Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

ペペロンチーノの味変:薄い味におすすめの風味づけ調味料など

ペペロンチーノの味変:薄い味におすすめの風味づけ調味料など

ペペロンチーノは、レシピ通りに作っても時には味が薄く感じられ、物足りなさを感じることがあります。私自身もそう感じたことがあります。

どうしても味が薄くなってしまうんですね。

 

しかし、心配無用です。少量の調味料を加えるだけで、誰でも簡単に「味変」し、風味豊かなペペロンチーノを作ることができます。

ここでは、ペペロンチーノの味を際立たせる簡単な調味料とそのコツをご紹介します。

これらを覚えておけば、手軽に美味しいペペロンチーノが作れるようになりますよ。

 

スポンサーリンク

ペペロンチーノの味変=味わいを深める方法

ペペロンチーノを盛り付けた後や、冷凍・レトルトのペペロンチーノが少し物足りないと感じることがあるかもしれません。

そんな時は、家にある調味料を活用して、味変して味わいを豊かにしてみましょう。

 

・おすすめの調味料は次の通り

・バジル
・パルメザンチーズ
・カリカリオニオン
・ガーリックチップス
・塩
・うま味調味料
・マヨネーズ
・醤油
・レモン汁

バジル、カリカリオニオン、ガーリックチップス、パルメザンチーズなどは、振りかけるだけで簡単に風味を加え味変するのに最適です。

料理の仕上げに塩やうま味調味料を加えるのも良いですし、マヨネーズはコクを出し、醤油はにんにくとの相性が良いため、ペペロンチーノに新たな味わいを加えることができます。

 

さらに、次のような具材の追加もおすすめです

・ベーコン
・ソーセージ
・アンチョビ
・エビ
・しらす
・キャベツ
・ブロッコリー
・アスパラガス
・ネギ
・キノコ

これらの具材を加えると、いつもと違う味わいのペペロンチーノを楽しむことができ、より満足度の高い仕上がりになります。

ブラックペッパーを隠し味に加えるのも効果的ですよ。

 

ペペロンチーノの味が薄い場合の調味料の追加


ペペロンチーノのソースを作っていて、味が軽めだと感じたら、少しの調味料を加えてみるといいでしょう。

これで、味に深みが増し、満足できるペペロンチーノが完成します。

・おすすめの調味料

・味の素 少々
・ブイヨンキューブ 1/4個
・中華風のスープの素 小さじ1
・チキンブイヨンパウダー 小さじ1

味の素は、パスタとソースを混ぜ合わせるときに少し加え、味を調整します。

ブイヨンや中華風のスープの素は、ソースを作る際に一緒に加え、よく混ざるまで混ぜます。これらはよく使われる常備品です。

ソースを少し濃いめに味付けすると、パスタと絡めたときにちょうど良い味になります。

 

ペペロンチーノの味付けのコツ

上記の調味料を加えることで、おいしいペペロンチーノが作れますが、化学調味料なしで、基本の材料「塩、にんにく、オリーブオイル、唐辛子」だけでも十分おいしいペペロンチーノが作れます。

そのためのコツをいくつかご紹介します。

 

パスタの茹で汁の塩の濃度

パスタを茹でるときの塩の濃度は、その味を大きく左右します。パスタは茹でるときに水を吸収するので、適切な塩分のお湯で茹でることが大切です。

一般的に、お湯1リットルに対して10gの塩を目安にします。

たとえば2リットルのお湯を使う場合は、20gの塩を加えます。スープのような塩加減が理想的です。この方法を取ると、ソースに多くの塩を加えなくても、パスタにしっかりと味がつきます。

スポンサーリンク

にんにくの焦げを防ぐ

ペペロンチーノでは、にんにくの風味をオリーブオイルに移すことが大切です。

にんにくが焦げないようにするため、オリーブオイルとにんにくをフライパンに入れてから火をつけましょう。火を先につけると、にんにくが焦げやすくなります。

生のにんにくを使うと風味が良くなりますが、フライドガーリックでも使えます。

 

ただし、生のにんにくと比べると、フライドガーリックは焦げやすく風味も異なります。

にんにくを焦がしやすい場合は、みじん切りにせずに、にんにくのかけらを潰して使うと良いでしょう。

弱火でじっくりと熱すると、にんにくは焦げにくく、風味がオイルによく移ります。唐辛子も、にんにくの風味がオイルに移った後に加えると良いです。

 

パスタソースの乳化手順

パスタを作る際には、「オイルに茹で汁を加える」という工程が非常に重要です。

この茹で汁とオイルが混ざり合って白く濁った状態になることを「乳化」と呼びます。

 

乳化を上手く行うためには、茹で汁を加えた後、フライパンを円を描くように動かし、オイルと水が完全に混ざるようにします。

白く濁った状態が乳化の成功のサインです。

この乳化がうまくいくと、ソースにトロミが出てパスタがしっかり絡み、ペペロンチーノの風味がより一層引き立ちます。

 

さらに、茹で汁の塩分もソースに加わり、味に深みが増します。

オイルに加える茹で汁の量は、オイルと同じ量が理想的です。

これらのポイントを守って作れば、最後に塩や胡椒を加えるだけで、化学調味料を使わなくてもおいしいペペロンチーノができます。

ただし、ファストフードや濃いめの味付けに慣れている人には、味が薄く感じられることもあります。

そういった場合は、旨味調味料や中華風のだしを加えると良いでしょう。

 

ペペロンチーノの味付け=味変まとめ

ペペロンチーノが薄味に感じるときは、味の素や中華だし、コンソメなどを少し加えてみてください。

これだけで味が引き締まり、美味しいペペロンチーノが作れます。

化学調味料を避けたい場合は、上述した3つのポイントを意識して調理してみてください。

 

何度か試すうちに、自分好みの味が見つかるはずです。

市販のペペロンチーノや調理後に味が薄いと感じた場合は、バジルやフライドオニオンなど、簡単に加えられる調味料を使うのも良い方法です。

味に変化を求める時は、異なる具材を加えることで、風味が大きく変わります。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top