Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

乾燥した油性ペンの復活法:家にあるもので簡単にできる!

乾燥した油性ペンの復活法:家にあるもので簡単にできる!

長い間使わないと、油性ペンが書けなくなることがよくあります。これは、使っていない間にインクが乾燥してしまうからです。

インクは残っているのに使えないのはもったいないですよね。

でも大丈夫!家にあるもので乾燥した油性ペンを簡単に直せる方法をお教えします。たった10分でできるので、捨てる前に一度試してみてください。

 

スポンサーリンク

乾燥した油性ペンを生き返らせる方法

ペンにまだインクが残っていれば、下記の手順で修復できます。

必要なのは、アセトンが含まれるネイルポリッシュリムーバー(除光液)です。これは100円ショップでも購入可能です。

 

・ネイルポリッシュリムーバー

通常、リムーバーの成分には「アセトン」と記載されています。リムーバーがなければ、下記の代替品でもOKです。

・エタノール
・アルコール(消毒用も使用可)
・ZIPPOオイル
・ラッカー
・ベンジン
・酢

これらでも効果的ですが、酢を使う場合は少し臭いが気になるかもしれません(私はやりません…)。

リムーバーか代替品を準備したら、次のステップに進みましょう。

 

①ペンのキャップにリムーバーを少量注ぎます。

ペン先が浸かる程度でOKです。キャップに直接注ぐ方法が簡単ですが、ペットボトルの蓋を使うと後始末が楽です。

蓋にリムーバーを入れて、ペン先を浸し、倒れないようにしておきます。

 

②10分間放置します。

リムーバーがこぼれないように、キャップを上にして立てておきます。

 

③キャップを下にしてゆっくり蓋を開けます。

急いで開けたり、キャップを上にして開けると、リムーバーがこぼれてしまいます。

それから、紙に書いてみれば、ペンがまた使えるようになっているはずです。

キャップ内のリムーバーは新聞紙やティッシュで吸収させ、可燃ごみとして捨てましょう。インクが染み出すので、取り扱いには注意が必要です。

 

それでもペンが書けない場合、インクが完全に固まってしまっている可能性があります。

その場合は、新しいペンを買うことをおすすめします。

……以上、乾燥した油性ペンの復活法はシンプルですね。

 

スポンサーリンク

油性ペンが使えなくなる2つの主な理由

油性ペンが機能しなくなる主な原因は二つあります。

まず、一つ目の理由はペンのペン先の乾燥です。

これは溶剤が蒸発し、ペン先にあるインクが固まってしまうことによるものです。

この問題を解決するには、固まったインクを溶かすことが必要です。先ほど紹介したネイルポリッシュリムーバーなどの溶剤がここで役立ちます。

この溶剤は乾燥して固まったインクを溶かし、油性ペンを再び使える状態に戻します。

 

もう一つの理由は、インクが単純になくなってしまうことです。

インクが完全に使い切れてしまっている場合は、復活方法を試しても効果はありません。

この場合は、新しいインクの補充や新しいペンの購入が必要になります(当たり前ですね)。

 

油性ペンの正しい保管方法


油性ペンを保管する際には、キャップをしっかりと閉めることが非常に重要です。キャップがきちんと閉まっていないと、溶剤が蒸発し、ペン先が乾燥してしまいます。

また、高温になりやすい場所、例えば直射日光の当たる場所や車の中、暖房器具の近くでの保管は避けてください。

油性ペンのインクは可燃性を持つため、火気の近くでの保管も避けるべきです。

 

油性ペンには一般的に明確な使用期限が設定されていませんが、製造から数年が経過するとインクの揮発が進みます。

古くなると、インクが内部で固まったり、粘度が上がってスムーズに書けなくなったり、かすれることがあります。

このような状態になった場合は、新しいペンを購入することをおすすめします。

 

乾燥した油性ペンの復活法・まとめ

油性ペンが使えなくなる主な理由は二つあります。一つはペン先の乾燥によるもので、もう一つはインクの完全な消耗です。

ペン先が乾燥してしまった場合、乾燥したインクを溶かすことでペンを再び使用可能にすることができます。

 

そのためにはアセトンを含むネイルポリッシュリムーバー(除光液)やエタノール、アルコール(消毒用も可)、ZIPPOオイル、ラッカー、ベンジン、酢などが有効です。

これらの溶剤をペンのキャップに少量注ぎ、ペン先を浸して10分間放置することで、固まったインクを溶かし、ペンを復活させることが可能です。

 

油性ペンの保管においては、キャップをしっかりと閉め、高温や直射日光、火気の近くを避けることが重要です。

適切な保管をしないと、ペン先が乾燥するだけでなく、インクの揮発が進んで固まったり、粘度が上がって書きにくくなることがあります。

ペンが古くなり、これらの問題が発生した場合は、新しいペンの購入が最適な解決策です。

 

また、ペンの復活方法は家庭で簡単に行えるため、捨てる前に試してみる価値は十分にあります。この方法を一度実施すれば、ペンはしばらくの間、問題なく使えるようになります。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top