Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

安いアクセサリーの黒ずみケア:金色コーティングの復活と錆防止のコツ

安いアクセサリーの黒ずみケア:金色コーティングの復活と錆防止のコツ

安いアクセサリーや金色コーティングされたアイテムは、購入しやすくプレゼントでもらうことも多く、気がつくとたくさん持っていることがあります。

毎日使うものでも、長期間放置したものでも、緑や黒、赤に変色することがあり、お気に入りのアクセサリーがくすんでしまうとがっかりします。

 

長く使っていなかったアクセサリーが黒ずんでいて、結局他のものを選んで出かけたことがある…なんて経験された方もいるのではないでしょうか。

黒ずみだけで捨てるのはもったいないですよね。幸い、金色コーティングが変色しても元に戻す方法があります。

この記事では、金色コーティングが黒ずむ原因と、それを取り除く方法、そして変色を防ぐ方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

金色コーティングの輝きを復活させる方法

金色コーティングが傷ついたり黒ずみ、変色したりすると、その輝きを取り戻すのは難しいです。

でも、適切なケアで元の状態に戻すことができます。

長期間使わずに変色したり、普段使いでくすんだアクセサリーも復活できます。ここでは、自宅で簡単にできるクリーニング方法をいくつか紹介します。

 

クエン酸やお酢を使って

耐熱の容器にアクセサリーを入れ、クエン酸かお酢を小さじ1杯加えます。

アクセサリーが完全に浸るように熱湯を注ぎ、クエン酸が粉末の場合はよく混ぜて溶かします。

約1時間放置した後、水で洗い、ブラシで汚れた部分を磨きます。最後に水で洗い流し、拭いて乾かします。

 

重曹とアルミホイルを使って

重曹は掃除だけでなく、アクセサリーの手入れにも有効です。容器にアルミホイルを敷き、重曹を小さじ1入れます。

約80℃の熱湯を加えて混ぜ、アクセサリーを5分間浸します。

変色が取れたら、水ですすいでください。重曹とアルミホイルの反応で、金色コーティングの変色や黒ずみを除去できます。

 

中性洗剤を使用する

家にある中性洗剤は、アクセサリーのケアにも使えます。

容器に熱湯を入れ、中性洗剤を加えて混ぜます。アクセサリーを30分間浸し、その後洗い流して水分を拭き取ります。

 

重曹よりは時間がかかりますが、手軽にできるのがメリットです。

金色コーティングが錆びて黒ずんだ場合でも、これらの方法で元の状態に戻すことができます。

家で簡単にできるこれらの方法は、100円ショップなどで手に入る磨き布と組み合わせると、小さなピアスやリングなどにも効果的です。

 

スポンサーリンク

お手頃なアクセサリーの変色原因とその対策:金メッキのくすみや緑化への理解と処理方法

市場には100円から300円で購入できる、魅力的で低価格のアクセサリーが豊富にあります。

これらのアイテムは手軽に購入できるため、衝動買いされることが多く、長期間放置した後に使用しようとすると、変色していることがよくあります。

特に金メッキは剥がれやすく、変色しやすい特性があります。以下では、金メッキの変色や剥がれの主な原因について説明します。

 

皮脂や汗による酸化

皮膚に直接触れるアクセサリーは、避けられないことですが、皮脂や汗によって酸化が進みます。

この酸化が錆の主要な原因であり、変色やメッキの剥がれを引き起こすことがあります。

 

湿度と温度の影響

金メッキは、高湿度や高温に弱い特性があります。

たとえば、洗い物をしながらアクセサリーを着けたり、お風呂に入る際に着けたままにすると、水に濡れることで変色する原因になります。

 

空気への露出

着用していない状態でも、金メッキのアクセサリーは空気中の硫化水素と反応しやすい性質があります。
そのため、空気にさらされるだけで変色する可能性があります。

 

摩擦によるダメージ

アクセサリー同士が触れ合うことで生じる摩擦は、変色を引き起こすことがあります。

また、着脱時に無造作に置くことも、メッキの剥がれの原因になります。

金メッキのアクセサリーは、着用していてもしていなくても変色する可能性があります。変色を防ぐためには、普段からの適切なケアが必要です。

 

サビや汚れの正体


サビや汚れの原因は大体共通していますが、素材によってその現れ方は異なります。

・緑色の変色は緑青
湿気の多い環境では、酸素や二酸化炭素と反応して緑青(ロクショウ)が生じることがあります。これは銅が酸化することによって生じるサビの一種です。

・黒ずみの原因は硫化銀
黒ずみは、銀の原子が硫黄の原子と結合し、硫化反応を起こすことで生じる硫化銀です。これは黒サビとも呼ばれ、サビの一種として扱われることもありますが、実際には金属の内部に浸食することはありません。

・赤サビの問題
シルバー素材では発生しませんが、金メッキの場合、剥がれた部分から赤サビが生じることがあります。特に赤サビは広がりやすく、早期対策が重要です。

これらの変色やサビの問題を理解し、適切に対処することで、手頃な価格のアクセサリーも長く愛用することができます。

金メッキアクセサリーの輝きを長持ちさせる予防策とメンテナンスのポイント

金メッキアクセサリーを長く美しく保つためには、適切な扱い方と予防策が重要です。

・水に濡れないようにする
金メッキアクセサリーは水に弱く、水に濡れてしまうと変色しやすくなります。特にお風呂や水仕事をするときは注意が必要です。水に濡れないようにするため、使った後は必ず水分を拭き取りましょう。

・保護コーティングを利用する
市販のアクセサリー用保護コーティング剤を使うと、金メッキを守り変色を防ぐ効果があります。これを使うことで、長期間保管するときや普段使いするときもアクセサリーの美しさを保つことができます。

金メッキアクセサリーを磨くときに注意が必要なのは、研磨剤入りの製品(例えば歯磨き粉など)を使うと、傷がつくことです。金メッキは特に傷がつきやすいので、研磨剤の使用は避けましょう。

金メッキの変色やくすみを取り除く方法のまとめ

アクセサリーが変色してしまうと気分が下がりますが、正しい方法でケアをすることで、その美しさを取り戻すことができます。以前紹介した方法を試してみてください。

 

日頃から変色を防ぐための予防策を取り、変色してしまった場合には適切なケアをすることが大切です。

自分でケアをすることで、アクセサリーにさらに愛着が湧きます。身近なものを使って、新品時の輝きを取り戻し、オシャレを楽しみましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top