Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

雷の日に家の中でスマホ使って大丈夫?安全性と充電のNGの理由

雷の日に家の中でスマホ使って大丈夫?安全性と充電のNGの理由

雷が鳴り、空が暗くなると、家でスマホを使う際の安全性が気になることがあります。この記事では、雷の日におけるスマホの使用について、安全面から詳しくご説明します。

まず、基本的なポイントとして、スマホを充電していない場合、家の中で使用する分には全く問題ありません。

充電ケーブルを繋いでいなければ、特に心配する必要はないのです。

 

実際のところ、家に雷が直撃する確率は非常に低く、約5万分の1とされています。そのため、普段通りの生活を送っても問題ないでしょう。

とわいっても、「ゴロゴロ」「ピカっと」している激しい雷雨のときは、どうしても心配になりますよね。特に、スマホを使っている最中に家が雷に打たれたらどうなるかという不安があります。

そこで、雷の日にスマホを使う際のリスクや、家に雷が落ちる確率について、詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

雷の日のスマホの使い方:家の中での安全性

雷が鳴るときに家の中でスマホを使っても、スマホを通じて雷が伝わることはありません。

通常、雷は高い建物や木に落ちやすいとされますが、多くの建物には避雷設備が付いているため、実際に落雷することはほとんどありません。

 

ただし、家の近くに雷が落ちると、誘導雷サージという現象が発生することがあります。これは、雷が落ちた時に周辺の電線やアンテナなどに大きな電圧や電流が生じる現象です。

この誘導雷サージは、家の中の電源線や通信線、アンテナ、接地線を通じて侵入することがあります。

特に固定電話やFAXはこれらの線に直接繋がっているので、スマホと比較すると雷の影響を受けやすいです。

 

実際、過去には雷雨の中で固定電話を使っていた人が感電する事故もありました。

これに対して、スマートフォンは充電中でなければ、これらの線と直接繋がっておらず、比較的安全です。

しかし、充電中のスマートフォンは、電源線を通して誘導雷サージの影響を受ける可能性があるため、雷が鳴っている時は充電器を抜くのが良いでしょう。

 

結論として、雷が鳴っている時のスマートフォンの使用は基本的に安全ですが、充電中は注意が必要です。

また、家に雷が落ちる確率は非常に低いので、過剰に心配する必要はありません。ただし、悪天候時は充電器を抜いて使用するなど、安全対策をとることをおすすめします。

このように、雷が鳴る時でも、いくつかの注意点を守れば、スマートフォンを安全に使うことができます。安全を第一に考え、賢くスマホを使いましょう。

……といっても雷が鳴る時、スマホの使用について心配になることはよくあります。

 

ただ、スマホを単体で使っている場合、外からの雷の影響は受けませんので、電話をかけたりキーボードを操作したりするのは全く問題ないです。

スマホの電波が雷を家の中に引き寄せる心配もありません。

 

しかし、スマホを充電している時は注意が必要です。

電源線に繋がっているため、雷の影響を受ける可能性があります。充電中の固定電話の子機も同じく、電源線に繋がっているためリスクがあります。

雷の音が聞こえる時は、スマホや固定電話、FAXだけでなく、テレビ、冷蔵庫、照明など電源線に繋がっている家電からは離れることをおすすめします。

特に、屋外のアンテナからテレビに高電圧が流れることもあるので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

雷の時のスマホ使用:充電中の注意点

家でスマホを充電せずに使用していれば、雷による被害はほとんど心配ありません。

でも、充電している場合、電源線を通じて雷が直接家に落ちた時の感電のリスクが高くなります。だから、スマホを含むすべての家電からは離れていた方がいいでしょう。

 

単体で使っているスマホやテレビ、固定電話、冷蔵庫、パソコンなど、家の電源に繋がっている家電から離れていれば、雷が直撃しても、室内での安全は保たれ、感電の危険性はないです。

雷は高い場所に落ちやすいのですが、電源から離れていれば安全です。

 

充電器からスマホを外せば、普通に使うことができ、雷を心配する必要はありません。ただ、電源に繋がっている家電の近くで充電中のスマホを使う場合は、感電のリスクが増えるので気をつけましょう。

雷が予測できない自然現象であることを考えると、私の実家の近くでも以前雷が落ち、一時的な停電がありました。

しかし、電化製品から距離をとって、スマホも単体で使用していたので、幸い感電することはありませんでした。

 

雷が近づいている時は、できるだけ電化製品から離れておくことが大切です。

もしスマホを充電する必要がある場合は、モバイルバッテリーを使うと良いでしょう。これにより、家の中でスマホを安心して使うことができます。

雷が近くで発生する時は、電気機器の使用に特に注意を払うことで、感電を防ぐことができます。

適切な安全対策を取れば、雷鳴が聞こえる状況でも安心して生活を送ることができます。

 

住宅への落雷の可能性について


住宅に雷が直撃する確率は驚くほど低く、実に5万分の1とされています。

この確率を別の角度から見ると、高額な宝くじに当たるよりも遥かに低い確率と言えますし、交通事故に遭遇する可能性よりも低いとも言えます。

そのため、もし家の中にいて雷が鳴っている時であっても、大きな心配は不要です。

ただし、万が一不安を感じる時は、電気機器から離れることが望ましいです。

 

雷は恐ろしい自然現象ですが、落ちる確率は低く、もし落ちたとしても電気機器から離れていれば、安全は確保されます。

万が一家に落雷して電気機器が故障した場合でも、電力会社に連絡すれば対応策を教えてもらえますので、その点を覚えておくと良いでしょう。

雷が住宅に落ちる確率は非常に低いのですが、内部にいれば感電するリスクも低く、心配は不要です。

 

スマホへの雷影響:室内での安全性と対策・まとめ

雷の日に自宅でスマートフォンを使用していても、充電ケーブルを接続していない状態ならば、雷が落ちても感電の心配はありませんので安心してください。

また、家電製品やその他電気と繋がっている物から離れていると、感電リスクをさらに下げることができます。

 

実際に、住宅への落雷の確率は非常に低く、5万分の1と言われています。

ですから、過度に恐れる必要はありません。

もし近くに落雷があった場合でも、大抵の場合は一時的な停電が起こる程度で、家の中にいれば、雷に対して怖がる必要はないでしょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top