Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

豆まきと恵方巻きの順番どっちが先?子供にイベントを分かりやすく解説!

豆まきと恵方巻きの順番どっちが先?子供にイベントを分かりやすく解説!

節分には豆まきや恵方巻きを楽しむのが一般的ですが、「どっちが先に行われるべきか」という順番に疑問を持つ方が多いです。

この順番に関して結論を先にいうと「豆まき→恵方巻」です。以下でなぜなのか解説するので「ネタ」としてお納めください。

また、これらの行事に最適な時間帯があるかどうかも気になるポイントです。

今回は、これらの疑問に答えるために、またこれらを子供にどう分かりやすく伝えるかついて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

豆まきと恵方巻き、どっちが先?

豆まきと恵方巻きには実は決まった順序があります。

伝統的には、先に豆まきを行い、その後に恵方巻きを食べるのが一般的です。

豆まきは節分の間に出現するとされる悪霊や邪気を払うために行われます。節分は2月でまだ寒く、体調を崩しやすい時期です。

豆をまいて病気や災害を避けるのが目的です。

 

一方、恵方巻きはこれから訪れる春を祝うために食べられます。

通常、7種類の具材が使われており、これは七福神を象徴しています。

恵方巻きをその年の恵方に向かって一気に食べることで、幸運を呼び込むとされています。

 

つまり、まずは豆まきで悪霊を払い、その後に恵方巻きを食べて幸福を招くのが正しい順序です。

恵方巻きを食べる習慣は比較的新しいものですが、今では多くの人に受け入れられています。

ただし、食べる際はのどに詰まらせないよう注意してください。

 

豆まきの適切な時間帯は?


豆まきをする最適な時間帯は一般的に夜とされています。

これは、伝統的に鬼が日暮れ後に現れるとされているためです。夜、特に日が落ちた後に豆まきを行うことが推奨されています。

節分の豆まきはもともと家の主が行う役割でしたが、時代とともに家族みんなで楽しむイベントに変わりました。

現在では、お父さんが鬼役を演じることが一般的です。家族にとって楽しい思い出を作るために、お父さんが豆をまく姿は子供たちにとって特別な記憶になるでしょう。

 

夕食時の恵方巻きは問題なし?

節分における恵方巻きの食べ方については、多くの家庭で豆まきの後に食べるという習慣があります。

そのため、夕食時に恵方巻きを食べることに何の問題もありません。

 

恵方巻きは具がたくさん入っており、それだけでお腹いっぱいになることが多いです。

食べる際には、その年の吉方位を向いて、無言で食べるのが一般的です。この時、心の中で幸福を願うことがおすすめされています。

 

ただし、恵方巻きは太くて一気に食べるのが難しい場合もあります。

また、価格が高い理由は、様々な具材が使われているからです。

子供や女性など、口が小さい方には食べづらいことも。

 

しかし、実は恵方巻きを食べやすいサイズにカットしても大丈夫です。小さくカットされた恵方巻きなら、食べやすく、多くを購入する必要もありません。

恵方巻きを一気に食べるのは、他の食べ物を口にしないで無言で食べるということですが、息苦しくなった場合は口を離しても問題ありません。

 

子供たちが食べやすいように細巻きの恵方巻きを用意するのもいいでしょう。

恵方巻きは元々関西の遊郭街で始まった娯楽なので、厳しいルールに囚われる必要はありません。

スポンサーリンク

子供たちに豆まきの意味をどう伝える?

子供が「なぜ豆まきをするの?」と質問したら、

「悪いものを追い払い、良いものを招くためだよ」と答えると分かりやすいですね。

 

これは健康や穏やかな毎日を願うための行事として理解してもらうのが良いでしょう。

「豆にはたくさんの栄養が含まれていて、鬼を追い払う力があるんだよ」と伝えると、子供たちも興味を持つかもしれません。

たとえば、

「〇〇ちゃんが今年も元気でいられるように、家族みんなが元気で仲良く過ごせるように、豆まきをして悪いことをする鬼を追い払おうね。豆には鬼を退治する力があるんだよ」

という風に伝えるのがいいですね。子供が成長するにつれて、節分の由来や意味も教えてあげると良いでしょう。

 

子どもたちに恵方巻きの楽しい伝統を教える方法

恵方巻きの由来や意味を子どもたちに教える際には、彼らの好奇心をくすぐるようなわかりやすい説明が重要です。

説明のポイントは、子どもたちが理解しやすいように、「概要→ルール→注意点」という順番で優しく伝えることです。

以下は、子どもたちに向けた簡単な説明例です。

 

【概要】
「恵方巻きって知ってるかな?これは2月3日の節分に、みんなが元気で幸せになれるようにと願いを込めて食べる特別な巻き寿司なんだよ。」

【ルール】
「毎年、特定の方向(恵方)にいる幸せを運んでくれる神様に向かって、願い事をしながら恵方巻きを食べるんだ。巻き寿司には7種類の具が入っていて、それぞれ幸せをもたらす7人の神様を表しているんだよ。」

【注意点】
「恵方巻きを食べるときは、神様に願い事をしながら静かに食べるのがルールだよ。おしゃべりしながら食べると、幸せが逃げてしまうかもしれないから注意しようね。最後まで食べないと神様に失礼になるから、お腹をすかせてから食べること。食べ終わったら、「美味しかったです、ありがとうございました」と神様にお礼を言おうね。」

このように子どもたちに教えると、恵方巻きの伝統を楽しく理解することができるでしょう。

まとめ

節分の日、豆まきと恵方巻きの順番はどっちが先か?に関しては、「最初に豆まきをして、その後に恵方巻きを食べる」のが正しい順序です。

夜に豆まきをして鬼を退治した後、恵方巻きを食べることで幸せを迎えるのが節分の伝統的な過ごし方です。

恵方巻きは夕食時に楽しむのがおすすめです。家族で一緒に楽しい節分の時間を過ごしましょう!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top