いです。彼らにとって適した職場を探す際、考慮すべきポイントがいくつかあります。

それは、例えば、仕事が顧客と直接会う機会が多いか、職場や地域の雰囲気、顧客層などです。

また、髪を隠せる帽子や制服があるかどうかも重要なポイントです。これらの要素を考慮すれば、適した職種を見つける手助けになります。

 

本記事では、特に以下の点に注目しています:

・カラフルな髪色をしても働きやすい職業はどんなものか
・求人でよく見る「髪色自由」という表現の本当の意味

カラフルな髪色に挑戦してみたいけれど、周りにそういう人が少ない…実際、彼らはどのような職業に就いているのでしょうか?

こういった疑問をお持ちの方は、ぜひこの記事をご参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

派手な髪=カラフルな髪色をしている人たちは仕事何している?

派手な髪・カラフルな髪色の人々はしばしばアルバイトや非正規雇用を選ぶことが多いです。

また、自分のスキルや職場環境によっては、パートタイムから正社員への道も開けることがあります。

一方で、正社員でもウィッグを利用して髪色を隠して働いている人もいます。

以下で、カラフルな髪色の人にとって働きやすいとされる職業をいくつか紹介します。

 

特別な資格が不要で働きやすい職種

・アパレル業界

「高級ブランドの店舗」「古着屋」ではカラフルな髪色が許容される場合もありますが、ファストファッションや特定のブランドイメージに合わない場合は受け入れられないことも。

ブランドのイメージによっては個性を出すことが求められることもあるため、働きたい店舗の雰囲気を確認するのがおすすめです。

それが自分のスタイルに合うかどうか、ですね。

・飲食業界

飲食業界では、「居酒屋」「カフェ」「個人経営の飲食店」などがカラフルな髪色を受け入れやすい傾向にあります。

ただし、チェーン店やランチメインの店舗では外見に厳しいことも。

店舗の立地や従業員の年齢層、雰囲気も影響します。都市部では個性的なスタイルが一般的で、若年層が多いカフェなどでは昼間からカラフルな髪色のスタッフを見かけることがあります。

個人経営の店では店主の方針が重要です。裏方の仕事なら帽子があるので、髪色はそれほど問題にならないことも。

・ゲームセンター・パチンコ店

ゲームセンターやパチンコ店では、一部の接客を除き、派手・カラフルな髪色が許容されることが多いです。

これは店長や店舗の方針によって異なります。

・コールセンター・テレマーケティング

コールセンターやテレマーケティングは電話をメインに行う仕事のため、顧客と直接顔を合わせることがなく、髪色やピアス、メイクに関する規定が緩いことが多いです。

しかし、その会社の社風によるので確認が必要です。

・ライブハウス

ライブハウスでは、受付やドリンクスタッフとしてカラフルな髪色でも働きやすいです。

お客様も個性的なため、目立つことが少ないです。

・工場

工場ではお客様の前に出ることがないため、髪色が問題になることは少ないです。

ただし食品関連の工場では規定が厳しいことがあります。職場の雰囲気に慣れてから髪色を変えるのも一つの方法です。

・ティッシュ配布

ティッシュ配布の仕事では、見た目に関する厳しい規定は少なく、真面目な態度を見せれば、カラフルな髪色でも採用される可能性が高いです。

・日焼けサロン

美容系の仕事では、日焼けサロンがカラフルな髪色のスタッフを多く雇用しています。

同じ趣味やスタイルの人々が集まる職種では、採用される可能性が高いと言えます。

 

特技や資格、学び、意欲が必要な職業


・美容業界

美容業界では、カラフルな髪色を持つ人にとって働きやすいとされる職業が多数あります。

「美容師」、「ヘアスタイリスト」、「ファッションスタイリスト」、「ネイリスト」、「アイラッシュスタイリスト」などがその例です。

特に美容師は髪に関する専門職であり、派手・カラフルな髪色に対して偏見が少なく、個性として受け入れられることが多いです。

ただし、これらの職業は資格が必要で、流行に敏感であることが求められるため、就職までの道のりは困難な場合もあります。

・イベント関連

「ダンサー」、「着ぐるみアクター」、「イベントスタッフや裏方」なども、カラフルな髪色で働きやすい職種です。

特にダンスインストラクターのような職業では、個性的でおしゃれな人が多く見られます。ダンスなど特定のスキルがあれば、検討する価値があります。

・クリエイティブ職

クリエイティブな職業では、能力があれば外見はあまり問題にならないことが多いです。

家で作業をして、成果物の納品をデジタルで行うため、人と直接接する機会が少なく、カラフルな髪色も許容されやすいです。

「グラフィックデザイナー」、「イラストレーター」、「漫画家」、「作家」、「音楽作家」、「作詞家」など、創作が好きなら挑戦する価値があります。

・リモートワーク

パソコン一台で完結する仕事では、クリエイティブ職同様、外見はそれほど重視されません。

「コンテンツライター」、「ウェブサイト制作」、「アプリ開発」、「インフルエンサー」などが該当します。

ただし、自分を売り込む際、相手側の担当者がどう思うか次第の部分はありあす。

・建設業

建設現場や大工の仕事は、顧客と直接接することが少なく、髪色が目立ちにくいため、カラフルな髪色でも働ける可能性があります。

ただし、体力が求められたり、職場の階層関係が厳しかったりするので、強い意志や精神力が必要です。

・輸送業

長距離トラック運転手などは特定の運転免許が必要ですが、カラフルな髪色でも採用される会社はあります。

配送業の場合、配達先の人に会うことはありますが、直接顧客とのやり取りが少ないため、受け入れられやすい傾向があります。

ただし、会社の社風によるところが大きいです。

 

スポンサーリンク

「髪色自由」と表記された求人の現実とは?

「髪色自由」という表現のあいまいさ

求人広告でよく見かける「髪色自由」というフレーズは、実際には明確な基準がないことが多いです。

一般的には、暗めの茶色からやや明るい茶色程度が許容される傾向にあります。

そのため、明るい色や派手な髪色は受け入れられない場合が多いのが実情です。

これにより、企業側と応募者側での認識にズレが生じることもありますので、注意が必要です。面接官と職場の従業員間で見解の違いがあることも珍しくありません。

見た目で判断されることもあり、履歴書の提出時や面接、入社直後には暗めの髪色を選ぶのが無難です。

面接時には髪色に関する規定を確認したり、職場の雰囲気や人間関係が分かってから髪色を変えるのが賢明です。

初見で派手な髪は避けましょう。

 

面接前のリサーチが肝心

希望する勤務先がある場合、実際にその店舗や職場の雰囲気を確かめてみることがおすすめです。

特に接客業では、お客さんとして実際に店を訪れ、従業員の様子を観察することで、その場の空気感を掴むことができます。

派手な髪色の従業員がいるかどうかも、さりげなくチェックしてみましょう。接客業以外の場合でも、面接や見学を通じて情報を得ることが有益です。

また、店舗のホームページやSNSを通じて従業員の写真を探すのも一つの方法です。

 

派手・カラフルな髪色で働くための職探しのポイント

カラフルな髪色でも働ける職種は思いのほか多く、アルバイトやフリーランスで活躍している人が多い傾向にあります。

カラフルな髪色が受け入れられるか否かは、地域の特徴や店舗の立地、顧客層、従業員の年齢層、個人経営かチェーン店かなどによって左右されます。

特定のスキルや資格を持っている場合、長期的な視点でカラフルな髪色でも働きやすい職種に挑戦するのも一つの手です。

ぜひ、これらの情報を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top