Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

恵方巻きはなぜ黙って食べるのか&口を離すのはNGの理由を解説!

恵方巻きはなぜ黙って食べるのか&口を離すのはNGの理由を解説!

毎年2月3日に迎える節分では、全国各地で豆まきと共に恵方巻きを楽しむ習慣が根付いています。

具だくさんの恵方巻きは、食べるのに一苦労するほどです。

 

今回は、この独特な風習の起源と意味を探り、節分での他の食べ物との関連性についても考察します。

・恵方巻きはなぜ黙って食べるのか
・口を離すのはNGの理由

などの、恵方巻きを食べる際の特別なマナーについても解説しましょう。

スポンサーリンク

節分で恵方巻きを食べる理由

全国的に人気を集める恵方巻きですが、もともとは関西地方に特有の習慣でした。

(関東人の私自身子供のころ恵方巻を食べる風習はありませんでした)

恵方とは、その年の幸運を招くとされる歳徳神がいる方向を指します。

 

陰陽道に基づくと、恵方を向いて巻き寿司を食べることで、一年間の病気や災害を防げるとされています。

巻き寿司を「巻く」という行為は、幸福を引き寄せる意味があると言われています。この伝統は、新年の幸運を招くために、節分の日、つまり旧大晦日に行われていました。

 

この習慣が全国に広まったのは、コンビニチェーンのセブンイレブンの影響が大きいです。

広島県のセブンイレブンの店舗が、この「縁起の良い行事」として恵方巻きを紹介し、販売を始めたことが、普及のきっかけとなったと言われています。

 

恵方巻きはなぜ黙って食べるのか&願い事をするタイミング

恵方巻きを食べる時のルールは、以下の通りです。

 

・その年の歳徳神がいる方向(恵方)を向いて食べる。

・願い事を心に思いながら、無言で食べる。

この伝統に従わなければ、恵方巻きの効果は得られないとされています。

 

恵方巻きはなぜ黙って食べるのかの答えとして、言い伝えでは、話してしまうと福が逃げてしまうため、黙って食べることが推奨されています。

さらに、願い事は口に出さずに心で唱えるのが重要です。

また、恵方巻きは包丁で切らずに丸かじりするのも、福との縁を切らないためです。

 

とはいえ、大人でも食べきるのが難しいため、小さい子供用には細く巻いたものを用意すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

節分に恵方巻き以外で食べられるもの

節分の日には、恵方巻き以外にも鰯(いわし)が伝統的に食されます。

この習慣の起源は、鰯の頭を柊の枝に刺して玄関に飾ることにあります。これは「節分いわし」と呼ばれ、鬼を追い払う効果があるとされています。

 

地域によっては鰯を食べる習慣が異なりますが、この風習には健康を願う意味も込められています。

 

恵方巻きを食べる際のエチケット:口を離すのはNG

恵方巻きを食べる時は会話を避ける?

節分は、不幸を追い払い幸福を家庭に招くという伝統行事です。

この日は家族が集まって食事を楽しむ機会も多いですが、恵方巻きを食べるときは静かにするのが一般的です。

会話をすることで幸運が逃げるという考えがあり、恵方巻きを黙々と食べることが幸福を手に入れる秘訣とされています。

 

恵方巻きを途中で置くのは縁起が悪い?口を離すのはNG

通常、恵方巻きは一度口にしたら途中で口を離さず&置かずに完食するのが伝統です。

恵方巻きは縁起の良い食べ物とされ、食事中に気を散らすことなく食べることが推奨されています。

 

健康や家族の幸せを願いながら一気に食べきることで、それらの願いが叶うとされています。

 

とはいえ…恵方巻は太くて長い。

一気に食べきることは大人でも難しく、「最初」はかぶりつき、その後は切って美味しく頂くご家庭が多いようです。

特にお子さんやご高齢の方は喉を詰まらす危険もあるので注意が必要です。

 

恵方巻き実際は…

年が明けるとすぐ節分が訪れます。

多くの家庭では豆まきをしますが、最近ではコンビニなどでも売られていて、簡単に手に入る恵方巻きも人気があります。

ただ、「大きな恵方巻きを一度に食べきるのは難しい」と感じる人もいるかもしれません。

 

実際、昔の恵方巻きは自宅で作るシンプルな細巻きが多く、そのため「丸かぶり寿司」とも呼ばれていました。

細長い寿司は食べやすく、昔ながらの食べ方がしやすかったのです。

 

しかし、現代の恵方巻きはサイズが大きくなっており、先の通り最初は丸かじりで「形」を行い、後から切って食べる事の方が多く、古いルールをそのまま適用するのは難しいかもしれません。

まとめ

恵方巻きはなぜ黙って食べるのか=話してしまうと福が逃げてしまうため、黙って食べることが推奨されています。

節分に恵方巻きを食べる習慣は、もともと関西地方に特有の風習で、歳徳神がいる方向、すなわち恵方を向いて食べることで病気や災害から守られるとされています。

 

この習慣は陰陽道に基づき、巻き寿司を食べることで幸福を招くという意味があります。

節分の日には恵方巻き以外にも鰯が伝統的に食され、これは鬼を追い払う効果があるとされる「節分いわし」と呼ばれる習慣に由来しています。

この風習が全国に広まったのは、コンビニチェーンのセブンイレブンの影響が大きいとされています。

 

恵方巻きを食べる際には、無言で食べることが重要であり、話すことは幸運を逃がすとされています。

また、一度口にしたら途中で置かずに完食するのが伝統です。

とはいえ、現実的に現代の恵方巻きはサイズが大きくなっており、昔ながらの食べ方を適用するのは難しいかもしれません。

 

特にお子さんやご高齢の方は注意が必要ですし、無理して一気に食べる必要はないこと=伝統と現代にあった食べ方があることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top