Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

豆まきで豆の代わりにコレ!代用品で子供も大人もワッショイ!

豆まきで豆の代わりにコレ!代用品で子供も大人もワッショイ!

節分の豆まきで、伝統的な大豆の代わりとして使える人気のアイテムをご紹介します。

地域によっては落花生を豆まきで豆の代わりにつかったり、キャンディーのような子供が喜ぶ代用品を使用する家庭が増えており、子供の年齢や家の環境に合わせた豆まきを楽しむことができます。

子供も(後片付け含めて)大人もハッピーな豆まきにしたいですね!

以下、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

豆まき で豆の代わりを使う理由って?【そもそも】

豆まきで豆の代わり、代替品を使う理由は様々ですが、主なものをいくつか挙げます。

・豆が部屋を汚す問題
・投げた後の豆を食べる際の衛生面の懸念
・子供が豆を食べにくい、または食べることができない

 

節分の豆まきでは古くから大豆が用いられてきました。

大豆には、穀物の精霊が宿り、魔除けの力を持つとされています。

しかし、実際の豆まきで豆の代わりに別のアイテムを選ぶ家庭もあります。

簡単にそれぞれを解説します。

 

① 部屋の清潔さを保つため

豆まきで使われる大豆は、後片付けが面倒なことがあります。

豆が広範囲に散らばり、大掃除の際に家具の隙間から出てくることも少なくありません。

(これ経験ありませんか?忘れた頃に出てくるんですよね…)

大豆の皮が剥がれて散らばることもあり、室内での豆まきを避ける理由となります。

② 衛生面での配慮

豆まきで使った豆をそのまま食べる際に衛生的な問題が発生することもあります。

市販されている小袋の豆を開封して投げる→それを食べる=床に落ちたものを食べる=衛生面で不安がでてきます。

清潔に食べることができて、投げやすい代替品を選ぶ家庭が増えているということです。

③ 子供に優しい選択

節分での豆まきでは、その年の歳の数だけ豆を食べる習慣がありますが、硬い大豆は子供にとって食べにくいことが多いです。

特に小さな子供は、大豆をうまく噛むことができずに飲み込んでしまう危険もあります。

このため、子供が喜んで食べられるような代用のお菓子が豆の代わりに選ばれることが多いです。

(食べられる食べられないではなく「食べたくない」子供も…)

節分の新しい楽しみ方:大豆以外で豆まきを

伝統的には大豆を使った豆まきが行われますが、最近はさまざまな理由から別のアイテムを使う家庭が増えています。

ここでは、子供にも安全で、かつ掃除がしやすい代替アイテムをいくつかご紹介します。

 

・① 落花生を使ってみよう

豆まきに落花生を使用するのは、その大きさが拾いやすく、殻付きで衛生的であるため、掃除が楽な点が魅力です。

また、子供も扱いやすく、節分の雰囲気を楽しむことができます。

また北関東や九州の一部のようにそもそも落花生を大豆の代わりにつかっている地域もあります。

 

・② キャンディーでカラフルに

カラフルなキャンディーを使えば、節分が一層楽しく華やかなイベントになります。

子供たちはキャンディーの多彩な色と形に喜びますが、虫歯対策として食べ過ぎには注意しましょう。

小袋のまま投げれば食べる時には衛生面の心配が減りますね!

 

・③ チョコレートを楽しむ

甘いものが好きな子供たちにはチョコレートがおすすめです。

ナッツ入りチョコレートは、節分の「豆」を連想させ、個包装されているため衛生的で安心して楽しむことができます。

 

・④ マシュマロでやさしく

豆まきで痛みを避けたいなら、マシュマロが最適です。

(主に鬼役の意見…)

柔らかくて安全で、小さな子供や鬼役を務める大人にも優しいです。豆まき専用の個包装マシュマロも市販されています。

 

・⑤ 和風お菓子で和む

あられやお煎餅などの和風お菓子は、甘いお菓子をまだ与えたくない家庭に適しています。

伝統的な雰囲気をそのままに、子供にも安全なオプションです。

 

・⑥ たまごボーロでやさしく

小さな子供がいる家庭では、たまごボーロが良い選択です。

大豆と似た見た目で、節分の雰囲気を壊さずに楽しめます。個包装された節分用のたまごボーロもありますよ。

 

・⑦ 紙などを丸める

紙・和紙を丸めて作るボールは、手作りの楽しさを子供と共有できる代替品です。

色とりどりの和紙を使用すると、節分がさらに華やかになります。

これらの代替品を使えば、節分の豆まきを新しい方法で楽しむことができます。

子供の年齢や家庭の状況に合わせて最適なものを選び、安全で楽しい節分をお過ごしください。

スポンサーリンク

 

豆まきで豆の代わりに!まとめ

豆まきで豆の代わりのアイテムを使う理由には、部屋を汚す問題、衛生面の懸念、子供が豆を食べにくいことがあります。

大豆は魔除けの力があるとされていますが、実際には異なるアイテムを使う家庭も増えています。

(伝統がー、成り立ちがーの話ではないんです。)

 

代替品として、落花生はその大きさが拾いやすく衛生的であることから選ばれます。

また、キャンディーは色とりどりで節分を華やかにし、子供にも喜ばれますが、虫歯対策が必要です。

甘いものが好きな子供にはチョコレートが最適で、ナッツ入りのものは節分の「豆」のイメージにも合います。

マシュマロは柔らかく安全で、小さな子供や鬼役を務める大人にも優しい選択肢です。和風のお菓子、特にあられやお煎餅は、甘いお菓子を与えたくない家庭に適しています。

 

小さな子供がいる家庭では、たまごボーロが良い選択で、節分の雰囲気を壊さずに楽しめます。

また、和紙を丸めて作るボールは手作りの楽しみを共有でき、色鮮やかな和紙を使うことで節分がより華やかになります。

これらの豆の代用品をつかって、節分を各ご家庭の状況にあわせて楽しんでください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top