Read Article

当サイトは一部記事にプロモーションを含みます

エンボスヒーターの代用品!家にあるアイテムで簡単な気泡防止テクニック

エンボスヒーターの代用品!家にあるアイテムで簡単な気泡防止テクニック

エンボスヒーターがなくても心配無用!家庭にある日用品が代用品になります。

その代用品を使ってレジン作品の気泡を防ぐ方法をご紹介します。

レジン作品に気泡が入るのはよくある問題ですが、以下のアイテムで解決できます。

・ヘアドライヤー
・尖った物(爪楊枝やヘアピンなど)
・スポイト
・綿棒
・ライター

これらは比較的どの家庭にもあるものでしょう。

それぞれのアイテムの使い方と注意点をこれから詳しくご説明します。

スポンサーリンク

家庭用品を使ったエンボスヒーターの代用品5つ

エンボスヒーターの代替になる家庭用品を5つご紹介します。

・ヘアドライヤー:

エンボスヒーターと同様に、レジン作品を温めて気泡を取り除きます。ただし、温度が低めなので、時間がかかることも。風量に注意して、作品が飛ばされないようにしましょう。

・尖った物:

爪楊枝やヘアピンで気泡を潰せます。根気が必要ですが、効果は抜群。

・スポイト:

気泡を直接吸い取るのに便利。レジン液を誤って吸わないよう注意しましょう。

・綿棒:

気泡の上に軽く当てて取り除きます。綿棒の繊維が混入しないよう注意が必要です。

・ライター:

炎で気泡に熱を加えます。火傷のリスクや炎の不安定さに注意し、慎重に使用してください。

これらを上手に使えば、エンボスヒーターなしでも気泡のない美しいレジン作品が作れます。さらに、ちょっとした工夫で気泡の発生も抑えられます。

気泡防止の簡単テクニック

レジン液を使う前に、ボトルを45度に傾けて少し置くと気泡が上に集まります。ただし、蓋はしっかり閉めて液漏れに注意。

また、レジン液は温度で粘度が変わります。

低温では粘度が増し、気泡が消えにくいので、温かい部屋で作業しましょう。作業前にレジン液を60~70℃のお湯で湯煎するのも効果的ですが、過熱には注意しましょう。

さらに、ボトルからレジン液を出す際、最初の部分を別の容器に出すと気泡が少なくなります。レジンを入れた後に気泡ができた場合は、軽くトントンと叩くと気泡が浮上し、消えることがあります。

ただし、作品を傷つけないように注意が必要です。

これらのテクニックを使えば、エンボスヒーターなしでも滑らかなレジン作品が作れます。

家庭用品の活用とレジン作りの小技を組み合わせて、素晴らしい作品を作りましょう。

スポンサーリンク

家庭用品で代用できる!エンボスヒーターに代わるアイテムと気泡防止法

レジン作品作りでは、気泡を避けたいものです。

特別な道具がなくても、家にある日用品で気泡を防ぐことができます。

ここでは、エンボスヒーターの代わりになるアイテムと、効果的な気泡対策法をご紹介します。

綿棒を使った気泡対策

綿棒は、エンボスヒーターの代わりになる簡単な道具です。

レジン作品にできた気泡の上に綿棒の先を軽く当てることで、気泡を取り除けます。ただし、綿棒の繊維がレジン作品に混入することもあるので、使用時は慎重に行ってください。

ライターを使った気泡除去法

ライターの炎を気泡に近づけて加熱し、気泡を除去する方法もあります。

しかし、火を使う際は火傷などのリスクを考慮し、慎重に取り扱う必要があります。

簡単にできる気泡防止テクニック

完全に気泡を取り除くのは難しいかもしれませんが、いくつかの簡単な方法で気泡の発生を抑えることは可能です。

以下のテクニックをお試しください。

・レジン液の準備方法

レジン液を使う前に、ボトルを45度に傾けて注ぎ口を下に向けて置くと、ボトル内の気泡が上に移動し、注ぐ時に気泡が出にくくなります。

ただし、蓋が緩んでいると液漏れのリスクがあるので、しっかり閉めてから行ってください。


・適切な環境での作業

レジン液は温度に敏感で、低温では粘度が増し、気泡が取り除きにくくなります。

温かい部屋で作業することで、レジン液がなめらかになり、気泡が発生しにくくなります。

・レジン液の加熱方法

レジン液を使用前に約60~70℃のお湯で湯煎すると、粘度が下がり、気泡を取り除きやすくなります。

ただし、過熱はやけどのリスクがあるので、注意してください。調理器具での加熱は避けてください。

・レジン液注入のコツ

レジン液をボトルから出す時、最初の部分を別の容器に出すと、気泡が少なくなります。

レジン液の最初の部分には気泡が多く含まれることがあるため、これで気泡の発生を減らせます。

・軽い衝撃による気泡除去

レジン液を注いだ後に気泡が発生した場合、作品に軽くトントンと衝撃を与えると、気泡が浮き上がり消えることがあります。

ただし、作品を傷つけないように力加減に注意してください。

これらのテクニックを使えば、エンボスヒーターがなくても代用品を使って気泡を防ぎ、美しいレジン作品を作成することができます。

家庭で見つけられるアイテムや簡単な気泡対策法を活用して、素敵なレジンアートを楽しみましょう。

エンボスヒーターをお手頃価格で購入できる場所

最後にエンボスヒーターを手に入れたいけれど、予算が気になる方へ。

代用品でも「可」ですが、手頃な価格でエンボスヒーターを購入できる場所を紹介します。100円ショップでは見つかりませんが、他の店舗なら見つけることが可能です。

エンボスヒーターが購入できる主な場所は以下の通りです。

・大型雑貨店(ドン・キホーテなど)

・オンラインショッピングサイト(Amazon、楽天市場など)

・手芸専門店(ABCクラフト、クラフトトーカイなど)

・生活雑貨店(東急ハンズ、ロフトなど)

これらの場所では多種多様なエンボスヒーターが手に入ります。

市場価格は一般的に2000円以上ですが、オンラインショップでは1000円以下の商品も見つかることがあります。

エンボスヒーターの購入を検討している場合は、これらの店舗やサイトをチェックしてみましょう。

エンボスヒーターの代用品とそのまとめ

エンボスヒーターがなくても、家庭にある日常品で代用可能です。
以下は、エンボスヒーターの代わりになるアイテムです。

・ヘアドライヤー
・尖った物(爪楊枝、ヘアピンなど)
・スポイト
・綿棒
・ライター

これらのアイテムはエンボスヒーターがない場合の有効な代替品です。

また、気泡を減らすための小さな工夫も役立ちます。

特に、エンボスヒーターを手頃な価格で購入したい場合、Amazonなどのオンラインショッピングサイトを利用するのがおすすめです。

レジン作品作りで気泡の問題に直面したとき、これらの代用品や小技を活用して、クリアで美しい作品を作りましょう。

家庭で見つけるアイテムや簡単な技術を使えば、エンボスヒーターがなくても素敵なレジン作品を創り出せます。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top