Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

50センチメートルどれくらい?身近なもので測る方法を解説!

50センチメートルどれくらい?身近なもので測る方法を解説!

身近なもので50センチメートルのイメージを知りたいことないですか?

ネット通販をしていて気に入ったアイテムの50cmのサイズ感だったり、子供が欲しがっているオモチャのサイズ感だったり。

近くにメジャーがあればよいのですが、探している時に限って見つからなかったりします(苦笑)

 

そんな時、日常でよく使う物を使って50センチメートルがどれくらいなのかを測る方法があれば役に立つと思い、記事にまとめようと思いました。

以下で、50センチメートルの長さをイメージしやすくするために、簡単に手に入る物を使った測定方法をご紹介します。

 

50センチメートルってどれくらい?

・A4サイズの用紙の長辺と短辺を合わせた長さ
・B5サイズの用紙を2枚縦に並べた長さ
・B4サイズの用紙を横に並べた高さ
・新聞の縦の長さから小銭2枚分を差し引いた長さ
・1リットルの水筒を2本縦に並べた高さ
・普通のペンを4本並べた長さ

これらはどの家庭にもあるようなアイテムです。それでは、具体的な測定方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

50センチメートルってどれくらい?

50センチメートルはどれくらいか?=長さを測るために、日常生活で目にする6つのアイテムを使った方法を解説します。

A4サイズの用紙の長辺と短辺を合わせた長さ

A4サイズの用紙は、長辺が297mm、短辺が210mmです。

これらを合わせると、全長は507mm、つまり50.7センチメートルになります。

 

A4サイズの用紙は事務用紙として一般的で、家庭やオフィスで簡単に手に入ります。このサイズの紙を使えば、50センチメートルを簡単に測ることができます。

手元に2枚あれば50センチメートルがどれくらいかイメージをつけやすいので試してみてください。

 

B5サイズの用紙を2枚縦に並べた長さ

B5サイズの用紙の長辺は約25.7センチメートルです。このサイズの用紙を2枚縦に並べると、合計で約51.4センチメートルになります。

このB5サイズは、少年漫画誌や少女漫画誌の標準サイズとして知られています。

 

例えば、「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」、「りぼん」や「マーガレット」などがこのサイズです。

これらの漫画誌を縦に2冊並べれば、約50センチメートルの長さを把握できます。この測定法は、本棚や収納スペースを計画する際にも便利です。

(私も知らない時代ですが)昔はB規格の容姿が主流だったので、お家にも多くあったかもしれないですね。

 

B4サイズ紙を使った横並べ測定法

B4サイズの紙の短辺の長さは25.7センチメートルです。この紙を2枚横に並べると、合わせて約51.4センチメートルになります。

一般的に、B4サイズの紙は新聞の折込広告などでよく使用されます。

 

例えば、大学ノートのサイズはセミB5であり、これを開くとB4サイズに近い寸法になりますが、実際にはA4サイズより少し小さめです。

それでもセミB5サイズのノートを開くと約50.4センチメートルとなり、50センチメートルを測るのに適しています。

B4サイズの紙は新聞広告やノートなど、日常的に目にするものであるため、サイズ感を容易に把握できます。

※B4=B5を2枚並べたサイズです。

 

スポンサーリンク

新聞の縦の長さから一円玉を差し引く測定法

一般的な新聞の縦の長さは約54センチメートルです。つまり、ここから4センチメートルを引くと、ほぼ50センチメートルになります。

この4センチメートルは一円玉を使って測定できます。

 

一円玉の直径は2センチメートルなので、2枚でちょうど4センチメートルとなります。つまり、新聞の縦の長さから一円玉2枚分を引くと、約50センチメートルになります。

新聞紙と一円玉は身近な物であり、サイズ感が想像しやすいです。

ただ、今は新聞を取っていないご家庭が多いからお手元にない可能性もありますね…

 

1リットルペットボトルを縦にしての測定法


1リットルのペットボトルの高さは約25センチメートルです。これを2本縦に並べると、合計で約50センチメートルになります。

水やお茶など、日常的に使用される1リットルサイズのペットボトルを用いることで、簡単に50センチメートルを測ることができます。

手軽ではありますが、500mlや2lのペットボトルがご自宅にある方の方が多いかも…知れません。

 

筆記具を使った長さ測定法

一般的なボールペンやシャーペンの長さは約12.7センチメートルです。

これらを4本並べると、合計で約50.8センチメートルとなり、50センチメートルの測定に適しています。

 

シンプルなデザインの筆記具であれば、この長さが一般的です。

筆記具を並べる際には、それらが直線上にあることを確認することが重要です。もし歪んでしまうと、測定値に影響が出る可能性があります。

筆記具を使ったこの方法は、お子さんの算数の学習にも応用でき、学びを楽しく深める手段となります。

 

まとめ</h2.

この記事では、50センチメートルの長さはどれくらい?のイメージを知るために、日常的に目にする雑誌や広告、新聞、ペットボトル、筆記具を使用した測定方法を紹介しました。

これらのアイテムは私たちの生活の中で身近にあり、サイズ感を容易にイメージできます。

家電を購入する際などにサイズ感を知るのに役立つでしょう。

メジャーが手元にない場合でも、これらのアイテムを使ってサイズを測ることができるので、日常生活で50センチメートルの長さを知りたい時にぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top