Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

iPhoneでパスワードが保存が聞かれない、追加できない、Safariに記録されない時の解決法

iPhoneでパスワードが保存が聞かれない、追加できない、Safariに記録されない時の解決法

iPhoneで新しいパスワードを作る時や既存のものを更新する時、普段は「このパスワードを保存しますか?」というメッセージが表示されるものです。

でも、このメッセージが聞かれない時がありますよね?

 

特に、いろいろなアプリで違うログイン情報を使っていて、それを全部覚えていない場合、かなり不便です。

この問題にはいくつか原因があるかもしれませんが、iPhoneやSafariでパスワードの保存が聞かれない・提示がされない主な理由としては以下の二つが考えられます。

・自動保存の設定が有効になっていない
・プライベートブラウズモードがオンになっている

ここでは、iPhoneでパスワード関連のトラブルに直面した時の具体的な解決策と、後からパスワードを追加保存する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneでパスワード保存が聞かれない時の解決策

iPhoneのSafariでパスワード保存のメッセージが聞かれなくなったら、まず「パスワードの自動保存」設定が有効かどうかを確認しましょう。

・iOS 14以降を使っている場合

– 「設定」を開き、「パスワード」セクションへ進みます。
– 「パスワードを自動入力」がオンになっていることを確認します。

ここで「パスワードを自動入力」が有効になっているかチェックします。

 

・iOS 12か13を使っている場合

– 「設定」から「パスワードとアカウント」を選び、「WebサイトとAppのパスワード」へ進みます。
– 「パスワードを自動入力」がオンかを確認します。

 

・iOS 10または11を使用している場合

– 「設定」→「Safari」→「自動入力」の順で進みます。
– 「パスワードを自動入力」が有効か再度確認します。

もしまだアカウントやパスワード情報が記録されていなければ、手動で追加する必要があります。

「設定」→「パスワード」へ行き、画面右上の「+」をタップして、該当するサイトのURLやアカウント、パスワード情報を入力してください。

 

iPhoneでパスワードが保存されない主な理由


iPhoneで新しいパスワードを保存できない時、その原因は大きく分けて二つあります。

・自動保存が設定されていない
・プライベートモードがオンになっている

自動保存が設定されていない場合

パスワードの自動保存と自動入力を利用するためには、設定が必要です。設定方法は以下の通りです(iOS12以降を想定)。

1. 「設定」アプリを開く。
2. 「パスワード」へ進む(iOS12~iOS13では「パスワードとアカウント」)。
3. 「Touch ID」「Face ID」またはパスコードで認証する。
4. 「パスワードを自動入力」をオンに設定する。

これで、パスワードの自動保存と自動入力が設定されます。

 

プライベートモードを使用している場合

プライベートモードを使用していると、閲覧履歴が残らず、パスワードも自動保存されません。

プライベートモードかどうかを確認する方法は次の通りです(iOSバージョンによって異なる場合があります)。

1. Safariを開き、右下のタブアイコンをタップ。
2. 表示されるタブの数をタップして、「タブグループ」を表示。
3. プライベートモードにチェックがある場合は、プライベートモードを使用中の証拠。
4. 通常の閲覧に切り替えるには、タブの数をタップして通常モードを選択。

 

スポンサーリンク

手動でiPhoneにパスワードを保存する方法

自動保存を使わずにiPhoneにパスワードを手動で追加するには、以下のステップを実行します。

1. 「設定」アプリを開く。
2. 「パスワード」をタップ。
3. 「Touch ID」「Face ID」またはパスコードで認証。
4. 右上の「+」アイコンをタップ。
5. 「Webサイト」「ユーザ名」「パスワード」に必要な情報を入力。
6. 「完了」をタップして保存。

これにより、ユーザーは自分でパスワードを追加保存できます。

iPhoneのパスワード自動生成機能が使えない時の対処法

iPhoneには、ユーザーが毎回新しいパスワードを考える手間を省くための、自動で強固なパスワードを生成する便利な機能があります。

この機能は、同じパスワードを複数の場所で使うリスクを減らすのに役立ちます。

しかし、この自動生成機能が働かないことがあります。その場合の一般的な解決策は、iCloudキーチェーンを有効にすることです。

設定の確認手順は次のとおりです。

 

1. 「設定」アプリを開いて、「パスワード」セクションに進みます。
2. 「Touch ID」「Face ID」、またはパスコードで認証します。
3. 「パスワードを自動入力」を選択し、この機能がオンになっているか確認します。
4. 「パスワードを自動入力」がオンの場合、表示される「iCloudキーチェーン」にチェックが入っているかも確認します。

iCloudキーチェーンは、IDやパスワード、クレジットカード情報などを保存し、異なるデバイス間で同期する機能です。

これにより、デバイスを変更しても簡単にパスワードを共有できます。

データの安全について心配するかもしれませんが、保存されたデータはすべて暗号化されており、ユーザーが設定したパスコードを入力しない限り、Appleを含む他者がアクセスすることはありません。

まとめ

iPhoneでのパスワードの自動保存や自動入力機能は、日常使用において非常に便利です。

iPhoneでパスワードの保存が聞かないようになったら、主に以下の2点を確認することが重要です。

・自動保存の設定が有効になっていない
・プライベートブラウズモードがオンになっている

手動でパスワードを入力するのは時間がかかります。

パスワードの管理には、安全性と確実性を兼ね備えたiCloudキーチェーンの使用が推奨されます。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top